GWにお勧めな「コスパ良し&ボリューム満点」のPS4ソフトを紹介! セールや無料配信も─長期連休があっさり溶けそう……

ボリュームたっぷりのゲームで、ゴールデンウィークを過ごしたい! でも、出費は抑えたい! そんな声にお応えし、お得&ボリューミーなPS4ソフトをご紹介。期間限定のものもあるので、早めにチェックを!

その他 特集
GWにお勧めな「コスパ良し&ボリューム満点」のPS4ソフトを紹介! セールや無料配信も─長期連休があっさり溶けそう……
GWにお勧めな「コスパ良し&ボリューム満点」のPS4ソフトを紹介! セールや無料配信も─長期連休があっさり溶けそう…… 全 5 枚 拡大写真

今年もゴールデンウィークを迎えましたが、外出せず家で過ごす方も多いはず。そんな時にお供にしたいのは、まだ遊んでいないゲームソフトでしょう。

注目タイトルは毎月のように登場していますが、懐が気になって気軽に買えないのもまた事実。ダウンロードソフトならば、手頃な価格で面白いものも数え切れないほどありますが、ボリュームについては値段相応の場合も。長期連休のゴールデンウィークを乗り切ろうと思ったら1本では足りないかもしれず、かといって数本買えばフルプライスの新作とあまり変わらない出費になりかねません。

そこで今回は、1本でもたっぷり遊び尽くせるボリュームと、高くても2,000円台前半で購入できるコストパフォーマンスを合わせ持つ、この連休にうってつけのPS4ソフトをご紹介! 今だけのセールタイトルや、環境さえあれば無料で遊べるソフトもあるので、どうぞお見逃しなく。

今だけなんと、無料で配信!『Horizon Zero Dawn Complete Edition』



自宅で過ごすゲームファンを応援する「Play At Home」の一環として、オープンワールド・アクションRPG『Horizon Zero Dawn Complete Edition』が、期間限定ながら無料で配信中。PS4本体とオンライン等の必要な環境さえあれば、誰でも本作をダウンロードできます。

オープンワールドと一口に言っても様々ですが、本作の舞台は冒険心を十分満足させられる広さがあり、狩りの手応えを感じさせるアクション性の良さと相まって、時間があっという間に過ぎてしまうほど。


しかも、『Horizon Zero Dawn』に加え、有料コンテンツ「凍てついた大地」も含むComplete Editionなので、ボリュームについても折り紙付き。プレイスタイルによっては、ゴールデンウィークだけでは遊びきれないかもしれません。

配信は期間限定ですが、ライブラリーに加えておけば今後ずっと遊べるので、プレイ時間が割けないという方は、ひとまず入手だけでも済ませておきましょう。なお、配信期間は5月15日の正午までです。

「PS Plus」に加入すれば、オープンワールド・サバイバル『Days Gone』がフリープレイで楽しめる



様々な恩恵が受けられる、月額制の有料サービス「PS Plus」。オンラインマルチプレイに欠かせないサービスでもあるので、加入し続けているという方も多いことでしょう。

この「PS Plus」による恩恵のひとつに、加入者なら無料で対象タイトルを楽しめる「フリープレイ」というサービスがあり、今ならば『Days Gone Value Selection』が楽しめます。

『Days Gone』もオープンワールド採用しているアクション性のある作品ですが、『Horizon Zero Dawn』とは方向性が異なり、こちらはサバイバルアクション。文明と秩序が崩壊し、フリーカー(ゾンビのような怪物)が蔓延する危険な世界で、それでも抗うことを止めない人間たちの姿を描いています。


こちらも物語の舞台が広域にわたっていますが、現代の文明が廃れた世界観なので、『Horizon Zero Dawn』とはまた違うゲーム体験が味わえます。既に「PS Plus」会員なら追加費用なしでプレイできますし、『Days Gone』目当てで1ヶ月分(850円)だけ加入するのもひとつの手。荒廃した世界のサバイバルACTを楽しみたい方は、候補に加えてみてください。

なお、「PS Plus」による『Days Gone Value Selection』フリープレイの提供期間は、5月5日まで。期間内にライブラリーに加えれば、「PS Plus」加入中はいつでもプレイ可能です。また、本稿の対象とは異なりますが、『Oddworld: Soulstorm』(こちらはPS5のみ)と『Zombie Army 4: Dead War』もフリープレイになっています。

『JUDGE EYES:死神の遺言』が、お買い得価格になって帰ってきた!



龍が如くスタジオがこれまで積み上げてきた経験と蓄積を存分に活かし、新たな方向性を打ち出して注目を集めた『JUDGE EYES:死神の遺言』。主人公に木村拓哉さんを起用するなど話題性も満点でしたが、そのゲーム性自体も高く評価されています。

上記2作と違い、こちらは現代の日本で、街の一角が舞台となります。作品世界の広さという意味では一歩譲るものの、本作は地域を絞って深く濃く描くスタイル。舞台となる「神室町」で、濃密な人間ドラマを満喫できる一作です。


本作は2018年12月に発売され、 2019年7月には新価格版をリリース。そして、2021年4月23日に価格改訂を行い、なんと1,980円というお価格で三度の登場を果たしました。当時フルプライスだったタイトルが2,000円を切るコストパフォーマンスの高さは、一考する価値が十分あります。

PS5をお持ちの方は、『JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered』が同価格で発売されているので、こちらで遊ぶのもお勧めです。Xbox Series X | S向けのリマスター版もありますが、DLCがセットになったダウンロード専売で、価格も異なるのでご注意ください。

「GOLDEN WEEK SALE」にも、お得でボリューミーな作品がたっぷり!


ゴールデンウィークに合わせ、PSストアでは新たなセールが始まりました。こちらも魅力的なタイトルが揃っていますが、ラインナップが膨大なので、その中でも今回のテーマに沿うものを厳選してお届けします。


時間が溶けていく冒険といえば、やはりオープンワールド作品が鉄板。『ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション』ならば、その望みを存分に叶えてくれます。2015年発売なので今回取り上げる中では古株の作品ですが、当時大きな評価を得た名作を、この連休を利用して触れてみるのも一興でしょう。選択によって変わりゆく物語と掴み取った結末を、どうぞご覧あれ。今ならセール価格で、1,426円です。


続いては、小島秀夫氏が手掛けた意欲作『DEATH STRANDING』が、70%OFFの2,277円でセール中。荷物を届けることで世界が繋がっていく本作では、人とのつながりを疑似体験できる仕組みが用意されています。映画を見るような満足感が得られる構成も味わい深いので、一味違う作品が遊びたい方はこちらもご一考ください。


長い歴史を重ね続ける『アサシン クリード』シリーズからは、『アサシン クリード オリジンズ』(セール価格:1,062円)と『アサシン クリード オデッセイ』(セール価格:1,848円)をピックアップ。シリーズ作ですが、それぞれ単独で各時代を描いているので、作品単体でも十分に楽しめます。当時の世界を再現する見事な舞台美術も、圧巻の一言。プレイする際はじっくりとご覧あれ。なお、2,640円とやや価格が上がりますが、『アサシン クリード オデッセイ ゴールドエディション』もセール対象です。

このほかにも、複数の主人公で描く叙事詩と美麗かつ爽快感のある2DアクションRPG『オーディンスフィア レイヴスラシル 新価格版』(セール価格:2,189円)や、『龍が如く6 命の詩。』(セール価格:1,919円)を始めとするシリーズ全般など、多種多彩な作品がお得に購入できます。


また、ヒット作が手頃な価格で楽しめる「PlayStation Hits」のタイトルも、今回のセールで更にお安くなっています。例えば、定価だと2,189円の『Bloodborne』が、わずか985円に。この他に、『ゴッド・オブ・ウォー』や『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』、『アンチャーテッド 古代神の秘宝』なども、ほぼ同額のセール価格に。セールではお馴染みになりつつあるラインナップですが、定番も押さえておきたいところです。

今回は、コンセプトに合致するタイトルをピックアップしましたが、時間がある方は「GOLDEN WEEK SALE」全般をチェックするのもオススメです。セール価格は5月12日までなので、どうぞお早めに。

この連休を使って遊び尽くす1本を、無料配信やお得価格の作品から選んでみてください!



《臥待 弦》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース