モンスター娘とのえっちな展開を求めて『箱庭えくすぷろーらもあ』をプレイ!女の子を堪能するも、奥深いハクスラの沼にはまり込む

ニンテンドースイッチでもリリースされた『箱庭えくすぷろーら もあ』。えっちなモンスター娘だけでなく、そのゲームの奥深さにはまってしまいました。

任天堂 Nintendo Switch
モンスター娘とのえっちな展開を求めて『箱庭えくすぷろーらもあ』をプレイ!女の子を堪能するも、奥深いハクスラの沼にはまり込む
モンスター娘とのえっちな展開を求めて『箱庭えくすぷろーらもあ』をプレイ!女の子を堪能するも、奥深いハクスラの沼にはまり込む 全 27 枚 拡大写真

きめ細やかなドット絵の女の子モンスターが話題の『箱庭えくすぷろーらもあ』。もともとPC向けにリリースされていたものが、この度ニンテンドースイッチでもダウンロード販売される運びとなりました。

モンスター少女たちのセクシーさが話題に上がっており、ダウンロードページのPVでも主人公が彼女らに蹂躙される様がクローズアップされていました。こんなゲームが本当にニンテンドースイッチで遊べてよいのか。日本の若い少年少女に与える影響を憂いつつ、下心満載でプレイに臨んでみました。
※本記事中の画像はすべてSteam版『箱庭えくすぷろーらもあ』のものです。

高いクオリティのドット絵とアニメーションの美しさ


ゲームスタートして最初に出迎えてくれるのは、丁寧に描きこまれたのドット絵の世界です。メッセージウインドウに映る少女の口元はかわいく動き、特徴的なおさげ髪がぷらんぷらんと揺れる。その様子に一瞬で心を奪われてしまいます。かなり高いクオリティのドット絵です。

今後の冒険をサポートしてくれるスク水少女。ぱっちりお目々と揺れるおさげがトレードマーク。

滑らかでありつつドット絵らしい粗さも兼ね備えたアニメーションは、思わず見入ってしまう魅力があります。特にお尻のモーションは必見。青少年の教育に大変悪い影響を与えることは否めません。本作は街の人に後ろから接触するとお尻にタッチすることができるようになっています。触った時の反応も多様。少女はこちらを「変態」と罵ってくるし、妙齢のおばさまはまんざらでもない様子。もちろん男性のお尻も触ることができるのでその反応も要チェックです。

こだわりを感じるお尻。揺れるさまもかなりの出来栄えです。

ちょっと大人の色気を感じる女性。

小さい女の子にいたずらし過ぎると、手痛いしっぺ返しをくらいます。

プレイヤーキャラクターは、マス目上のドット絵の上に描かれた世界を冒険します。この雰囲気も非常に良質。マップのデザインは、アトリエシリーズの原点である『マリーのアトリエ』や『エリーのアトリエ』を彷彿とさせます。ドット絵のゲームが好きな人ならば、このマップとキャラクターを見ているだけでも十分に楽しめることでしょう。

女の子だけでなく木々や水の表現や、街の景観などの丁寧さも侮れません。

ローグライク的なシステムと、単純操作で楽しめるアクション、そして充実の育成要素


ゲームシステムはいたってシンプル。10×10のマップを舞台に、フィールドやダンジョンを移動。敵を倒し、レベルを上げ、お金を集めて武器や防具をそろえてまた新しいダンジョンに挑む、という一般的なRPGです。冒険はリアルタイムに進行し、戦闘はジャンプと攻撃と道具使用を組み合わせたアクション性のあるもの。リアルタイムのローグライクゲームといえばわかりやすいでしょうか。

敵の動きをよく見て対処する必要あり。
時にはジャンプアクションなどを駆使すべき状況も発生します。

ダンジョンではモンスター少女がお出迎え。RPGでよくお目にかかるモンスターたちが少しかわいくなって登場します。「ラミア」は「らーみやん」、「バンパイア」は「ばんぱいやん」などとちょっとやわらかい名前に。攻撃も主人公を締め付けたりするものが多く、密着感があります。中には子供には見せられないような攻撃も。

ドットのイラストもかわいい「らいおん」

お尻で踏みつぶしてこすりつける攻撃を得意とするボスキャラ「こんとんうさぎ」。

「まどごれむ」はまさかの大股開きで攻撃。これは、目のやり場に困ります。

しかし、プレイしているうちに思い知らされるのはモンスターたちの強さ。はっきり言って一筋縄ではいかないものが多数。中でも個人的に恐ろしい思いをしたのは「わかまんどら」。いわゆる「マンドラゴラ」の一種です。見た目はただの植物の女の子。近づくと触手を伸ばしてプレイヤーをからめとります。モンスター少女との触手プレイだと思って期待して、見ていると、目の前で起ったのはまさかのレベルダウン。それも1レベルではなく、一気に3レベル下げられてしまいます。これまでの努力があまりにも簡単に奪われる様に絶望。やはり世の中ハニートラップより恐ろしいものはないのだと痛感しました。

「わかまんどら」、「きまんどら」など派生モンスターあり。いずれもレベルを下げる攻撃が恐ろしい。

こちらの持ち物を落としてしまう「うふんく」には毎回苦戦させられます。

「まどごれむ」軍団に襲われる展開も。うれしいやら怖いやら…

どのモンスターもモーションの作り込みに余念がありません。ただ見ているだけでも楽しめる作品になっています。PVにも登場した「どらいあど」は必見。美しいボディラインに、色気たっぷりの動き、そして両足で主人公を締め付けるというセクシー攻撃。製作者の強いこだわりが感じられるボスキャラクターです。

体つきが魅惑的な「どらいあど」。くねくねした動きでプレイヤーを魅了します。

顔面を攻撃しないとダメージが通らないにも関わらず、魅惑のキッスをくらってしまうと一定時間行動できなくなります。

極めつけはこの締め付け。表情も素晴らしいのですが、戦闘中はそんなの見ている余裕ありません。

本作はゲームオーバー時のペナルティがほとんどなく、レベルアップはかなりスムーズ。その分、敵は結構強めに設定されている印象です。容赦の無いレベルダウン攻撃はもちろん、体力や武器の耐久度などのリソース管理もわりとシビア。一方でアクション要素もしっかりしているため、敵の行動パターンや立ちまわりかたを覚えれば簡単に攻略も可能という良いバランスになっています。

ゲームオーバーからはほぼペナルティなしで復帰可能。なので大胆なプレイができるのもポイントです。

ローグライクゲームは結構慎重な行動が求められるジャンルだという印象がありますが、このゲームは思い切った挑戦ができるのが特徴です。大胆に攻めて、ぼこぼこにやられるのもまた一興。

女の子たちを忘れてしまうほどハマってしまう 充実のやり込み要素


システム面にも触れていきます。武器や防具はそれぞれ耐久度が設定されています。使うほどに消耗し、やがて壊れるという流れ。状況に応じて武器を使い分けたり、時には温存することが重要になっています。武器のバリエーションは非常に多彩。剣、こん棒、爪などの物理攻撃武器や、弓矢といった遠距離攻撃武器、魔法を放つことのできる杖など様々。武器によってできることが異なってもいるため、使い分ける楽しみもあります。

武器は敵がドロップするもの、もしくは宝箱から取得。
同じ系統でも異なる使い勝手の武器も多くあるので、自分にあった武器を探す楽しみも。

耐久度は武器の名前の横に書かれている数字。分子が現在値、分母が上限値です。

武器防具が壊れるという仕様は、「もったいない」精神の人には苦しいものでもあります。しかしこのゲームでは、武器を消費すると最終的に素材が手元に残る仕様。これらの素材は店で売ることで、店のレベルが上がり、新しい商品が店頭に並ぶという仕組み。元となったアイテムが良いものであればあるほど、手に入る素材が上質なものになり、上質な素材ほど店のレベルが上がりやすくなります。

つまり、良い武器を消耗してしまっても、損しっぱなしではないということ。良い武器を後生大事に持っておくほうがむしろ「もったいない」というシステムになっているのです。手に入れた武器はガンガン消費してどんどん売却することが推奨されます。

素材を売却するほど店のレベルが上がり、品ぞろえも良くなります。
『ウィザードリィ』や『世界樹の迷宮』などでおなじみですね。

街によって武器防具の品ぞろえが異なります。
どの街の店のレベルを優先してあげるのかが重要になってきます。

ちなみにゲームオーバーになっても「やり直し」を選べばその時手元にあるアイテムは失われません。まずはじめにダンジョンに潜って素材を集めまくり、武器をそろえて準備。その後で、武器防具が整ってきてからしっかり腰を据えて攻略する、という段階を踏んだ遊び方もできます。

武器だけでなく、防具やアクセサリにも様々な効果が。どれを使うべきかとても悩ましいところです。武器防具の収集と取捨選択、素材売却による店のレベル上げなど、プレイヤーごとに異なる遊び方ができるため、他人のプレイを見ることで新たな発見があるかもしれません。

特定のアイテムを使えば、武器を改造することも。
同じ武器でも付与した能力によってまた使い勝手が変わります。

付与される能力はランダムなので、いろいろ試してみる楽しみもあります。

実績トロフィーのコレクション要素も充実。普通の攻略に関するものもあれば、ゲームオーバーに関するものや、隠しイベントを発見した場合の実績など多岐にわたります。モンスターだけでなく、街の人々にも喧嘩をふっかけて戦闘することが可能であり、街の人から嫌われることで解除される実績もあるようです。

フィールドマップは隅々まで歩くことで、隠れたイベントを見つけることが可能。

トロフィー部屋で解除した実績の確認ができます。

人々からの評価は怨恨値という値で表わされます。
高いとデメリットがあるようですが…。とにかく何でも試してみることが重要です。

通常の攻略でも多様な遊び方が可能な上に、実績まで解除しようと思えばかなりの時間遊ぶことができます。慎重派、スピードプレイ派、低レベル攻略派、コレクション好きな人などなど、様々なプレイスタイルに対応できる作品だと言えるでしょう。


箱庭えくすぷろーらもあ』は、モンスター少女にかなり力を入れているので、年頃の少年少女ならば性癖になんらかの影響を与えることは間違いありません。しかし、下心満載でプレイを始めたにも関わらず、いつの間にか普通に戦いやコレクションにのめり込んでしまいました。スケベ心で遊んでも楽しめますし、純粋なRPGとしても十分遊びごたえ十分の作品となっていますので、ぜひ年齢性別を問わずプレイしてみていただきたいと思います。

《竜神橋わたる》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース