『あつまれ どうぶつの森』で『ポケモン』を完全再現した島が話題に!随所に散りばめられた“冒険の思い出”が懐かしい

『あつ森』で『ポケモン』シリーズの思い出を詰め込んだ島が制作され、話題を集めています。見慣れた風景から「セレクトバグ」といった小ネタまで、懐かしのネタが満載です。

任天堂 Nintendo Switch
『あつまれ どうぶつの森』で『ポケモン』を完全再現した島が話題に!随所に散りばめられた“冒険の思い出”が懐かしい
『あつまれ どうぶつの森』で『ポケモン』を完全再現した島が話題に!随所に散りばめられた“冒険の思い出”が懐かしい 全 4 枚 拡大写真

ゲームの世界を再現したジオラマを作っている「ろぜデパミ」さん(@RozeDepami1085)が、『あつまれ どうぶつの森』で『ポケットモンスター』(以下、ポケモン)を完全再現した島を制作し、話題を集めています。

ろぜデパミさんが“『ポケモン』シリーズの思い出”を詰め込んで制作した本島には、懐かしの場面や小ネタが満載。見慣れた風景からイベントシーンまで、シリーズ経験者がニヤリとしてしまうネタばかりです。


『ポケモン 赤・緑』のエリアでは、道具画面を開いて「セレクトバグ」を再現。先頭に「マウンテンバイク(じてんしゃ)」を置いていたり、「5,000ベル(きんのたま)」を入れていたりと、細かい部分にまでこだわりが見られます。


『ポケモン ルビー・サファイア』でプレイヤーキャラが岩を眺めているのは、当時ネットで「トクサネシティの白い岩を調べると、伝説ポケモン「ジラーチ」が手に入る」というデマが広がった思い出を表現しているそうです。


ろぜデパミさんは以前にも『ポケモン』の島を制作していました。本島はそれが原型になっており、3月18日のアップデートで「マイデザイン枠」が100枠増えたことを機に、さらなるクオリティアップを決意したと言います。

クオリティアップ作業は約1週間ですが、原型も含めた1からの作業時間は約3~4週間になるとのこと。Twitter(@RozeDepami1085)では制作過程も紹介されていますので、合わせてご確認ください。


なお、本島の夢番地および、ろぜデパミさんのマイデザイン作者IDも公開されています。夢番地は「DA-7169-8261-7237」、マイデザイン作者IDは「MA-0019-5711-4753」です。2021年2月からはYouTubeチャンネル「ロゼシティ」も開設しており、レトロゲーム実況を中心に盛り上げていくとのこと。こちらもぜひチェックを。

《茶っプリン》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース