おすすめのゲーミングイヤホン3選─ヘッドセットだと耳が痛くなる人にピッタリ!ボイスチャット向きマイクも紹介

ヘッドセットを着けていると耳が痛くなる方におすすめなゲーミングイヤホン!ニンテンドースイッチに最適なモデルも紹介します!

その他 インサイド レコメンド
おすすめのゲーミングイヤホン3選─ヘッドセットだと耳が痛くなる人にピッタリ!ボイスチャット向きマイクも紹介
おすすめのゲーミングイヤホン3選─ヘッドセットだと耳が痛くなる人にピッタリ!ボイスチャット向きマイクも紹介 全 5 枚 拡大写真
迫力ある音を体験したり、FPSで敵の足音を聞き分けたりなどゲームを最大限に楽しむにはゲーミングヘッドセットが欠かせません。しかし、普段からヘッドセットを付け慣れていない方は、耳が圧迫されて痛みを感じてしまう可能性もあります。そこでおすすめしたいのがゲーミングイヤホンです!

ゲーミングイヤホンは耳へのフィット感があり、重さも軽いので負担も少ないのが魅力です。現在ゲーミングイヤホンは数々のメーカーが販売していますが、今回はおすすめの商品をピックアップしました。また、イヤホンと合わせて使えるマイクも紹介します。

耳が痛くならないおすすめのゲーミングイヤホン3選


HyperX Cloud Earbuds ゲーミングイヤホン



まず紹介するのが、HyperXの「Cloud Earbuds」です。こちらはニンテンドースイッチをポータブルモードでプレイする方におすすめのゲーミングイヤホン。理由はプラグ部分が90°の屈折プラグになっているので、スマートにニンテンドースイッチへ装着が可能になるからです。また、コードが絡まりにくいようにゴム加工されているので、移動先でもスムーズにゲームを始められます。

独自開発のシリコン製イヤーチップは快適で、長時間のゲームプレイでも耳の中が痛くならずプレイ可能です。イヤーカップは3つのサイズが付属しているので、自分の耳に合ったサイズを選択できます。強化された重低音やクリアな高音は、『モンスターハンターライズ』などの臨場感あふれるゲームをさらに盛り上げてくれますね。

インラインマイクが付いているため、このイヤホンひとつで『Apex legends』などのボイスチャットでの意思疎通が重要なゲームも楽しめます。ゲーム以外にも多機能ボタンを操作すれば、通話の応答や音楽の再生など様々な用途で使えます。

Razer Hammerhead Pro V2



世界中にファンがいるゲーミングブランドRazerの「Hammerhead Pro V2」は、ブランドカラーでもある緑のデザインが特徴的なゲーミングイヤホンです。従来のものから耐久性を改良し、絡みにくいフラットスタイルの新しいケーブルを採用することによってより頑丈に。

音のクオリティは10mmダイナミックドライバーが内蔵されているので、透き通った高音と重みの感じられる重低音が楽しめます。カナル型イヤホンになっているので遮音性が高く、外部の音に邪魔されずにゲームへ集中できますね。

PCや家庭用ゲーム機以外にもモバイルゲームにも対応しており、iOS端末やAndroid端末でもその性能を発揮します。Bluetooth接続専用モデルもあり、コードレスで遊びたい方はそちらもおすすめです!

ROCCAT SCORE ROC-14-220



ROCCATの耳への負担を最小限に抑えたゲーミングイヤホン「ROCCAT SCORE」。音が流れてこなければ装着していることに気づかないほど、軽量に設計されています。また、メモリーフォームのイヤーフックが採用されているため、自分が快適と感じる形状に自由に変形。7種類も付属するイヤーカップと合わせればピッタリフィットするイヤホンになります!

重低音が得意な10mmドライバーと中高音が得意な6.5mmドライバーのデュアルドライバー設計になっており、バランスの取れたハイクオリティなサウンドを楽しめます。パッシブノイズキャンセリング機能も付いています。

ケーブルに配置されているオーディオコントロールは、マイクのミュートや音楽の再生・停止・スキップが操作可能で、ゲーム以外にも便利。PC用アダプターも付属しているため、PCゲーマーにもおすすめしたいゲーミングイヤホンです。

ボイスチャット使えるおすすめマイク2選


ゲーミングイヤホンのマイクはコードに配置されているタイプが多く、ヘッドセットの口元に自由に配置できるマイクより精度は悪くなってしまいます。しかし、専用のマイクを使えば自分の声をしっかり拾ってくれるので、ボイスチャットでも正確に仲間に伝えられます。ここではボイスチャットで使いたいマイクを2つ紹介します。

Razer Seiren Mini



Razerの「Seiren Mini」の特徴はコンパクトな設計。マイクの集音範囲は狭く設計されているので、キーボードやマウスの操作音などの余分な音を最小限に抑えてくれます。

マイクを支えるベースは頑丈に作られており、声が拾いやすい最適な角度に自由に調整が可能。また、ブームアームやマイクスタンドに取り付けても画面の邪魔にならないサイズ感です。さらに、内蔵式ショックマウントが衝撃を吸収してくれるので、マイクにぶつかってしまっても相手の耳を痛めません。

HyperX QuadCast



こちらの「HyperX QuadCast」は、高性能なコンデンサーマイクを求める方におすすめなフル機能搭載のスタンドアロンマイクです。4つのパターンを選択でき、楽器の演奏などに向いている「ステレオ」・複数人での使用には「無指向」・ボイスチャットなどストリーミングには「カーディオイド」・対面のインタビューに「双方向」から選べます。また、マイクの底にあるダイヤルで感度調整もとても簡単!

また、DiscordとTeamSpeakの認定を受けているので、それらチャットアプリを使えば仲間と高音質のボイスチャットを楽しめます。性能の高さに合ったお値段となっているため、マイク慣れしている方におすすめの商品ですね。



以上、ヘッドセットでは耳が痛くなってしまう方向けのゲーミングイヤホンと、高音質のボイスチャットができるマイクを紹介しました。ぜひ自分に合った物を使って快適にゲームを楽しみましょう!

《酒井 雄斗》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース