令和から始める『FGO』の歩き方・2019年下半期編─新規ユーザーはこれからの半年で戦力を整えよう!「ぐだぐだファイナル本能寺2019」も見逃すな【特集】

「令和から始める『FGO』の歩き方」第2弾! 今回は、2019年下半期に復刻する可能性の高いイベントなどをご紹介します。新規ユーザーの方は、こちらを参考にしてみてください。

その他 特集
令和から始める『FGO』の歩き方・2019年下半期編─新規ユーザーはこれからの半年で戦力を整えよう!「ぐだぐだファイナル本能寺2019」も見逃すな【特集】
令和から始める『FGO』の歩き方・2019年下半期編─新規ユーザーはこれからの半年で戦力を整えよう!「ぐだぐだファイナル本能寺2019」も見逃すな【特集】 全 24 枚 拡大写真

2015年に正式サービスが幕開けし、現在1700万ダウンロードを達成しているiOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』(以下、FGO)。読み応えのあるメインシナリオに加え、定期的に行われるイベントや新サーヴァントの参戦など、様々な展開が催されています。

多くのユーザーが長く遊び続ける一方で、アニメや舞台などを通じて『FGO』を知り、新たに始める方も少なくありません。しかし、始めたばかりの頃は、どのように遊べばいいのか掴みがたいもの。そこでインサイドでは、令和から新規ユーザーに向けた『FGO』における歩き方を、ひとつの参考例として紹介しています。

「令和から始める『FGO』の歩き方」1回目では、「イベント参加のメリット」や、イベント参加条件にも関わる「メインクエスト踏破を目指すポイント」などについて触れました。ご覧になっていない新規ユーザーの方は、そちらも合わせてチェックしてみてください。

【関連記事】
令和から始める『FGO』の歩き方─厳しいイベント参加条件クリアを目指す、新規ユーザーへ贈る! メインクエスト踏破のポイント4選【特集】

そして第2回目となる今回は、『FGO』2019年下半期に向けた準備や押さえておきたいポイントについて、まとめさせていただきました。とはいえ、現時点で確定している『FGO』下半期のイベントは、現在開催中の「オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019」のみ。それ以降の展開については、筆者の推測に基づく形となります。

ですが推測とはいえ、『FGO』の季節関連イベントは翌年の同時期に復刻されることが多く、例年の流れを踏まえて考えると、いくつかの復刻イベントが開催される可能性はかなり高めです。そういった“『FGO』のこれまで”を踏まえ、新規の方々に押さえておいて欲しい“『FGO』のこれから”を、紹介させていただきます。

◆新規ユーザーも参加できる「オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019」に挑もう!



期間限定イベントは、参加条件が厳しめなものもあり、最新のメインクエストクリアが必須の場合もあります。そしてイベントは、育成に欠かせない各種アイテムが手に入りやすい機会であり、また条件を満たすことでイベント限定のサーヴァントが加入するケースも。

戦力強化にはうってつけの機会となる今後のイベントに参加できるよう、「メインストーリーの踏破」を目指すのが、新規ユーザーにお勧めしたいプレイスタイルです。が、これはあくまで基本に過ぎず、今は期間限定イベント「オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019」(以下、本能寺2019)への参加をお勧めします。


「本能寺2019」の参加条件は、「特異点F 炎上汚染都市 冬木」のクリア。これは、『FGO』を始めたばかりの方でもすぐに達成できる条件です。イベントを踏破できるかは、手持ちの戦力に左右されるので一概には言えませんが、挑んだ分だけ様々なアイテムがもらえるので、決して損ではありません。

また、頼もしいサーヴァントがイベント限定で配下になる「登用イベント」が用意されており、戦力に不安があるユーザーでも勧めやすいのも本イベントの特徴のひとつ。NPCサーヴァントが活躍しやすいクエストには「適役」というアイコンがつくので、これを目安に活用するのもお勧めです。


さらに、本イベントのメインクエストをエピローグまでクリアすると、「★4(SR)長尾景虎」が正式加入。聖晶石召喚(いわゆるガチャ)を使わずに★4のサーヴァントを入手する機会を、みすみす見逃す手はありません。手持ちの戦力次第では条件のクリアが難しいかもしれませんが、フレンドの強力なサポートサーヴァントを軸に、時には切り札となる令呪も使いながら挑んでみましょう。

ちなみに令呪を3画使いますが、戦闘で負けた後にコンティニューもできます。しかも編成した全サーヴァントのNPが100%になっているので、いつでも宝具が発動できる状態です。有利な状態で復活できるコンティニューを視野に入れれば、難敵を倒すハードルがかなり下がります。


また、令呪を使い切った場合でも、聖晶石を消費してのコンティニューが可能です。★4サーヴァントを召喚で引く確率を考えると、聖晶石をコンティニューでいくつか使って「★4(SR)長尾景虎」を入手する、という選択も充分アリです。そして戦力的に可能ならば、宝具LVを最大まで上げておきましょう。そのために聖晶石を使うのも、コスト的にアリです。

とはいえ、「聖晶石はガチャに使いたい!」という気持ちもあると思うので、これはあくまで手段のひとつ。選択肢の中からどれを選ぶかは、もちろんプレイヤーである貴方次第です。



この夏は、強力なバーサーカーを手に入れるチャンス!? 4周年の動きにも注視しよう!
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 続きを読む

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1