8月の日曜夜は花火大会!『あつまれ どうぶつの森』夏のアップデート第2弾が7月30日配信―「夢見の館」も形を変えて復活

今秋には「秋の無料アップデート」も実施決定しました。

任天堂 Nintendo Switch
8月の日曜夜は花火大会!『あつまれ どうぶつの森』夏のアップデート第2弾が7月30日配信―「夢見の館」も形を変えて復活
8月の日曜夜は花火大会!『あつまれ どうぶつの森』夏のアップデート第2弾が7月30日配信―「夢見の館」も形を変えて復活 全 10 枚 拡大写真

任天堂は、ニンテンドースイッチ対応ソフト『あつまれ どうぶつの森』に関して、夏の無料アップデート第2弾(Ver.1.4.0)を7月30日10:00より配信決定しました。

本アップデートにより、8月の毎週日曜日の夜に「花火大会」が開催されるようになります。


「花火大会」では住民たちも広場に集まって花火を楽しむほか、しずえにマイデザインを渡すと、オリジナルの花火を打ち上げることも可能。広場には「つねきちの屋台」も出展され、いろいろな景品があたる「いなりくじ」を引けます。




さらに、他のプレイヤーの島を夢として見れたり、自分の島を世界中のプレイヤーに見てもらったりできる「ゆめみ」も登場。「ゆめみ」では、島の住人のあいさつを聞けたり、広場に設置された「マイデザイン・ショーケース」から、その島のプレイヤーが投稿したマイデザインを受け取ったりできます。

「ゆめみ」を始めるには、マイホームのベッドで横になって眠りにつく必要があるとのこと。誰でも自由に島を見てまわれる……といっても、あくまで夢のため現実の島に影響はありません。



また、本アップデートを適用したプレイヤーには、部屋の中でも花火大会の気分を味わえる「はなびたいかいのかべ」がプレゼントされます。

タヌポートの「たぬきショッピング」では、季節のアイテムとして「おりひめのふく/ひこぼしのふく」なども販売。



本アップデートにあわせて、「セーブデータ復元サービス」も開始します。このサービスでは、インターネットを通じて『あつまれ どうぶつの森』のセーブデータをバックアップし、ニンテンドースイッチ本体の故障や紛失時にバックアップからセーブデータの復元が可能になります。くわしい内容や手順などについては後日発表予定です。


今回の「夏の無料アップデート」に続けて、今秋には「秋の無料アップデート」も配信決定しました。季節のイベントなどが追加されるそうなので、こちらもお楽しみに。

《茶っプリン》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース