スイッチ&306円でお盆休みを格安に満喫しよう! Nintendo Switch Onlineはコスパ最高でがっつり遊べるぞ

ニンテンドースイッチがあれば、306円を払うだけで大量のゲームが遊べます。お盆休みがむしろ足りなくなるNintendo Switch Onlineの魅力をご紹介。

任天堂 Nintendo Switch
スイッチ&306円でお盆休みを格安に満喫しよう! Nintendo Switch Onlineはコスパ最高でがっつり遊べるぞ
スイッチ&306円でお盆休みを格安に満喫しよう! Nintendo Switch Onlineはコスパ最高でがっつり遊べるぞ 全 16 枚 拡大写真

お盆休み、意外と暇だったりしませんか? そんなときにはゲームがぴったりですし、「お金をあまり使いたくない」というのであれば各種ゲーム機のオンラインサービスがお得だったりします。

今回は、ニンテンドースイッチのオンラインサービス「Nintendo Switch Online」でなが~く遊べる作品をご紹介。一ヶ月だけ入るのであれば、たった306円でものすごい時間を潰せますよ。

『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』編



まずは『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』でたっぷり遊べる5タイトルを紹介します。

■『スーパーマリオブラザーズ2』


ファミコンの『スーパーマリオブラザーズ』はほどほどの難易度で多くの人が遊べるゲームですが、一方の『スーパーマリオブラザーズ2』はちょっとどうかしている難しさです。しかもワープなしで周回すると隠しステージが出るという猛者向けの仕様! 挑戦するにはぴったりのゲームです。

■『ソロモンの鍵』


『ソロモンの鍵』はアクションパズルゲーム。魔法使いを操作してブロックを配置したりして、鍵と出口を見つければクリアとなります。かなり歯ごたえがあるゲームですが、「どこでもセーブ」と「巻き戻し」があればだいぶ遊びやすくなるでしょう。

■『マイティボンジャック』


正直なところ、『マイティボンジャック』は攻略を見なければクリアするのが非常に難しいアクションゲームです。なので攻略情報やすべての機能を活用し、お盆休みを注ぎ込む勢いで遊びましょう。『ゲームセンターCX』の映画になったことでも有名なゲームですね。

■『アトランチスの謎』


『アトランチスの謎』もかなり歯ごたえのあるゲームです。操作が独特で難しいだけでなく、ワープがめちゃめちゃ多く、ルートを覚えるだけでもたいへんなのに隠し要素もあるのですから。こちらも攻略前提で遊ぶアクションゲームとしてプレイするといいでしょう。

■『ダウンタウン 熱血行進曲 それゆけ大運動会』


みんなで遊ぶゲームを求めているのであれば『ダウンタウン 熱血行進曲 それゆけ大運動会』がいいかもしれません。基本は運動会を楽しむゲームなのですが、あらゆる手段を使って妨害できるのがロック。喧嘩必至の人気作です。

『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』



続いては『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』編。こちらでも5タイトルを紹介します。

■『真・女神転生』


2021年には『真・女神転生V』が発売されますが、その前に本シリーズ初代となる『真・女神転生』を遊ぶのもアリかも。いかにも3DダンジョンRPG然としているのでとっつきづらく感じられるかもしれませんが、遊びごたえは抜群です。

■『スーパーメトロイド』


いまや「メトロイドヴァニア」なんて言葉が知られるようになりましたが、その元祖を遊んでみるのもいいでしょう。『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』では『メトロイド』が、『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』では『スーパーメトロイド』が遊べます。後者のほうがおすすめ。

■『超魔界村』


『魔界村』シリーズもやりごたえのあるアクションとして有名ですし、セーブ&巻き戻しがあればかなりプレイしやすいです。ファミコン版は難しすぎるので『超魔界村』のほうがいいかも。レッドアリーマーが主役のアクションRPG『デモンズブレイゾン 魔界村 紋章編』も遊べます。

■『ブレス オブ ファイア 竜の戦士』


カプコンのRPG『ブレス オブ ファイア』シリーズも『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』で遊べます。ちなみに、1と2がプレイ可能。2に関しては魅力を紹介した記事もあるのでよければご覧ください。

■『スーパードンキーコング』


ドンキーコングが大活躍する『スーパードンキーコング』も不朽の名作。当時、この3Dグラフィックはすごかったのです。2Dアクションとしては、いまでもきっと楽しく遊べますよ。


  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《すしし》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース