『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

クリア後の今なら、CMの各シーンも「こういうことだったのか!」と納得できるはず。気になったシーンを1つ1つ振り返っていきます。

モバイル・スマートフォン iPhone
『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】
『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】 全 41 枚 拡大写真
※ネタバレ注意!
本記事には、メインストーリー第2部 第5章「Lostbelt No.5 星間都市山脈 オリュンポス 神を撃ち落とす日」のネタバレが含まれます。




『Fate/Grand Order』のメインストーリー第2部 第5章「Lostbelt No.5 星間都市山脈 オリュンポス 神を撃ち落とす日」が幕を開けてから早1週間。全能神ゼウスやキリシュタリア・ヴォーダイムとの激闘を越え、空想切除に至ったマスターも多くなってきた頃だと思います。

本記事では、そんな第2部 第5章のCMに改めて注目!初公開時は何が何だか分からなかったシーンも、クリア後の今なら「こういうことだったのか!」と納得できるはずです。気になったシーンを1つ1つ振り返っていきましょう。

ストーム・ボーダーと向かい合うのは真体ゼウス



暗雲を進むストーム・ボーダーと雷光でかたどった顔が向かい合うCM冒頭のシーン。最初はオリュンポス突入時に起こったゼウスの襲撃を表していると思いましたが、実際は終盤も終盤、ゼウス戦での一幕でした。



こんなに巨大で威厳を感じる顔は真体ゼウスしか思い浮かびませんし、ゼウス戦後に到着したストーム・ボーダーも「暗雲を突破してきた」と言っていますので、このシーンはゼウス戦の裏で進んでいたストーム・ボーダーの状況とみて間違いないでしょう。

暗雲の向こうでは、今も主人公たちがゼウスと死闘を繰り広げているはずです。

主人公たちは神に頭を垂れる



オリュンポス陣営と初めて対峙した市街地での一幕。高所からの着地にも見えた姿勢の低さは、アフロディーテの権能で強制的に「神へひれ伏す姿勢」を取らされていたためでした。



アフロディーテとデメテル



オリュンポス陣営と対峙した際には、新サーヴァント2騎のシルエットも見られましたね。結局のところ、サーヴァントではなく正真正銘の神様たるアフロディーテとデメテルがこの正体でした。




CMではシルエット抜きの姿に加え、彼女たちの真体も登場。アフロディーテはシルエットとの合致から同一人物と分かりやすかったですが、デメテルは背後ユニットや武器が消えていたため分かりにくかったです。




CMでデメテルが浮かべていた切ない表情は、愛娘ペルセポネを思い浮かべてのものでしょう。窓を伝う雨粒は、ペルセポネの死に狂ってまともに流せなくなった涙の代わりか。

キリシュタリアと並ぶのはやっぱりゼウス



キリシュタリアと一緒に空想樹を眺めていたのは、大方の予想通りゼウスでした。異聞帯の王というラスボスに近いポジションでありながら、登場したのはオリュンポス突入直後。声だけの登場でも、カルデアにスケールの違いを見せつけました。


一目で「これぞゼウス!」とわかるデザインでしたが、戦闘時はアフロディーテやデメテルと同じく真体が登場したため、このデザインでのバトルグラフィックはお預けに。有名な神様ですので、プレイアブル実装に期待が高まります。

血に塗れたディオスクロイは過去の出来事か



ディオスクロイが大量殺人を続けてきた話は語られましたが、劇中でこんな血みどろシーンは描かれていません。カルデアがオリュンポスへ着いた頃には破神同盟がほぼ壊滅、オリュンピアマキアも終わっていたので、これはカルデア到着前のディオスクロイを映しているのでしょう。

マシュの新装備は神を貫く「ブラックバレル」



CMでも大きな注目を集めたマシュの新装備は、概念武装「ブラックバレル」でした。アトラス院の製造した“世界さえ容易に滅ぼし得る”と言われる七大兵器の1つで、その威力は神を貫くほど。


いかにも「最終決戦で用いられる切札」という見た目でしたが、物語序盤のデメテル戦から早速登場。デメテル、アフロディーテ、ゼウスと、オリュンポスの主要神3柱を貫きました。

オリュンポスの双子



原住民と予想されていたこの双子ことマカリオスとアデーレは、物語序盤からカルデアを助けるために登場しました。パツシィやアーシャと同じ「原住民の中でも特にピックアップされるキャラクター」でしたが、その立ち位置は今までと別物。


自分たちが消えてしまうのを知りながらも、「昨日と違う明日が欲しい」という思いから終始カルデアに協力してくれました。異聞帯脱出のために別れた後や最後の記憶媒体、クリア報酬の概念礼装など、プレイヤーの精神を抉ってくるのは相変わらずでしたね。

ヘファイストス工房での一幕



ディオスクロイVS宮本武蔵が戦闘を繰り広げているこのシーン。背景からしてヘファイストス工房が舞台なのは一目瞭然です。同工房を訪れた際に「ここでディオスクロイと戦闘か」と予想したマスターも多いはず。


手前には雄叫びを上げるカリギュラも映っていましたが、彼の活躍はアフロディーテ戦とゼウス戦がメインであり、ここでの出番は控えめでした。CMで普段通りのバーサーク状態に見せていたのは、理性を保つ彼の登場に驚きを与えるためでしょう。



後に映るホームズの戦闘シーンも、背景にヘファイストスがいるため同じ場所です。チラッと映った戦闘相手の後ろ姿が“白い和服と帯”に見えたため両儀式(セイバー)の登場を期待しましたが、結局そんな人物は出ず。

該当シーンにいたサーヴァントの服装から考えるに、相手はディオスクロイですかね。それほどの強敵相手にホームズが笑みを浮かべているのも違和感ですが。


  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《茶っプリン》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース