【FPS向け】おすすめのマウス10選を紹介!初心者に向けてメーカーの違いから選び方のポイントを解説

ゲーミングマウスについて、選び方を解説しながらおすすめの製品を紹介します!

その他 インサイド レコメンド
【FPS向け】おすすめのマウス10選を紹介!初心者に向けてメーカーの違いから選び方のポイントを解説
【FPS向け】おすすめのマウス10選を紹介!初心者に向けてメーカーの違いから選び方のポイントを解説 全 4 枚 拡大写真
現在、PCでゲームをプレイされている方も多いかと思いますが、みなさんはどんなキーボードとマウスで楽しまれていますか?もともと仕事や勉強用に所持していたものをそのまま使われていたり、たくさんの種類があってどれを選べばよいかわからずに困っている方もいらっしゃるかもしれません。

今回はそんな初心者の方に向けて、おすすめゲーミングマウスを10点ご紹介します。選び方のポイントやメーカーの特徴も解説していますので、本格的にFPSをプレイしたい方はぜひご覧ください。

FPSとは?



FPSとは「ファーストパーソン・シューティング」の略称です。プレイヤーが一人称視点で操作するシューティングゲームのことで、キャラクターが持つ銃や腕などが画面に表示されています。3D空間への没入感やオンライン対戦の緊張感を魅力として多くのゲーマーに人気のジャンルです。

FPSにおけるゲーミングマウスの役割


FPSでは移動や武器切り替えの速さや、エイム(照準を合わせる動作)の正確性が結果に大きく影響します。そのため、ゲーミングマウスは一般的なマウスよりもボタンの数やセンサーの制度が高く設計されています。高性能なゲーミングマウスはFPSを本格的に楽しむ上で必須のアイテムといってよいでしょう。

FPS向けマウスの選び方



形状で選ぶ


普段からマウスを操作されている方ならば、つかみ持ちやかぶせ持ち、つまみ持ちなどそれぞれ自分に合った持ち方があると思います。ゲーミングマウスには長方形型や卵型、さらに左右対称のものなど形状だけでもさまざまな種類があります。参考としては、つかみ持ちならば左右対称のマウス、かぶせ持ち、つまみ持ちならば左右非対称なマウスと相性がよいでしょう。

大きさで選ぶ


FPSではマウスの大きさも重要なポイントになります。ボタン操作を重視する場合は大きいマウス、素早いスライド操作を実現したい方は軽量で小さいマウスがおすすめです。また、かぶせ持ちやつかみ持ちならば手にフィットする大きめのマウス、つまみ持ちならば小さなマウスを選びましょう。

接続方式で選ぶ


ゲーミングマウスの接続方式には無線・有線の2種類があります。有線の方が通信速度が安定し、価格も安い傾向にありますね。また内蔵バッテリーがない分、軽量な製品が多い傾向です。一方、ダイナミックな操作をする場合には、ケーブルがない無線方式の方が使い勝手がよく感じられるでしょう。最近は通信規格の発達に伴い、無線でも安定した通信が可能な製品も存在します。

DPIで選ぶ


DPIとは「Dots Per Inch」の略称で、マウスを1インチ動かした際にPCゲーム上で何ドット分動くのかを表わした数値のことです。DPIの数値が大きいほど、細かな操作で素早くスムーズな操作が可能になります。ゲーミングマウスにはDPIを自由に調整できるものもありますので、自身に合ったDPIとその範囲でマウスを選びましょう。

レポートレートで選ぶ


レポートレートとは、1秒あたりにマウスから送られる情報量のことで、Hz(ヘルツ)で単位表記されています。例えば1000Hzなら、1秒間に1000回マウスから情報が送信されるということになります。数値が大きいほど良しとされていますが、DPIと同様に、感度が良すぎてエイムや動きの正確性が欠けてしまうことから、プロのFPSプレーヤーのなかには低い数値を好む方もいます。

IPSで選ぶ


IPSとはトラッキング速度のことで、マウス動かした時にどのくらいの速度まで感知するかという基準値です。IPS値が高いほど早く動かしても安定した動作が可能になるので、FPSにおいても高いに越したことはありません。高性能マウスならば400ipsまで数値が出ますので、予算と相談してできる限りIPS値の高いマウスを選ぶと良いでしょう。


ボタンの数で選ぶ


ゲーミングマウスにはクリックボタンとスクロールの他に、DPI変更ボタンや特定の操作を割り当てることのできる複数のサイドボタンが備わっています。サイドボタンの数が多いほど多様な操作を実現できますが、多すぎても持ちにくくなってしまう場合もあります。そのため、DPI変更ボタンの他に、最低2個のサイドボタンが搭載されたマウスがおすすめです。

トラックボールの有無で選ぶ


トラックボール付きのマウスは一部の人に人気を誇っています。マウスではなくトラックボールを操作することでポインタを操作できるため、手首や腕を動かすより負担が少ないのがメリットです。ただし、サイドボタンに指を1本必要としたり、非常に精密な操作が要求されるため、上級者の中でも好む方は限られています。なお、本記事で紹介する商品にはすべてトラックボールはついていません。

FPS向けマウスのおすすめメーカー


Logicool(ロジクール)


Logicoolはスイスに本社を置くデジタル・デバイスメーカーです。ゲームマウスの代表ともいえるメーカーで、有線・無線タイプ、ボタンが多いタイプまで幅広く展開しています。初心者・上級者問わず、幅広いラインナップから選びたい方におすすめのメーカーです。

Razer(レイザー)


Razerは、アメリカのカリフォルニア州にあるゲーミングデバイスメーカーです。ゲーマーに顧客を絞ったような製品で、個性的でかっこいいデザインが特徴です。価格が安い傾向にありますがセンサー・通信ともに性能が高く、そのコスパの良さから世界中のFPSプレーヤーから愛用されているメーカーです。

SteelSeries(スティールシリーズ)


SteelSeriesは、アメリカのシカゴに本社があるゲーミングデバイス専門ブランドです。先に紹介した2つのメーカーと比べると製品数は少ないですが、高精度の光センサーやフィット感や多ボタン搭載といった豊富な機能が特徴です。e-Sportsも視野に入れた製品が多く、プロのゲーマーも使用しています。上級者に向けの製品が多いので、ある程度FPSに慣れている方におすすめのメーカーです。

ZOWIE(ゾーウィー)


ZOWIEは、台湾を拠点とするBenQ傘下のゲーミングデバイスブランドです。2010年から競技ゲームにおける最高の品質を目的としてゲーミングマウスも多く開発しています。FPS『CS:GO』の人気マウスランキングでも上位を独占してますね。上級者向けでありながら近年は一般向けに使いやすさと楽しさを追求した製品も展開されているため、これから本格的にFPSを始める方にも良いメーカーです。

FPS向けマウスおすすめ10選


Logicool「G403h」



最大のトラッキング精度を実現するHERO 16Kオプティカルセンサーや、100~16000DPIの間で調整できるマウス感度といった高度な性能が搭載されています。しかし、軽量で万人に使いやすく設計されたエルゴノミクスデザインで、初心者にも扱いやすい有線マウスです。上級者の方は6個のボタンに任意の操作をプログラム可能。価格も性能の割に安く販売されているため、幅広いユーザーの方におすすめです。

Logicool「G903」



Logicool G903は、世界最高峰との呼び声も高いPMW3366光学センサーも搭載しており、先ほど紹介したG403hと比べても、よりプロフェッショナル向けのワイヤレスゲーミングマウスです。無線マウスですが有線以上の高感度を実現しつつ、重さも110gと極限まで軽量に設計されています。10gの取り外し可能なウエイトも装備できるため、安定した重さを求める方も使えるのが特徴です。ボタンは左右に2個ずつ設置されており、デザインも左右対称のため左利きの方でも使いやすいですね。

Logicool「G300Sr」



このマウスは、Logicoolのゲーミングマウスの中でもリーズナブルな価格が魅力です。DPIは最大2500と上級者の方には物足りないかもしれませんが、有線でレスポンスは十分高速です。プログラミングできるボタンも左右で合計9個備えられているため、多様な操作ができます。左右対称で手首にフィットし、長時間プレイでも手首が疲れにくいようなデザインもポイントです。

Razer「Viper Ultimate」



RazerのViper Ultimateは、74gというとても軽さと20000DPIの新センサー「Razer Focus+」を搭載した軽量高精度マウスです。さらに従来のワイヤレス通信技術よりも25%も高速な独自の高速無線通信技術「Razer HyperSpeed」が採用されています。マウスパッドに応じたトラッキングスキャンやノイズによって周波数を切り替えられるなど、環境に順応させる機能も豊富なことから繊細さと速さを求める方におすすめのマウスです。

Razer「Basilisk Ultimate」



この無線マウスは、ひとつ前のViper Ultimateで紹介したような高速無線通信規格、トラッキング技術が採用されています。さらに、内蔵電池は1回の充電で約100時間稼働できたり、11個のプログラムボタンが搭載されているなど、グレードアップしたモデルですね。ただし、大きさや重さも増加しているので、軽快さよりもカスタマイズ性を重視する方に向いています。

Razer「Basilisk X」



Basilisk Xは、他のRazer製のマウスと比較するとスペックは下がりますが、手ごろな価格が魅力です。ワイヤレス速度や電力持続力などはそのままの性能を維持しており、通信方法を2種類から切り替えられるのが特徴です。コストパフォーマンスを重視している方におすすめです。

SteelSeries「Rival 3 Wireless 62521」



Rival 3シリーズのマウスは、最大18,000CPIの性能と省電力性のある独自センサー「TrueMove Air」が搭載されています。2.4GHzのBluetooth接続で、最大400時間もの間、高いパフォーマンスを維持。このマウスは単4電池二本を使用しますが、FPS操作における軽量さを求める方は電池を1本でも稼働するため、重量調節も可能です。スクロールホイールの点灯でバッテリー残量を示してくれるため、長時間プレイする時も安心ですね。

SteelSeries「Rival 650 Wireless」



次に紹介するのは、SteelSeriesの中でも最高品質のマウスです。4gの重しが8つ同梱されており、組み合わせることで自身に合った重量・重心にカスタマイズできます。電池の持続力は、1回の充電で24時間と他の製品と比べると低め。しかし、Rival 650は高速充電が可能で、5分間の充電で3時間以上、15分の充電で10時間以上ワイヤレス接続できます。独自の最新デュアルセンサーシステムを搭載し、スタイリッシュなデザインも特徴的な高性能ゲーミングマウスです。

Zowie「EC2-A」



人間工学に基づき快適さを高めた、右利き向けに設計されたマウスです。全体的に丸みがあってコンパクトなサイズのため、かぶせ持ちに最適。手首を大きく動かしてもスムーズな操作が可能なため、繊細な操作はまだできないようなFPS初心者の方にもおすすめです。またゲーミング環境用にセンサーなどがチューニングされているため、同社のマウスパッドと一緒に使用するのがおすすめです。

Zowie「FK1+」



ZowieのFKシリーズは、右利き・左利きどちらのユーザーにも扱いやすいように設計されています。サイズも小型・軽量で、FPSプロゲーマーも多数使用していますね。クイックとホイールが硬めになっているためエイムが安定しますが、柔らかいものになれている方は押したつもりが反応しないといった違和感を感じるかもしれません。DPIは400・800・1600・3200から調整できます。




『Apex Legends』や『VALORANT』など、FPSは人気のジャンルにっており、自分の持ち方や動きに合ったマウスを選ぶことで勝率もグッと伸ばせるかもしれません。DPIやレポートレートなど初心者の方には難しい用語も多いですが、ぜひ本記事を参考に最適なゲーミングマウスを手に入れてくださいね!

《INSIDE》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース