『スマブラSP』「ホムラ/ヒカリ」は、通常・横・上×2=6つの必殺ワザを持つ新ファイター! “パワー”と“手数”を使い分けろ

それぞれの特徴を見極め、新たなファイターで大乱闘を勝ち抜きましょう!

任天堂 Nintendo Switch
『スマブラSP』「ホムラ/ヒカリ」は、通常・横・上×2=6つの必殺ワザを持つ新ファイター! “パワー”と“手数”を使い分けろ
『スマブラSP』「ホムラ/ヒカリ」は、通常・横・上×2=6つの必殺ワザを持つ新ファイター! “パワー”と“手数”を使い分けろ 全 42 枚 拡大写真

ニンテンドースイッチソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に、『ゼノブレイド2』の「ホムラ/ヒカリ」が新ファイターとなって参戦。その特徴やワザなどに迫る特別番組「【スマブラSP】ホムラ/ヒカリのつかいかた」が、3月4日に行われました。

配信された時間が遅かったこともあり、リアルタイムで視聴できなかった方も少なくありません。そこで、番組内で明らかになった「ホムラ/ヒカリ」の性能などを、こちらでまとめて紹介させていただきます。

なお、見た目やバランスなど調整される可能性があり、製品版とは一部異なるかもしれないのでご注意ください。

「ホムラ/ヒカリ」の特徴




「ホムラ/ヒカリ」は、切り替え型の2人1組ファイター。下必殺ワザで、ホムラとヒカリが交互に登場します。なお、切り替えをせず、片方だけで戦い続けても、特にデメリットはありません。


最初にどちらで戦うかは、ファイター選択時にYボタンで決められます。


大まかな特徴としては、ホムラがパワー型、ヒカリがスピード型になります。運動性能はヒカリの方が高く、ジャンプなどにも違いが。ヒカリのほうが全体的にスピーディに動けます。


カラーバリエーションは、2×8の16種類。ただし、個々の組み合わせではなく、対になっています。そのため、選択可能な種類は8パターンです。



通常カラーのほかに、「プネウマ」をイメージしたものや、「ヒカリ風ホムラ、ホムラ風ヒカリ」など。

■ホムラの特殊性能「フレアスマッシュ」

横スマッシュ攻撃のダメージも大きく、吹っ飛ばす力も強力。ただし、隙が大きい。

■ヒカリの特殊性能「因果律予測」

本来ダメージを受ける回避の出際に発動し、ダメージ軽減とわずかなスローが発生。反撃のチャンスとしても活かせます。

「ホムラ/ヒカリ」の通常ワザ



通常ワザの体術は、ホムラとヒカリで大きな差はない模様。ただし、スピードとパワーが異なっており、前述の通りヒカリは素早く、威力はホムラの方が高め。また、リーチはホムラの方が少し有利です。

■弱攻撃

単発でアッパースイング、連打で百烈攻撃。

■ダッシュ攻撃

ヒカリは間合いを詰めやすく、ホムラは撃墜を狙える威力。

■強攻撃:ヒカリ

連打でき、牽制向き。ヒカリの強攻撃下は、コンボに繋げやすいといった特徴も。

■強攻撃:ホムラ

ダメージソースになる。

■横スマッシュ攻撃

ホムラは特にダメージが大きく、撃墜が狙いやすい。

■上スマッシュ攻撃

ヒカリは連続ヒット。ホムラは単発高威力。どちらも前方にヒットします。

■下スマッシュ攻撃

左右同時攻撃。ホムラとヒカリで、攻撃速度に差があります。

■通常空中攻撃

ホムラは単発、ヒカリは連続ヒット。コンボもしやすさも異なるようです。

■下空中攻撃

ホムラのみ、メテオ効果があります。

■つかみ

ヒカリは素早く、ホムラは威力が高い。下投げは、どちらもコンボがしやすい。

「ホムラ/ヒカリ」の必殺ワザと、最後の切りふだ


必殺ワザは、ホムラとヒカリそれぞれ持っているため、通常・横・上必殺ワザ×2通りの必殺ワザが使えます。

■通常必殺ワザ:ホムラ「フレイムノヴァ」

左右を同時に攻撃。混戦に強く、ボタン長押しで剣の回転数と威力がアップします。ためれば撃墜も狙えますが、ためのキャンセルや保持は出来ません。

■通常必殺ワザ:ヒカリ「ライトニングバスター」

連続斬撃。当たり判定は前方のみ。ボタン長押しでためられ、リーチが少し伸びます。また、最大までためると、斬撃が1回増えます。また、発動中に無敵も生じるとのこと。

■横必殺ワザ:ホムラ「ブレイズエンド」

剣を投げる飛び道具。当たると連続ヒット。スマッシュ入力で飛距離が伸びます。スマッ
シュでも威力は変わりませんが、当てぐらいでダメージが変動。

剣を投げた後、ホムラは動けます。攻撃はできませんが回避やシールドなども可能。なお、剣を受け取る時に隙ができるのでご注意ください。また、「ブレイズエンド」は反射可能。

■横必殺ワザ:ヒカリ「フォトンエッジ」

ワープしながら突進し、斬撃を加えます。横移動のみで、スマッシュ入力もなし。乱戦に役立ちそうですが、隙は大きいですし、飛び道具やシールドにも弱いので油断大敵です。

復帰ワザとしても使えますし、崖から少し離れている場合は落ちずに止まります。崖に近いと止まらずに落ちるので、ご注意を。

■上必殺ワザ:ホムラ「プロミネンスリボルト」

ジャンプし、着地時に大きな火柱が発生。復帰に使うワザですが、ふっとばし力が強く、撃墜も狙えます。出だしの切り上げはスマッシュ攻撃よりも速いので、有効な場面もありそうです。

■上必殺ワザ:ヒカリ「パニッシュメントレイ」

切り上げ上昇後、地面に向かって光弾を発射。また、上昇中に長押しかボタン連打で「レインボーダスト」に変化します。「パニッシュメントレイ」は強力な弾を1発、「レインボーダスト」は扇状に5発。


「パニッシュメントレイ」のほうが飛距離が長く、全弾当たるならば「レインボーダスト」のほうが高威力。なお、どちらも反射可能です。

■下必殺ワザ:「チェンジ」

ホムラとヒカリの切り替え。正確には「ヒカリチェンジ」と「ホムラチェンジ」。高速切替が可能です。変身時、わずかに無敵が発生します。

■最後の切りふだ


ホムラは撃墜重視の「バーニングソード」、ヒカリはダメージ重視の「セイクリッドアロー」。


最初の斬撃で3人まで巻き込めます。また、最初の斬撃に当たらなくとも、発動後に第三者を巻き込むことができます。


「セイクリッドアロー」は光弾の当たり具合でダメージが変わります。撃墜重視とダメージ重視、状況によって使い分けましょう。

その他


■ステージ「アルストの雲海」

セイリュウの背中が、ステージの舞台となります。セイリュウが雲海を進み、背景には巨神獣(アルス)が現れるほか、旅の仲間がゲストで登場。


このステージは、首の上げ下げやよそ見で、ステージの形や広さが変化します。タイミングによっては復帰が届かなくなる時も。


戦場化・終点化は、オリジナルの台に。

■収録楽曲

追加楽曲は全16曲(新アレンジ3曲含む)。

■特典のスピリッツボード

実装済みの『ゼノブレイド』スピリッツボードは、BGMが『ゼノブレイド2』に置き換え。また、「ハナJS」は、新たにお題を設定。



新規で追加されるのは、「シン」「メツ」「ラウラ」「マルベーニ」「プネウマ」。プネウマは公式アートワークが存在せず、本作のために描き下ろされました。


また「レックス」の超化が可能で、「レックス(マスタードライバー)」になります。


《臥待 弦》

この記事はいかがでしたか?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース