『ウマ娘』レジェンドレースの相手が「サクラバクシンオー」に変更!短距離トップクラスの実力は如何に?作戦は意外にも「先行」

新たなLEGENDウマ娘「サクラバクシンオー」のステータスをチェック!史実を再現した作戦や出走ウマ娘が特徴です。

モバイル・スマートフォン iPhone
『ウマ娘』レジェンドレースの相手が「サクラバクシンオー」に変更!短距離トップクラスの実力は如何に?作戦は意外にも「先行」
『ウマ娘』レジェンドレースの相手が「サクラバクシンオー」に変更!短距離トップクラスの実力は如何に?作戦は意外にも「先行」 全 12 枚 拡大写真

Cygamesが手掛ける育成シミュレーション『ウマ娘 プリティーダービー』。本作で開催中のイベント「レジェンドレース」にて、対戦相手が本日4月21日より「サクラバクシンオー」に切り替わりました。

本イベントは、強力なステータスを誇る“LEGENDウマ娘”にレースで挑戦し、着順が良いほど多くの報酬を獲得できるというもの。開催期間ごとにLEGENDウマ娘は切り替わり、4月21日~4月24日4:59までは「サクラバクシンオー」が相手となります。

これに伴い、イベント報酬も「[サクラ、すすめ!]サクラバクシンオーのピース」に変更。負けても報酬は獲得できるほか、初回1着報酬として「同ピース」×10、「ジュエル」×150、「マニー」×10,000も獲得可能です。

短距離トップクラスの実力者「サクラバクシンオー」のステータス



LEGENDウマ娘である「サクラバクシンオー」のステータスは、スピード・パワーがB+、スタミナ・根性がC、賢さがB、レース場の芝・短距離適正がAなほか、作戦「先行」の適正もAとなっています。

所持スキルは、レース後半に前の方で競り合うと速度が上がる「優等生×バクシン=大勝利ッ」をはじめ、直線加速力を上げる「スプリントギア」、立ち回りを良くする「垂れウマ回避」でラストスパートを補助。

レース中盤に前の方にいると抜かしやすくなる「プランX」、後ろの方だと加速力を上げる「まき直し」、大きく差をつけ先頭だとリードを保ちやすくする「圧倒的リード」と、中盤は3種のスキルがサポートします。ゴールに向けて準備を整える「仕掛け準備」も持ち、見事なレース運びを期待できるスキル構成です。


短距離ウマ娘の中でもトップクラスの実力を備え、LEGENDウマ娘として相手取る際にはどれほどの強敵になるか注目された「サクラバクシンオー」。しかしステータスだけ見るならば、前2戦の「キングヘイロー」と「タイキシャトル」の方が高く感じます。

作戦も定番の「逃げ」ではなく、まさかの「先行」。こちらも得意ではありますし、史実の「スプリンターズステークス」も先行寄りの走りで優勝しました。それを再現しているのかもしれません。

史実でも競った「ニシノフラワー」と「ビコーペガサス」が出走



出走するウマ娘には「ニシノフラワー」と「ビコーペガサス」が登場します。どちらも史実の「スプリンターズステークス」にて、「サクラバクシンオー」と上位争いを繰り広げたウマ娘です。

「ニシノフラワー」は1993年で3着、「ビコーペガサス」は1994年で2着、「サクラバクシンオー」は両方で1着を記録。今回のレジェンドレースは、ライバルたちが集まった夢のレースというわけです。

なお、「サクラバクシンオー」と「ニシノフラワー」は作戦「先行」なので、先行デバフがあれば2人を巻き込めて便利。本レースで勝つために、改めて先行デバフ持ちを育成するのもありですね。




プレイヤー間で定番の「逃げ」ではなく、史実で見せた「先行」でのレースとなる「サクラバクシンオー」ですが、油断を許さない強敵です。筆者も初日は3戦3敗に終わりました。調子が“絶不調”の際にも負けたのは悔しいの一言です。

負けたとしても「[サクラ、すすめ!]サクラバクシンオーのピース」を入手できるほか、初回1着報酬は「同ピース」×10、「ジュエル」×150、「マニー」×10,000、さらにはトロフィーと豪華。同じく勝てなかった方も、最終日まで諦めずに挑み続けましょう!


《茶っプリン》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース