今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【10月9日】─当選倍率から見る直近の傾向

スイッチ本体が欲しい方は、この10月が狙い目かもしれません。

任天堂 Nintendo Switch
今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【10月9日】─当選倍率から見る直近の傾向
今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【10月9日】─当選倍率から見る直近の傾向 全 1 枚 拡大写真

現在、全国的に品薄状態が続いているニンテンドースイッチ。ほとんどの販売店で入荷直後に売り切れるほどの人気ぶりを見せており、抽選販売に切り替えた店舗も少なくありません。

そこで、需要が高まっているスイッチの販売状況や、現時点で予約や抽選販売の申し込み等が行えるサイトなどの最新情報を、インサイドにて定期的にお届けします。まだ申し込んでいない受付先のチェックや申し込み方法を、こちらでご確認ください。

10月9日の状況─現在の傾向と今後の展開を推察


比較的広範囲に向けた抽選販売の受付先は、現時点では乏しい状況にあります。ですが、「ノジマオンライン」では毎週のように新たな受付先が登場しており、一部の店頭ではスイッチファミリーが直接販売されているといった情報も見かけるようになりました。

最も手に入れづらい時期と比べると、かなり入手しやすい状況に推移しています。ですがスイッチファミリーと一口に言っても、据え置きと携帯を兼用できるニンテンドースイッチと、お手頃な価格で重量も軽いスイッチライトでは、用途や購入理由などに違いもあります。

「ノジマオンライン」では抽選販売の当選倍率が公開されており、直近の傾向を確認してみると、スイッチライトの倍率は1桁台かそれに近い数字に落ち着きつつあります。前回に当たる第15回は、ターコイズの倍率が8倍で、グレーのみ17倍とやや高めですが、イエローとコーラルは10倍・12倍とこちらも1桁に近い数字です。

一方スイッチ本体の方は、ネオンが26倍でグレーが88倍(いずれも第14回の当選倍率)。最も倍率が高かった第4回だと、ネオン115倍、グレー123倍なので、それと比べると抑えめになっているとはいえ、全体的に見るとスイッチ本体の購入はまだ難しい状態と言えるでしょう。

入荷数が不明なので、当選倍率だけで人気度合いを計ることはできませんが、スイッチ本体を入手しにくいことは窺えます。携帯専用でも問題がなければ、スイッチライトを選択するのもひとつの手でしょう。また、少しずつでも改善傾向にあるので、スイッチ本体が欲しい方は、もう少し待っているのもお勧めです。

ただし、11月に入ると年末商戦が近づくため、購入希望者が増える可能性もあります。供給が安定したとしても、需要が膨らめば入手困難になるので、この10月が狙い目かもしれません。定期的に開催されている「ノジマオンライン」の抽選販売をはじめ、新たな動きを見逃さずにチェックし、入手の可能性を出来るだけ広げておきましょう。



■Amazon.co.jp
ニンテンドースイッチ本体 Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド
ニンテンドースイッチ ライト本体 グレー

《臥待 弦》

この記事の写真

/

関連ニュース