目指すは「ガッキーが来るゲーム番組」!?吉本興業×Mildomの新サービス「吉本自宅ゲーム部」制作発表記者会見のレポートをお届け!

吉本興業のお笑い芸人と配信プラットフォーム「Mildom」による新サービス「吉本自宅ゲーム部」の制作発表記者会見をレポート!

その他 全般
目指すは「ガッキーが来るゲーム番組」!?吉本興業×Mildomの新サービス「吉本自宅ゲーム部」制作発表記者会見のレポートをお届け!
目指すは「ガッキーが来るゲーム番組」!?吉本興業×Mildomの新サービス「吉本自宅ゲーム部」制作発表記者会見のレポートをお届け! 全 13 枚 拡大写真

2020年6月22日、吉本興業によるオンライン記者会見が開かれ、配信プラットフォーム「Mildom」上での新番組「吉本自宅ゲーム部」の制作発表が行われました。

会見には板倉俊之さん(インパルス)や野田クリスタルさん(マヂカルラブリー)ら、吉本を代表するゲーム好き芸人の皆さん、そしてアイドルグループNMB48から堀詩音さんも出席。なお本会見では三密を避けるためオンライン形式での実施となり、ソーシャルディスタンスに配慮するため一部の出演者はリモートでの出席となりました。

背後のドアノブが気になるR藤本さんや、28kgの減量が伝わらないゆいPさん(おかずクラブ)など、
リモートならではのイジりも

会見の冒頭では代表者挨拶として「Mildom」を運営するDouyu JapanのDeputy CEOを務める長瀬太陽氏と、吉本興行の代表取締役副社長を務める藤原寛氏が登壇。新たに開始するサービスについて概要を紹介するとともに、期待のコメントが寄せられました。

コメントする長瀬太陽氏(写真左)と、藤原寛氏(写真右)
藤原氏の挨拶中には後列の芸人からガヤやツッコミが飛び交う場面も

吉本興業では昨今の活動自粛期間中に「うがい、手洗い、笑い」を合言葉として自宅から笑いを届ける「#吉本自宅劇場」という取り組みを行っており、ゲーム配信に力を入れるタレントが増加していることもファンやゲーマーの間で話題に。


今回の発表された新サービス「吉本自宅ゲーム部」では、ゲームを中心とした高画質・低遅延でのストリーミングが特長の配信プラットフォーム「Mildom」にて、ゲーム好き芸人やアイドルによるゲーム配信番組が放送開始となります。

番組は月曜日から金曜日までの毎日2つの日替わり配信に加え、ケンドーコバヤシさんと東野幸治さんによる不定期配信を加えた12番組体制でスタート。対戦ゲームでガチ勝利を目指す番組もあればアイドルが麻雀ゲームに挑む番組あり、カオスなバラエティーあり、そして芸人ならではの大喜利ありと、多彩かつ豪華なラインナップとなっています。



会見ではそれぞれの番組を担当する出演者が内容の紹介や意気込みについてコメント。

会見当日から番組スタートとなる板倉さんは「ずっと言いたかったのに今日まで我慢していたので、早めに記事を出して宣伝してほしい」とコメントして笑いを誘えば、自粛期間中に奥さんの薦めもあってゲーム配信に挑戦したという品川さんは「ホントに初心者なんですけど、ゲームの配信だと漫才の動画より5倍見て頂ける。ゲームのパワーをお借りしてやらせて頂いている状態」と自虐を織り交ぜてコメント。

数多くのゲーム系ネタで知られるお笑いコンビ、ガーリィレコードは高井さんが鏡に映った状態でのトリッキーなリモート出演に

しかし次第に流れは「どんな番組にしたいか」との質問に対して、いかに「ガッキーこと新垣結衣さんに番宣に来てほしい」というコメントまで持って行って締めくくるか、という大喜利状態に。最終的にケンドーコバヤシさんが「ワッキーを呼びたい」と現在休養中の芸人仲間へエールを贈る形で綺麗にまとまりました。

隔週での特別番組を担当する東野幸治さんからはVTRでメッセージが。

記者会見の締めくくりとして、チャンネル対抗のゲーム大会も開催。使用されたタイトルは出演者であり自作ゲームネタでの「R-1ぐらんぷり」優勝で知られる野田クリスタルさん製作のオリジナルゲーム『頼むぜ!ボルダリング姉さん』。

ボルダリングと横スクロールが組み合わさった独自の世界観にパニック状態となる芸人さんも多い中で、いち早く“壁面に隠された果物を食べるコツ”を掴んだインパルスの板倉さんが見事優勝の栄冠に。配信に弾みをつけるとともに、優勝賞品としてこれまでにデッカチャンさんら数々の芸人がテーマにされてきた野田ゲーへの「出演権」もゲットしました。



吉本興業と「Mildom」による新サービス「吉本自宅ゲーム部」は、本日22日より日替わり配信番組がスタート。ゲーム好き芸人が集結し、ガチのゲーマーから初心者まで楽しめるバラエティー豊かなラインナップとなっています。どの番組が人気を集めるのか、そしてこの中からガッキーが番宣に来る番組は現れるのか?注目が集まります。

《ハル飯田》

この記事の写真

/

関連ニュース