『魔界戦記ディスガイア6』体験版なのに「レベル9999」!?“史上最凶のやり込み”を快適に堪能するための、キャラ育成6つのポイント

こんなに育てて、製品版に引き継げるって凄くない…?

ソニー PS4
『魔界戦記ディスガイア6』体験版なのに「レベル9999」!?“史上最凶のやり込み”を快適に堪能するための、キャラ育成6つのポイント
『魔界戦記ディスガイア6』体験版なのに「レベル9999」!?“史上最凶のやり込み”を快適に堪能するための、キャラ育成6つのポイント 全 12 枚 拡大写真

日本一ソフトウェアのシミュレーションRPG「ディスガイア」シリーズ最新作、『魔界戦記ディスガイア6』が、いよいよ1月28日に発売となります。発売に先駆け、1月21日より本作の体験版が配信されました。

マップを自動で戦闘する機能や自動で周回する機能が追加されるなど、従来のシリーズと比べてレベリングがより快適に行えるようになった本作。体験版の段階から数多くのやり込み要素が用意されており、キャラクターのレベルを9999にできるほど充実しています。

そんな体験版のセーブデータを本編に引き継げるというのだから、ついついプレイに力が入ってしまうというもの。本稿では、キャラ育成を効率良く行うポイントを6つに分けてご紹介。製品版で良いスタートダッシュが切れるよう、ぜひチェックしてみてくださいね!

画像は全てPS4版『魔界戦記ディスガイア6』の体験版のものです。

ポイントその1:自動戦闘&自動周回で楽々レベリング


前述した通り、本作にはオート戦闘と自動周回する機能が備わっているため、単調になりがちなレベリングを快適に行えるようになっています。ご飯を食べている時間やお風呂に入っている間にも、キャラクターたちはどんどんレベルアップ。筆者の場合は原稿作業をしている間にレベリングができてしまうため、仕事終わりのちょっとしたご褒美にもなっています。


体験版でプレイできるのがステージ2までとなっているため、人間界の「金持ちの広場」が現段階では一番効率の良いステージ。獲得経験値が50%アップする効果の発動に加え、登場する敵が複数回復活する能力を持っているなど、レベル上げには大変都合の良い構成となっています。


また、オプションメニューにより演出の効果速度を2倍速まで上げることが可能。さらに、後述する暗黒議会を利用すれば演出速度を4倍速にできるなど、レベリングが加速する機能がふんだんに用意されています。「寝ている間にもオート周回を続けたい」という方は、PS4の消費電力機能を忘れずにオフに設定しておきましょう!


ポイントその2:魔ビリティ活用で育成効率アップ


キャラクターは武器や防具といった装備品の他に、戦闘に様々なプラスの効果をもたらす「魔ビリティ」を装着できます。魔ビリティの効果は、ダメージ量をアップさせるものから、自身の回復量をアップさせるものまで、実に様々。中には取得経験値や取得マナを増加させる効果を持つものもあり、装着すると効率よくレベリングが行えます。

魔ビリティはクエスト達成時やスキル屋で購入することが可能。かなりの種類が用意されており、新たな効果を発見するたびに「こんな便利なものがあるのか!」と、レベリングの最大効率を求めていく面白さがあります。


ポイントその3:チート屋を利用して経験値の取得率を調整


シリーズ恒例のチート屋も、体験版の段階からちゃんとあります。チート屋とは、経験値やマナといったキャラクター強化に必要なポイントの取得率を下げることで、別の取得率を上げられる施設。例えば、経験値の取得率を下げたぶん、マナの取得率を上げるといった具合です。

また、チート屋では敵の強さも自由に変更可能です。序盤のステージから多くの経験値を持った、強力な敵と戦うことができるなど、キャラ育成には欠かせない施設となっています。



ポイントその4:悪行指南の報酬を忘れずにゲットしておこう


ステータス画面にひっそりと存在しているため、人によっては見逃しがちな要素になっているかもしれません(気づけなかったのは筆者だけかもしれませんが)。悪行指南では、敵に与えたダメージ数などの目標を達成するたびに、様々な報酬がゲットできます。報酬の中には経験値をアップさせる効果もあるなど、取り逃がし厳禁な要素となっています。


ポイントその5:超転生を繰り返し、キャラクターをさらにパワーアップ!


従来シリーズの転生は、レベルを1に戻す代わりに、ステータスの底上げを行うというものでした。本作ではレベルに応じてカルマというポイントが溜まり、そのポイントを利用することでステータスの底上げに加え、移動範囲や反撃回数がアップするといった成長が加えられるようになっています。

効果の中にはダメージ量をアップさせるものも用意されているなど、まさに「超」という名前に相応しい進化を遂げています。また、超転生を行うたびにランダムで魔ビリティをひとつゲットできるのも、嬉しいポイントです。


ポイントその6:暗黒議会の議員たちをブン殴り、経験値を荒稼ぎ!


超転生やショップに高価な商品を置いてほしいといった要望を叶える際には、暗黒議会の承認を得る必要があります。議員たちと意見が合わなければ議案は否決されてしまうわけですが、「ディスガイア」シリーズでは力づくで承認を取り付けてしまえるのが面白いところ。

武力行使ができるとはいえ、議員の戦闘能力はすさまじく高く、中にはレベル9999もの強敵が出現することもざらです。反対する議員たちとまともに戦えるようになるには、従来のシリーズではストーリー後半でやっとというものでした。

しかし本作では自動戦闘の恩恵もあり、育成次第で体験版の段階から議員たちと対等か、もしくはそれ以上に渡り合うことが可能に。議員を倒せれば序盤から大量の経験値を獲得できますので、ぜひとも攻略しておきたいポイントです。


魔ビリティや悪行指南、超転生など様々なレベリングの効率を上げる機能が備わっており、オート戦闘や自動周回機能が用意されているにも関わらず、奥深いキャラクター育成を楽しめる本作。

筆者は体験版を放置時間を合わせて50時間ほどプレイしていますが、ヘル(ゲーム内通貨)を消費して様々なステータスをアップさせる新要素「ドリンクバー」を活用した育成や、ウェポンマスタリー(武器熟練度)の成長、サブメンバーの育成など、やりたいことがまだまだ残っている状態です。

手を加えるたびにキャラクターの成長効率が跳ね上がっていく過程が本当に面白く、育成好きプレイヤーの心をわし掴みにして離さない作品となっています。製品版の発売が待ち遠しくなること間違いなしの体験版を、ぜひプレイしてみてくださいね!


《島中一郎》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース