『ファイアーエムブレム 風花雪月』戦闘システムの詳細が公開!初期~中級までの兵種情報も明らかに

任天堂は、7月26日発売予定のニンテンドースイッチ対応ソフト『ファイアーエムブレム 風花雪月』に関して、公式サイトの更新を本日6月13日に実施しました。

任天堂 Nintendo Switch
『ファイアーエムブレム 風花雪月』戦闘システムの詳細が公開!初期~中級までの兵種情報も明らかに
『ファイアーエムブレム 風花雪月』戦闘システムの詳細が公開!初期~中級までの兵種情報も明らかに 全 2 枚 拡大写真

任天堂は、7月26日発売予定のニンテンドースイッチ対応ソフト『ファイアーエムブレム 風花雪月』に関して、公式サイトの更新を本日6月13日に実施しました。

今回の更新では、戦闘面の情報が公開。ターン制で進行する戦闘の流れや、各ユニットへの騎士団配備とそれによって発動する「計略」、味方ユニット同士の友好関係によって発動する「連携」といったシステムが紹介されています。

■「帝国騎士団」の計略「火計」

■「セイロス聖女隊」の計略「共鳴魔法:白」

■連携

また、技能を高めることで身に付く特別な技「戦技」と、ユニット自身の個性/経験/兵種に応じた「スキル」の存在も明らかに。スキルには、技能レベルが向上することで覚える「技能スキル」、キャラクターごとに異なる「個人スキル」、兵種によって使用できる「兵種スキル」があります。

■兵種スキル「再移動」

■兵種スキル「盗む」

■個人スキル「奉仕の喜び」

■個人スキル「主君の盾」

さらに、ノーマル/ハード2段階の難易度と、カジュアル/クラシック2段階のモードからゲーム全体の難しさを選択できることや、戦闘時の行動を一手単位で巻き戻すことができる「天刻の拍動」の情報も公開されました。

■手軽に試行錯誤ができる「天刻の拍動」

この他にも、戦闘に大きく関わってくる「兵種」の情報が明らかになり、初期兵種「平民」「貴族」、初級職「剣士」「兵士」「戦士」「修道士」、中級職「ロード」「傭兵」「盗賊」「アーマーナイト」「ソシアルナイト」「ブリガンド」「アーチャー」「拳闘士」「メイジ」「ダークメイジ」「プリースト」「ペガサスナイト」が紹介されています。

主人公たちは「資格試験」に合格することで多種多様な兵種にクラスチェンジが可能です。魔法と一部の武器を除き、どの兵種でも全ての武器種を扱うことができますが、兵種によって得意不得意があり、得意とする武器や魔法の技能は伸びやすくなります。




『ファイアーエムブレム 風花雪月』は、2019年7月26日発売予定。希望小売価格は、通常版が6,980円+税、豪華版「フォドラコレクション」が9,980円+税です。

(C) 2019 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS Co-developed by KOEI TECMO GAMES CO., LTD.

《茶っプリン》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1