終末世界で瓶詰少女を世話する『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』本日1月23日リリース!

衰弱した少女をテラリウムでお世話。終末世界ローグライクRPGが本日1月23日リリース!

ソニー PS4
終末世界で瓶詰少女を世話する『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』本日1月23日リリース!
終末世界で瓶詰少女を世話する『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』本日1月23日リリース! 全 8 枚 拡大写真

日本一ソフトウェアは、ローグライクRPG『void tRrLM(); //ボイド・テラリウム』をリリースしました。

同作は、数百年前に文明が滅びた世界を舞台に、偶然に自我を獲得したお世話ロボットとして生存環境「テラリウム」に保護した少女・トリコの世話をするローグライクRPG。プレイヤーはダンジョンとなる廃墟へ探索に出かけ、少女の生存や安寧に必要となる物資を獲得することになります。






しかし、「テラリウム」での保護も完全というわけではなく、有毒な菌類に汚染された食料など、トリコを狙う危険は常に存在しています。彼女を空腹のまま放置したり、汚染が蓄積したりすれば、「液状化」「ゾンビ化」「にわとり病」など様々な病がトリコを襲うため、プレイヤーは「テラリウム」内の環境や彼女の状態を上手に管理しなければいけません。

そんな同作ですが、PS4/ニンテンドースイッチ向けに通常版/ダウンロード版が6,980円(税抜)で発売中。その他、ゲームに関する詳細は公式サイトからご確認ください。

《吉河卓人》

この記事の写真

/

関連ニュース