5分で分かる「10月の注目作」8選─現実とゲームが「カート」で交差! 後のアトラス作品に影響を与えた名作の復活も見逃せない

エクスペリエンスが放つ新作ダンジョンRPG『黄泉ヲ裂ク華』や、住民を仲間に加えるクライムアクション『ウォッチドッグス レギオン』なども発売。

その他 特集
5分で分かる「10月の注目作」8選─現実とゲームが「カート」で交差! 後のアトラス作品に影響を与えた名作の復活も見逃せない
5分で分かる「10月の注目作」8選─現実とゲームが「カート」で交差! 後のアトラス作品に影響を与えた名作の復活も見逃せない 全 9 枚 拡大写真

人気シリーズの最新作から意欲的な新規IPまで、様々なタイトルがゲーム市場を賑わせています。1ヶ月の間にリリースされる本数も多く、その全てをチェックするのは案外難しいもの。後から気になるタイトルに気づくことも、しばしばあります。

そこでインサイドでは、毎月発売されるタイトルの中から8作品をピックアップ! 期待度の高いタイトルや個性的な作品などを独断で選び、短時間でチェックできるよう紹介いたします。

今月は、エクスペリエンスが放つ新たなダンジョンRPG『黄泉ヲ裂ク華』や、Wii U版をベースにパワーアップして帰ってきた『ピクミン3 デラックス』、現実とゲームの世界が交差する『マリオカート ライブ ホームサーキット』など、ジャンルや面白さの方向性も多彩なラインナップが並んでいます。

このほかにも、ファン待望の復活を遂げる『真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER』や、シリーズ最新作のクライムアクション『ウォッチドッグス レギオン』なども控えており、この10月も魅力作が並んでいます。秋の夜長のお供を、この8本から選んでみるのも一興ですよ。

『Star Wars:スコードロン』



「スターウォーズ」の世界で、宇宙戦闘機戦によるドッグファイトを体験できる『Star Wars:スコードロン』。映画本編でも手に汗握る戦闘シーンが多々描かれていますが、本作ではパイロットとなり実際に操作できるため、更なる没入感を楽しめます。

しかも本作の物語は、映画「ジェダイの帰還」の後から始まる銀河内乱末期を舞台とするオリジナルストーリー。終結の鍵を握る一連の戦いに身を投じ、スリリングなバトルを切り抜けてみてはいかがでしょうか。PS VRにも対応しているので、対象機器を持っている方はそちらのプレイも一考してみてください。

【関連記事】『STAR WARS:スコードロン』 で少年のころに憧れた本当の「スターファイター」体験!作り込まれたシステムと臨場感あふれるUIは映画そのもの

『クラッシュ・バンディクー4:とんでもマルチバース』



シリーズファンが待ち望んだ完全新作『クラッシュ・バンディクー4:とんでもマルチバース』が登場! 前作に当たる『ブッとび!世界一周』の続きから始まる、正真正銘の続編です。

ジャンプとスピンアタックを駆使するお馴染みの要素を受け継ぎつつ、壁を走りレール滑り、ロープで移動するなどの新アクションも追加。また、新たな「4つのマスク」がアクションの幅を拡げてくれます。多彩なプレイモードもあり、歯応えも満点。懐かしくも新たな冒険が、あなたを待っています。

【関連記事】あの「クラッシュ」にまた会える喜び!ノリノリになって帰ってきた新作『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』プレイレポ

『FIFA 21』



本作に登場する選手は、なんと17,000人超え。700以上のチームが火花を散らすサッカー体験は、最大級のボリュームと言っても過言ではありません。フォトリアルな描写は臨場感と迫力に満ちており、ゲームプレイの興奮を力強く後押ししてくれます。

ディフェンダーに対する新たな突破口となる「アジャイルドリブル」、現実のサッカーのような空間認識や時間認識に近づく「ポジショニングパーソナリティ」、味方の動きをより細かく操作できる「クリエイティブラン」など、多彩な新機能が試合を更に盛り上げることでしょう。

『黄泉ヲ裂ク華』



これまで数多くのダンジョンRPGを手掛けてきたエクスペリエンスが、完全新作となる『黄泉ヲ裂ク華』をリリース。1979年の東京を舞台に、生き残りと地上への帰還を目指す“ディストピア・ダンジョンRPG”が幕を開けました。

迷宮構造を変化させられる「ダンジョンビルド」や、薬剤の投与で限界を超える力を引き出す「スイッチブースト」など、本作独自の要素も多彩。厳しい状況に立ち向かう術を活用し、ハック&スラッシュの醍醐味を存分に堪能してください。

『マリオカート ライブ ホームサーキット』



カメラを搭載したカートと連動し、現実世界をコースに見立てて遊べる『マリオカート ライブ ホームサーキット』。シリーズの魅力を継承しつつ、まったく新しいアプローチを行うこの意欲作は、遊ぶ人のアイデア次第で楽しさがどこまでも広がる可能性に満ちています。

一定以上の広さがある屋内でのプレイに限られますが、慣れ親しんだ光景がレース場に変貌する様子は、これまでにない刺激的な体験です。また、ゲーム内で「ダッシュキノコ」を使うと実際のカートもスピードアップするなど、ゲームを通して現実世界に影響を及ぼすことも。ゲームと現実の新たな交差が、かつてない刺激を提供します。

【関連記事】『マリオカート ライブ ホームサーキット』で飼い猫を眺めてみた! 低視点がこれまでにない新鮮さを生み、猫はいつも通り気まぐれ・・・

『ウォッチドッグス レギオン』



シリーズ最新作『ウォッチドッグス レギオン』は、そのタイトル名にもある通り、集団が力となるクライムアクションです。ロンドン中の住民を仲間にすることができ、強力なレジスタンスメンバーと共に、凶悪な犯罪者へ立ち向かいます。

例えば、タクシードライバーや元スパイ、落ちぶれたボクサーに老婆と、出会う住人は職業から年齢まで実に様々。異なる個性や独自のストーリーが用意されているほか、カスタマイズやレベルアップでの強化も可能。あなただけのレジスタンスメンバーを揃えるのも、本作ならではの醍醐味です。

『真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER』



PS2向けにリリースされた『真・女神転生III』が、時を越えて復活! 原作尊重を前提としているので、シリーズファンも納得のリマスターと言えます。また、グラフィックやゲーム性が向上しており、未体験のユーザーにもお勧めできる一作となることでしょう。

しかも本作は、入手困難の『真・女神転生III -NOCTURNE マニアクスクロニクルエディション』に準じているので、当時手が届かなかった方にとっても見逃せません。後のアトラス作品にも影響を与えた「プレスターンバトル」や、変わり果てた“トウキョウ”で戦う人修羅の物語を、直接味わってみてはいかがですか。

『ピクミン3 デラックス』



引っこ抜いたピクミンたちと共に、惑星の探索や原生生物との戦いに挑む『ピクミン』シリーズ。そのナンバリング最新作が、デラックスになって蘇ります。オリジナル版と同じく、『ピクミン3 デラックス』の主人公は、アルフ、ブリトニー、チャーリーの3人。彼らを切り替えながら、広大な惑星を隅々まで調べつくしましょう。

Wii U版向けに配信された有料追加コンテンツや、過去作の主人公・オリマーたちが活躍するサイドストーリーミッションも収録されているほか、「原生生物図鑑」や「進級バッジ」といった新たな要素も。ロックオン機能やヒント機能を駆使し、危険な惑星をピクミンと一緒に駆け回ってください。

【関連記事】『ピクミン』って実際どんなゲームなの? 最新作『ピクミン3 デラックス』の体験版プレイレポを通して、そのゲーム性を紹介!


【関連記事】
ゲームはどうして面白いの?─感覚的な“当たり前”を改めて振り返ってみた【コラム】
“再誕”は単なるパワーアップにあらず!『メタルマックスゼノ リボーン』の魅力や『ゼノ』との違いに注目したプレイレポをお届け─「優等生」じゃない進化がここに
SF人狼『グノーシア』を推したい7つの理由─1人で遊べて、1プレイ15分とお手軽! なのに数時間没頭してしまう熱中度の高さも魅力
『パンツァードラグーン:リメイク』は“思い出補正”を超えられるのか? 初代を3機種で味わったファンが遊んでみた【プレイレポ】
『新サクラ大戦』製品版と体験版を比較しながらプレイ! 初体験のモードに胸が高鳴る【プレイレポ】
『白き鋼鉄のX』「ダッシュしたら敵にぶつかった・・・」が悲劇にならない! 攻防一体のシステムが楽しい【プレイレポ】
『オメガラビリンス ライフ』お色気要素とゲーム性の二人三脚が、刺激の歯車を回す【プレイレポ】
オークに変装して敵の目を欺いたら、囚人に襲われて返り討ちに! 『火吹山の魔法使い』で味わった判断と結末の連続【プレイレポ】
任天堂の“空間へのアプローチ”を振り返りながら『Nintendo Labo VR Kit』をプレイしてみた

《臥待 弦》

この記事の写真

/

関連ニュース