オルタトリオが見参!「デスクトップアーミー」×『FGO』コラボシリーズ第4弾を開封してみた【特集】

メガハウスより発売中のアクションフィギュア「デスクトップアーミー Vol.19 TM-731d CHALDEA series」をご紹介します。

その他 フィギュア
オルタトリオが見参!「デスクトップアーミー」×『FGO』コラボシリーズ第4弾を開封してみた【特集】
オルタトリオが見参!「デスクトップアーミー」×『FGO』コラボシリーズ第4弾を開封してみた【特集】 全 10 枚 拡大写真

メガハウスより発売中のアクションフィギュア「デスクトップアーミー Vol.19 TM-731d CHALDEA series」をご紹介します。

デフォルメ体型の半組み立て式ミニアクションフィギュア「デスクトップアーミー」とスマートフォンアプリ『Fate/Grand Order』コラボシリーズ。今回は新たに最新シリーズとして第4弾アイテムが登場しました。本弾では、数ある人気サーヴァントの中でもオルタ属性が集結しており、何かと縁のあるジャンヌ・ダルク[オルタ]とアルトリア・ペンドラゴン[オルタ]のコンビに加えて、沖田総司[オルタ]がラインナップしています。

今回も解説書にはプチストーリーが掲載。とある事件で「人類が消失」したデスクトップアーミーの世界に召喚された彼女たちは、先に現界していた「正反対の属性を持つもう一人の自分」を倒すために行動を開始。「オルタトリオ」を結成したものの、3人とも性格はややポンコツ。愉快な復習の旅が繰り広げられているようです。

もちろん各サーヴァントのデザインを手掛けるのはお馴染みのBLADE氏。「デスクトップアーミー」の世界観に合わせた頭身にかわいくアレンジされています。

■TM-731[SB]d セイバー アルトリア・ペンドラゴン[オルタ]

今回の3体の中では一番組み立てやすく、シンプルな構造をしているアルトリア・オルタ。必要なのはスカート装甲の一部のみで、本体はほぼ完成済みで封入されています。


武装もエクスカリバー・モルガンが一振りのみ。その分プレイバリューは他の二人にやや劣りますが、クオリティは相変わらず抜群。一見干渉しそうな下半身の可動もフワッとしたスカートの造形で問題ありません。

■TM-731[AV]d アヴェンジャー ジャンヌ・ダルク[オルタ]

ジャンヌ・オルタもスカートが要組み立てとなっていますが、特に悩むことなくストレートに完成させることができました。造形も美しく、額当ての緻密なディテールも忠実にモールドで再現されています。


このほか、旗と剣もプラモデル部分。剣は帯刀状態が再現可能なほか、抜身の状態も付属。また旗は、クルクルと畳んだ槍状態のものにも差し替えで対応しており、プレイバリューは本弾随一と言えるでしょう。

■TM-731[AE]d アルターエゴ 沖田総司[オルタ]

上着の大部分がプラパーツ。組み付けるには、完成済みのフィギュアを上半身と下半身に一度分解して上げる必要があります。もちろん、その分しっかりと装着されますのでパーツがポロりとする心配はありません。


太刀は納刀形態のものも付属。専用のアタッチメントを介して持たせることもできます。やはり、インパクトのある長物はデフォルメ体型のデスクトップアーミーにあいますね。これだけ大仰な武器を振り回してもしっかり保持してくれるのも嬉しいポイントです。



ついにコラボシリーズも第4弾ということで、D-Phone化されるサーヴァントにもバリエーションが出てきました。今回オルタ化してラインナップしたジャンヌ、アルトリア、沖田はいずれも通常版も発売中。ぜひリリースされている前弾も交えて遊んでみてください。オススメです!

「デスクトップアーミー Fate/Grand Order 第4弾」は発売中。価格は各1,850円(税別)です。

(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT (C)MegaHouse

《ひびき》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース