光!海!風!スーファミの『魔法騎士レイアース』を元モーニング娘。小川麻琴×小川満鈴の“ダブル小川”で語る!

元モーニング娘。の小川麻琴さんとの対談連載「第3弾」です。

任天堂 その他
光!海!風!スーファミの『魔法騎士レイアース』を元モーニング娘。小川麻琴×小川満鈴の“ダブル小川”で語る!
光!海!風!スーファミの『魔法騎士レイアース』を元モーニング娘。小川麻琴×小川満鈴の“ダブル小川”で語る! 全 14 枚 拡大写真

元「モーニング娘。」のメンバーである小川麻琴さんとは同世代であり、色々と懐かしい話をするうちに、意気投合!“ダブル小川”で、色々なテーマを語っていきます!

【小川麻琴 プロフィール】
1987年10月29日生まれ。新潟県柏崎市出身。
2001年モーニング娘。に5期メンバーとして加入。2006年に卒業後、ニュージーランドへ語学留学。帰国後は舞台を中心に、TV、ラジオ、イベント等様々な分野で活動。東洋大学での講師や、スマートフォンアプリのプロデュースも努める。

2013年TOEIC800点を取得し「小川麻琴のドラマチック・イングリッシュ」を出版。2015年フリーに転身後も舞台を中心に様々な分野で活動をしながら、地元柏崎市の魅力を広く発信していくため「柏崎ファンクラブ名誉会員」の一員としても積極的に活動中。

元「モーニング娘。」小川麻琴×小川満鈴の“ダブル小川”で語るレトロトーク!『美少女戦士セーラームーンSuperS 全員参加!!主役争奪戦』編
さくらちゃんのブルマが眩しいよ!ドリキャスの『カードキャプターさくら』を元モーニング娘。小川麻琴×小川満鈴の“ダブル小川”で語る!

小川麻琴(以下麻琴):インサイドをお読みの皆様、こんにちは小川麻琴です!最強のセーラームーンのマニアであって、偶然にも同じ「小川」の小川満鈴さんとの3回目の対談です!満鈴ちゃん、今回もよろしくお願いします。

小川満鈴(以下満鈴):はい!楽しみにしていました!今日は何の作品を紹介すると思う?

麻琴:んー、、わかりません(笑)。満鈴ちゃん、マニアックすぎて毎回なんの作品になるのかドキドキしてるよ(笑)。

満鈴:そ、そうなのね……。でもきっと今回の作品は知っているはず!

麻琴:そうでありますよーに!!


満鈴:今回紹介したいのは、「なかよし」で1993年から連載されていた漫画、『魔法騎士レイアース』でございます!

麻琴:わぁ、「なかよし」めちゃくちゃ読んでたなぁ。『魔法騎士レイアース』は、作品名はもちろん知ってるんだけど、内容はかなりうろ覚えだ……。


満鈴:ちなみにだけどね、作者は前回紹介した「カードキャプターさくら」と同じCLAMPという作家さんなんだよ。ほら見て、なんとなく絵のタッチが似ていると思わない?

麻琴:あ、本当だ。言われてみれば確かに!

1995年発売のスーパーファミコン『魔法騎士レイアース』

満鈴:まずは『魔法騎士レイアース』のスーパーファミコンのゲームを紹介するよ。

麻琴:やばい……。ついていけるかな。でも、もちろん興味はあるよ!

満鈴:この作品、個人的な感想だけれどね、神ゲーです。


麻琴:ちょっと待って!面白いゲームってそもそも「神ゲー」っていうの?(笑)そこからそこから。

満鈴:あ、これって一般的じゃないのか……反省(笑)。でもね、この作品はいわゆる『ドラクエ』のようなRPGなんだけれど、本当によくできているんだ。

麻琴:『ドラクエ』はわかる!つまり、魔法騎士レイアースの“ドラクエ風”ゲームってことだよね。


満鈴:うん。そう思ってもらって大丈夫だと思う。でも、『スーパーマリオRPG』に近いと言った方がいいかも?

麻琴:待って……それは一体何が違うのかしら?ド“ラクエ風”で止めておいて(笑)。

満鈴:分かったよー(笑)。そしてね、主人公である、光(ひかる)、風(ふう)海(うみ)が大冒険をしていく感じなんだ。ちなみに、麻琴ちゃんはどれが好み?全員中学2年生!




麻琴:こ、好み?う~ん、それぞれの性格とかわからないからなぁ。でも、見た目でいくと海ちゃんかな。

満鈴:なるほど!被らなくてよかった~、ちなみに私は風ちゃんが好きなんだよね。スカート短くてパンツ見えそうだし。

麻琴:…………。

満鈴:え、何か?(笑)

麻琴:満鈴ちゃんがたまにわからないよ……(笑)。

満鈴:そ、そうかな……。じゃあ「魔法騎士レイアース」のグッズ紹介に移ろうかな。

麻琴:はい、そうしてください……(笑)


満鈴:これはね、「魔法騎士レイアース 魔法スタンプ工房」というおもちゃなんだよ。

麻琴:すごいレトロ感!これは可愛い。

満鈴:でしょ、これ結構すごいよ。


麻琴:分かった!これで「魔法騎士レイアース」のスタンプが押せるんじゃない?

満鈴:惜しい!実はね、スタンプ自体を作るおもちゃなんだよ。

麻琴:なんと、上をいってた(笑)。


満鈴:ただ、まあまあ自分の技術も多少必要になってくるんだけども。

麻琴:大変そうだけど、スタンプが完成した時の感動を味わえそうだよね。

満鈴:まあ、私、そう言いつつ、まだやったことないんだけどね……。

麻琴:いつも思うんだけど、満鈴ちゃんってこういうグッズをどうやって見つけてくるの?普通に暮らしていても、なかなか目にとまらないよね?

満鈴:う~ん、でも多分私の普通がそもそもレトロ大好きアンテナだから、勝手に目がいっちゃうというか調べちゃうというか……。

麻琴:なるほどなぁ。やっぱり「好き」っていうエネルギーは凄いよね!次回の作品は一体なんなのだろうか……ドキドキ。

満鈴:次回もすごいよ……。

麻琴:私、ついていけるかしら(笑)。

【関連記事】
misonoと“セーラームーンマニア”小川満鈴が「犬夜叉」を語る!「イタズラなKISS」から17年、“何くわぬ顔”してその見た目や性格に憧れていた、あの頃



ちなみに、こちらが私が個人でやっているセーラームーンを中心としたグッズコレクションのサイトです。よろしければご覧くださいませ!

美少女戦士セーラームーン グッズコレクション
http://ogawansailormoon.versus.jp/ogwansailormoon/sailormoontop.html

■著者紹介:小川満鈴

恋愛関係から昭和のレトログッズまで幅広く、しかもそれぞれマニアックに語って書ける女性ライター。日本一のセーラームーングッズコレクターでもある。

美少女戦士セーラームーン グッズコレクション

《小川満鈴》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース