『FGO』キャストリアのアタッカーに困るマスター必見! 相性抜群な「Sイシュタル」の魅力を紹介―1騎で4キャラ分も楽しめる女神様

「セイバーウォーズ2」が復刻! キャストリアの影響で再び注目を集めた「Sイシュタル」入手のチャンスです!

モバイル・スマートフォン iPhone
『FGO』キャストリアのアタッカーに困るマスター必見! 相性抜群な「Sイシュタル」の魅力を紹介―1騎で4キャラ分も楽しめる女神様
『FGO』キャストリアのアタッカーに困るマスター必見! 相性抜群な「Sイシュタル」の魅力を紹介―1騎で4キャラ分も楽しめる女神様 全 8 枚 拡大写真

iOS/Android向けFateRPG『Fate/Grand Order』にて、1月6日より「復刻:セイバーウォーズ2 ~始まりの宇宙へ~ ライト版」の開催が決定しました。本イベントのピックアップ召喚では、期間限定サーヴァント「★5 スペース・イシュタル(アヴェンジャー)」が再登場します。

数年前の初実装時から、サーヴァント・ユニヴァース時空の「イシュタル」である点や豊富なクラススキル、初登場のスキル効果などで注目を集めたスペース・イシュタル(以下、Sイシュタル)。そんな彼女が、昨年8月に登場した「アルトリア・キャスター(以下、キャストリア)」の影響もあり、ここ数ヶ月で再び注目を集めることとなりました。

このタイミングでやってきた再ピックアップにあわせて、本記事ではSイシュタルの特徴や魅力を紹介します。

キャストリアと相性抜群!



その優秀すぎる性能から「『FGO』史上最優のサーヴァント」とまで言われるキャストリア。彼女と相性抜群なのが、このSイシュタルです。そもそもキャストリアはサポーターであり、真価を発揮するには適したアタッカーが必要でした。多くのアタッカーはキャストリアと組めますが、中でもSイシュタルは別格。

宝具の3連発もできるうえ、自前のNP獲得スキルでエネミー出現数が不規則なクエストにも対応可能。おまけに「宝具威力アップ(3T)」が宝具を撃つたびに入るので、どんどん威力が上がります。不利クラスはめったに登場しないムーンキャンサーだけなので、相手にあわせて編成を変える必要もなし。


同じく注目を集めた「水着武蔵」と並んで、キャストリアの最適アタッカーに数えられる1騎です。「せっかくキャストリアを当てたけど、肝心のアタッカーがいない……」というマスターは、この機会にSイシュタルを狙うことを強くおススメします! 聖晶石に余裕があるならば、宝具レベルを上げることも視野に入れていいでしょう。

今後のポテンシャルも高い!



Sイシュタルは第2スキル「ヴィナス・ドライバー B」によって、宝具カードのタイプをQuick、Arts、Busterに変更できます。これにより、各カードを代表する「マーリン」や「スカサハ=スカディ」ともサポーター×アタッカーの関係を築けるわけです。

実装当初からこの効果は注目されており、今後も優秀なサポーターが登場するたびに、Sイシュタルの評価は化けるかもしれないと言われていました(キャストリアでそれが実現したわけですね)。今後のポテンシャルも高いので、入手しておいて損はありません!

1騎で4キャラ分も楽しめる豪華仕様!



再臨段階で外見・性格・バトルモーションが大きく変わるのも、Sイシュタルの魅力です。第一再臨では、二刀流で戦う悪役気質のヴィラン「アシュタレト」に。第二再臨では、刀と銃で戦うヒーロー気質の賞金稼ぎ「スペース・イシュタル」に。第三再臨では、コズミックパワーで戦う女神「イシュタル・アシュタレト」に変身。

さらに、イベントアイテム交換で入手できる簡易霊衣を開放すれば、もう1つの姿である「アシュタレト・オリジン」まで楽しめます。簡易霊衣と言いつつ、一部セリフまで変わる豪華仕様! 性能だけでなく、キャラクター面でも大いに楽しめます。

今回の復刻イベントでも大活躍!



「復刻:セイバーウォーズ2 ~始まりの宇宙へ~ ライト版」のメインキャラクターなだけあり、本イベントでSイシュタルは「自身の攻撃の威力+100%」と「絆ポイント獲得量+50%」のイベントボーナスが得られます。

普段以上のパワーでストーリー進行やフリークエスト周回を助けてくれるので、イベント攻略が有利に!能力は後々戻るので限定的となりますが、ここでSイシュタルの圧倒的な強さを体験してみるのもいいでしょう。



キャストリアと相性抜群なうえ、今後のポテンシャルやキャラクター面にも特徴を持つSイシュタル。彼女を入手できるのは、「復刻 セイバーウォーズ2ピックアップ召喚」が終了する1月20日12:59までです。本ピックアップを逃すと、再登場はかなり先になるでしょう。


同ピックアップ召喚では、同じく期間限定サーヴァントである「カラミティ・ジェーン」も登場しますので、セットでの入手を目指して、今回の再登場を機に全力で挑んでみてはいかがでしょうか。

《茶っプリン》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース