『フォートナイト』スキン「タロー」に盗作疑惑がかかるもフェイクと判明

キャラから武器まで様々なスキンが用意されている『フォートナイト』ですが、同作のスキンに盗作の疑いが持ち上がったものの、程なくしてフェイクであることが発覚しました。

任天堂 Nintendo Switch
『フォートナイト』スキン「タロー」に盗作疑惑がかかるもフェイクと判明
『フォートナイト』スキン「タロー」に盗作疑惑がかかるもフェイクと判明 全 2 枚 拡大写真
右側が「タロー」

キャラから武器まで様々なスキンが用意されている『フォートナイト』ですが、同作のスキンに盗作の疑いが持ち上がったものの、程なくしてフェイクであることが発覚しました。

事の発端は、海外のアート投稿サイトDeviant ArtのユーザーRuby Ramirez氏によるFacebookの投稿。現在では、当該の投稿は削除されてしまい見られませんが、『フォートナイト』「バトルロイヤル」内のスキン「タロー」が自身のイラストの盗作であると主張する内容でした。同氏は、「タロー」とそれに酷似したイラストを並べた画像を公開しており、前者のゲーム内実装が2018年11月24日であるのに対し、後者は同年9月3日に投稿されたものであるとしています。疑惑をかけられた当のEpic Gamesは、海外メディアForbesに対し、「厳格に受け止め、調査中」とコメントしました。


しかし、ほどなくしてFacebookの投稿がフェイクであることが発覚。Ding Dongさんは、Googleのキャッシュを利用して閲覧できる過去ページを掲載しており、フェイクの証拠を確認可能です。また、Deviant ArtのユーザーであるPyro-Zombieさんは、ブログポストに詳細をまとめています。

なお、Game*SparkではEpic Gamesに対し、虚偽の報告に関する対策など、今後の動きについてコメントを求めています。

《杉元悠》

この記事の写真

/

関連ニュース