【新連載・SHOWROOMバーチャル列伝】Re:AcT・射貫まといが語るSHOWROOMユーザーの熱量と本当に起きた奇跡

バーチャルタレントへの支援に注力している双方向コミュニケーションの仮想ライブ空間サービス“SHOWROOM"で、アイドルやタレントと並び、ディープな支持を集める「バーチャルSHOWROOMER」へ、インサイドちゃんと共にインタビューを敢行しました。

その他 VTuber
【新連載・SHOWROOMバーチャル列伝】Re:AcT・射貫まといが語るSHOWROOMユーザーの熱量と本当に起きた奇跡
【新連載・SHOWROOMバーチャル列伝】Re:AcT・射貫まといが語るSHOWROOMユーザーの熱量と本当に起きた奇跡 全 6 枚 拡大写真
2018年の爆発的なブームを経て、いまや一般的なカルチャーのひとつに数えられつつある「バーチャルYouTuber/VTuber」。彼らが活躍する領域は、もはやYouTubeに留まりません。

そこで本連載は数あるプラットフォームの中でも、特にバーチャルタレントへの支援に注力している双方向コミュニケーションの仮想ライブ空間サービス“SHOWROOM"に着目!みんなが知っているようなアイドルやタレントと並んで、ディープな支持を集める「バーチャルSHOWROOMER」へ、インサイドちゃんと共にインタビューを敢行していきます。

コメント機能加え、配信者に有料・無料のアイテムをリアルタイムで送れるギフティング、アバター機能やイベント企画への参加など、"SHOWROOM"ならではの要素を彼らはどのように活かしているのか――第一弾のお相手はみんなに愛されるバーチャルアイドルへ!Re:AcT所属の射貫まといさんです。


インサイドちゃんMark2:はじめましてー!本日はよろしくお願いします。

射貫まとい:あなたのハートを射抜きたい!ズキューン!バーチャルアイドルの射貫まといです。普段はゲーム配信やASMRなどをYouTube配信しています。よろしくお願いします。

――よろしくお願いします!まといさんはSHOWROOMで大活躍されているとお伺いしていますが、同プラットフォームの特徴はどんなところにあると思いますか?

射貫まとい:SHOWROOMでは視聴者がアバターを持っている(*)ので、配信中にみんながそばにいてくれていることを強く感じます。自分が作成したアバターを使用してくださる方がいるのも嬉しいですね。
(*)編集注: SHOWROOMは配信画面がライブステージのようになっており、視聴者はアバター姿でステージ手前に表示される。アバターは自由に変更可能で、配信者によってはオリジナルのものを配布している。

――SHOWROOM内で定期的に開催されるイベントでも好成績を収められてきたそうですが、これまでどんなイベントに参加されたのでしょうか?

射貫まとい:雑誌「声優グランプリ」への掲載権や、JR秋葉原駅の中央改札駅近くのサイネージでCMを流してもらえる権利を懸けたイベントに参加させていただきました!

――そして、その両方とも権利を勝ち取ったと……!ファンの反応はいかがでしたか?

射貫まとい:「普段は読まない雑誌だけど、まといちゃんが載るから『声優グランプリ』を買ったよー!」だったり、「秋葉原まで行って写真を撮ったよー!」という声もあってすごく嬉しかったです。感謝の気持ちを伝えたくて、私も「声優グランプリ」を買って、サインを書いたものを5名様にプレゼントをするという企画を実施しましたね。どちらの企画も、お客さんが私のためにどこかへ足を運んでくださるわけで、本当にありがたいです。


インサイドちゃんMark2:へぇ~!実はこの前、つーちゃんも初めてSHOWROOMのイベントで優勝したの!グッズ制作・販売権とアバター制作権が与えられるイベントで、インサイドちゃんにとっては初めてのグッズ化なので嬉しい!

射貫まとい:すごいすごい!おめでとうございます!つーちゃんのアバター貰いに行きますね(笑)。

インサイドちゃんMark2:わーい!

――SHOWROOMのイベントで優勝するにはファンの支援が必須ですが、やはりそれは実感しますか?

射貫まとい:毎回来てくださる方もいますし、とあるイベントでの上位とのランキング差を、たくさんのギフティングで一気に縮めていただいたこともあります。歌を歌う配信では「良かったよ!」とギフトをくださって……。私、本当にみなさんにちゃんとお返しできているかな?と思ったりしますね。

インサイドちゃんMark2:確かに、私たちからどう恩返ししたらいいんだろう?と思う時はありますよね。

射貫まとい:例えば、星集め(*)3周となると時間が掛かってしまうみたいで、ファンのなかには私の配信も見られないまま、星を投げてはまた集めに行かれる方もいて、本当に感謝しています。
(*)編集注: 視聴者はイベント参加中の配信者を支援するために、有料ギフティングのほかに“星”を投げることができる、星を集めるには他ユーザーの配信を見てツイートする、などの回遊行為が必要となる。


――やはり応援してくださるファンのことは覚えているものですか?

射貫まとい:もちろん!覚えていますね。

インサイドちゃんMark2:今日も来てくれてる!って思うよね。それはSHOWROOMに限らないけど。

――ちなみに初めて参加したイベントのことを覚えていますか?

射貫まとい:初めてのイベントが「声優グランプリ」掲載の企画でしたね。

インサイドちゃんMark2:ええっ!?初めてのイベントで勝利を掴んだの!?なんてこった……!

射貫まとい:当時は配信制限がないイベントだったので、1日に6~7時間ぐらい、コメントやお星さまをいただくために無限に配信をしていました。ペヤング激辛MAX ENDを3回食べたりとか……。

――3回!?それって身体は大丈夫なんです?

射貫まとい:全然大丈夫です!身体めっちゃ丈夫なので。デスソース飲めちゃいます(笑)。

――すごい……!今度インサイドちゃんも一緒に飲みましょう。


インサイドちゃんMark2:ええ?なんでー!?わ、わかりました。よろこんでー!?

射貫まとい:一緒に飲みましょう~。辛いの得意なんですか?

インサイドちゃんMark2:ぜ……全然!こ、小指の先のデスソースくらいなら耐えられるかな……くらいです。飲むとか言ってるけど、ジュースじゃないから!

射貫まとい:あ、そうなんですね。飲み物じゃないんですか?飲み物だと思ってた……。

――(笑)。そういえば、インサイドちゃんが最初に参加したイベント(*)では、まといさんと同じくRe:AcT所属の双理マイさんも参加されていたのですが、多くのまといさんアバター姿のファンが彼女を応援していたのが印象に残っています。そして、そのまま双理マイさんが見事優勝を勝ち取りました。
(*)編集注:2018年12月3日より開催された バーチャルタレント限定「Re:animation 13 in ageHa」出演権争奪戦

射貫まとい:Re:AcTにはいわゆる箱推しのファンも多いので、当時はマイちゃんのアバターがまだ無かったこともあって、私のアバターを着て応援してくれたんだと思います。どのメンバーもすごく人気があるんですよ!ちなみにSHOWROOMの先輩として、私がマイちゃんに操作方法を教えました。カラオケ配信の方法を「ここにJASRACコードを打つんだよ~」とか(笑)。

――Re:AcTメンバーでは、まといさんが最もSHOWROOMにはお詳しいんですね。

射貫まとい:私も最初は分からないことばかりだったのですが、イベントに2回出たことで詳しくなったと思います!

――それでは、そんなSHOWROOM通のまといさんにお聞きします。SHOWROOMを知らない人に、オススメポイントはどこだと思いますか?

射貫まとい:イベントや応援グッズが充実している点は勿論なのですが、配信者とファンの一体感が生まれやすさが、他のプラットホームにはないポイントだと思います。

インサイドちゃんMark2:確かに、一体感についてはSHOWROOMに勝るプラットホームは無いよね。ギフティングだけでなく、コメントやお星さまとか、無料でできることもたくさんあるし、その分自分の時間を削る必要はあるんだけど、だからこそ生まれる一体感はSHOWROOMならではだなぁと思う。


――なるほど、ありがとうございます。ところで、まといさんが気になっているバーチャルSHOWROOMERさんはいらっしゃいますか?

射貫まとい:「日和かばん」ちゃんです!私にとって初めての外部コラボのお相手で、ひとりで配信していたときにSHOWROOMで話し掛けてくれたのですが、それがSHOWROOMを通じての初めての出会いでもありました。

インサイドちゃんMark2:ぜひぜひ私ともコラボしましょー(笑)。

――ぜひ私からもお願いします!それでは最後に、読者へのメッセージをお願いします。

射貫まとい:まず、私が所属する事務所のRe:AcTにはたくさん個性豊かなメンバーが揃っていますので、ぜひチェックしてください。2019年はRe:AcTのことをもっと知ってもらえるようにリアルイベントで直接ファンの人と会う機会を積極的に作りたいなと思っています。普段はSHOWROOMやYouTubeで配信を行っているので遊びに来てください!待ってます!!


ファンとの絆を、SHOWROOM上のランキングイベントなどを通じて、より強固なものにしてきた射貫まといさん。彼女を筆頭に、Re:AcTがますますSHOWROOMのバーチャルカテゴリを盛り上げてくれることは間違いありません。2019年の彼女たちの活躍に注目しておきましょう。

《アニモ》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース