任天堂、米ワイヤレス機器管理機関に「海外版スーファミ」風スイッチ用コントローラーを申請か

任天堂がSNESコントローラーを模した新デバイスの情報を米ワイヤレスデバイス管理機関に登録したことが海外メディアより報じられています。

任天堂 その他
任天堂、米ワイヤレス機器管理機関に「海外版スーファミ」風スイッチ用コントローラーを申請か
任天堂、米ワイヤレス機器管理機関に「海外版スーファミ」風スイッチ用コントローラーを申請か 全 2 枚 拡大写真
複数の海外メディアより、任天堂が海外版スーパーファミコン(SNES)のコントローラーを模した新デバイスの情報を、米国のワイヤレスデバイス管理機関「FCC」に登録したことが報じられています。

これは海外メディアPolygonDualShockersで報じられたもので、FCCにて任天堂が申請したと見られる一部情報が公開されています。特徴的な前面ボタン類は明らかでないものの、SNESを連想させるバックショットのイラストとニンテンドースイッチ向けに用いられるハードウェアコード「HAC」を確認できます。

なお、任天堂はファミコン/NES風のニンテンドースイッチコントローラーをNintendo Switch Online加入者限定アイテムとして発売済み。Nintendo Switch Online会員向けのファミコンタイトル無料プレイサービス「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」専用に設計されたデバイスとなっていました。

《Arkblade》

この記事の写真

/

関連ニュース

1