スイッチ『脳トレ』の川島教授は『ゼルダの伝説 BotW』の祠を全制覇するほどのゲーマーだった!『スマブラSP』出演の経緯など、驚きの秘話が公開に

スイッチ『脳トレ』の川島教授は『ゼルダの伝説 BotW』の祠を全制覇するほどのゲーマーでした。

任天堂 Nintendo Switch
(C)Getty Images
(C)Getty Images 全 1 枚 拡大写真

2019年12月27日に発売となった『東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修
脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング』(以下、『脳トレ』)
。その開発に携わった川島教授と、任天堂の河本浩一氏、久保堅太氏が本作について語るインタビューが公開されました。

インタビューの中で、実は川島教授は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ですべての祠を制覇したり、『スプラトゥーン2』に挑戦していたりと、“バリバリのSwitchユーザー”(本人談)であることが判明。最近は仕事の合間を縫って、『ゼルダの伝説 夢をみる島』もクリアされたのだとか。

ほかにもインタビューでは、初めて『脳トレ』の製作に動いた約15年前のエピソードや、『脳トレ』に収録される問題が生まれるまでの背景、「脳を鍛えるとはどういうことか」という深いところまで、多岐に渡って話題が展開しています。

特になぜ、川島教授があのポリゴンモデルとして描かれるようになったのか。そして『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にゲームキャラとして登場する際、担当者が本人にどう伝えて許可を貰いにいったのかといった箇所は、ゲームファンであれば思わず、読んでいてニヤリとしてしまうかもしれません。



川島教授と開発スタッフに聞く、Switchの「脳トレ」。
https://topics.nintendo.co.jp/article/4542c9b8-2170-11ea-b641-063b7ac45a6d

《ねんね太郎》

この記事の写真

/

関連ニュース