オフラインでも楽しめるPS4・スイッチのパーティーゲーム8選!ゴールデンウィークはおうち時間を満喫しよう

『桃太郎電鉄』、『マリオパーティ』、『ヒューマン フォール フラット』、『ぷよぷよテトリス』など、対戦アクションからパズルゲームまでみんなで盛り上がれるパーティーゲームをピックアップしました!

任天堂 Nintendo Switch
オフラインでも楽しめるPS4・スイッチのパーティーゲーム8選!ゴールデンウィークはおうち時間を満喫しよう
オフラインでも楽しめるPS4・スイッチのパーティーゲーム8選!ゴールデンウィークはおうち時間を満喫しよう 全 9 枚 拡大写真
2021年最初の大型連休であるゴールデンウィーク、みなさんはいかがお過ごしですか?新型コロナウイルスにより外出することもままならず、おうち時間が増えている方も多いかと思います。

そこで自宅にいながらわいわい熱中して楽しめる、おすすめのパーティーゲームを紹介します。今回はPS4とニンテンドースイッチからそれぞれ4タイトルをピックアップ。子どもがいる家庭でも楽しめるよう、比較的操作が簡単なものを選んだので、家族揃って楽しめること間違いなしです!子どもだけでプレイできるものも多いので、その間に落ち着いて家事ができちゃうかもしれません。

オフラインでパーティーゲームをするときの注意点



オフラインで複数人で遊ぶとき、気を付けなければならないことが、「オフライン対応人数」と「コントローラーの必要数」です。せっかくみんなで楽しむために用意しても、ひとりしか遊べなかったり、コントローラーが足りなかったりするとガッカリしちゃいますよね。

ただゲームによっては、トーナメントやリーグ戦などで交代しながらプレイしても楽しめる場合もあります。いざプレイを始めたけれどコントローラーの充電が足りなかったという場合などは、ちょっとした工夫を取り入れてみましょう。

PS4・ニンテンドースイッチでプレイできる!おすすめパーティーゲーム8選


PS4『いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY』



人生ゲームのようにサイコロを振って、資産を増やしていくすごろくゲームです。止まったマスによって行動が決まり、お店を購入したりカジノを楽しんだり。さらに相手のお店を買収したりとさまざまなアクション行い、目標金額をいち早く達成したら勝利となります。難しい操作は必要ないので、簡単にすぐ始められますよ。

1991年の発売から長らく愛されているシリーズ最新作で、名作RPGの『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』に登場するキャラクターたちが可愛くデフォルメされているのも特徴です。今作からフルボイス対応にもなり、キャラクターが生き生きとリアクションしてくれるのも盛り上がりますね。


PS4/ニンテンドースイッチ『ヒューマンフォールフラット』



ふにゃふにゃくねくねのキャラクターを操作し、数多くのオブジェクトやギミックをクリアしていくアクションパズルゲームです。一番の特徴はプレイヤーが操作する真っ白なボディのキャラクター。粘土のようにくにゃくにゃで思ったとおりに動いてくれないため、アクションに失敗してもコミカルな愛らしさと笑いをもたらしてくれます。

本作も難しい操作は必要なく、チェックポイントも細かく設定されているので、ゲーム初心者や子どもでも楽しくプレイできます。ただし、オフラインマルチプレイは2名までです。協力プレイで一緒に手助けしながらステージをクリアしたり、親としてかっこいいところを見せられる機会になるかもしれませんね!


PS4『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』



太鼓をテーマにしたリズムアクションゲーム『太鼓の達人』。プレイヤーが叩く面は太鼓とフチの2種類のみで、子どもにもルールが分かりやすいのが魅力です。また、収録楽曲は流行の歌からアニメソングまで豊富なラインナップがあり、子どもから大人まですべての世代で楽しむことができるため、家族で盛り上がるにはもってこいのゲームタイトルです。


なお、ニンテンドースイッチでは『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』というタイトルが発売されています。こちらは演奏モードが2人まで、パーティーモードは4人までプレイが可能です。


PS4/ニンテンドースイッチ『ぷよぷよテトリス』



不朽のブロックゲームである『ぷよぷよ』と『テトリス』がひとつのソフトで遊べるのが本作です。片方のルールだけでプレイしたり、両方のルールで対戦したりといったさまざまルールで遊べるのが特徴。さらに同じ盤上に『ぷよぷよ』と『テトリス』が入り混じって降ってくるモードもあり、一味違った遊び方ができます。



ニンテンドースイッチ『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』



パーティゲームとしては定番のシリーズである『桃鉄』は、サイコロを振って全国の物件を売買しつつ、総資産を増やしていくゲームです。プレイヤーに迷惑をかける貧乏神(通称ボンビー)や便利な効果をもたらずカードといった要素によって、競争心が煽られ熱くなってしまうこと間違いなしです。さらに各地の特産物やイベントなどもゲームの中に組み込まれているので、遊びながら全国を小旅行できることもコロナ禍にはピッタリではないでしょうか。


ニンテンドースイッチ『世界のアソビ大全51』



オセロや大富豪などのメジャーなゲーム、マンカラやチャイニーズチェッカーといった世界のゲームまで、全51種類のアソビがぎっしり詰まっている作品です。「ボードゲーム・カードゲーム・スポーツ・バラエティ」の計4ジャンルを収録。簡単操作でプレイできるものが多いので、子どもでもルールを理解して楽しく遊べますよ。

変わり種としては、ゴルフ・ボウリング・フィッシング・的あてなど、外出気分も味わえるものもあります。新たなゲームとの出会いは大人でも心がワクワクしてしまいますね!


ニンテンドースイッチ『スーパー マリオパーティ』



『マリオパーティ』シリーズは、すごろく風のボードゲームと多彩なミニゲームで対戦し、順位を競うパーティーゲームです。今作では最大4人で対戦が可能。ミニゲームによっては1v3や2v2といった対戦方式があり、「昨日の敵は今日の友」のような盛り上がりも味わえます。直感的な操作が多いので、アクションゲーム初心者や子どもでも楽しくプレイできます!


ニンテンドースイッチ『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』



本作は対戦格闘ゲームですが、相手の体力ゲージを減らすのではなく、場外にふっ飛ばしたり落下させたら勝ちとなります。プレイヤーはジャンプや攻撃を駆使して戦うため、他のゲームよりも操作性は要求されますが、シンプルで分かりやすいルールのため子どもにも遊びやすいゲームです。

今回では過去に登場したキャラクターを含め、70体以上をプレイできるためやり込み要素もバッチリ。ゴールデンウィーク中に限らず、1年を通して楽しめるのでコスパは最強です。ニンテンドースイッチ1台で2人のオフラインプレイができ、対戦も協力も可能。動画編集もできるので、思い出のシーンをかっこよく保存しておくのもいいですね!





今回はコロナ禍で満足に外出ができないからこそ、おうちで盛り上がれるパーティーゲームを紹介しました。対戦に負けて悔しくなったり、協力してハイタッチしたり、長期休みはゲームでたくさんの思い出を作りましょう!

《マンボウ》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース