約1,000台のマシンがメキメキメキ!違法盗電のビットコインマイニングに使われた専用機器が政府によって廃棄処分【UPDATE】

違法盗電によるビットコインマイニングは、マレーシアが国を挙げて取り締まっているとのことです。

その他 全般
約1,000台のマシンがメキメキメキ!違法盗電のビットコインマイニングに使われた専用機器が政府によって廃棄処分【UPDATE】
約1,000台のマシンがメキメキメキ!違法盗電のビットコインマイニングに使われた専用機器が政府によって廃棄処分【UPDATE】 全 1 枚 拡大写真

マレーシアにて、違法に盗電して行われたビットコインマイニングが摘発され、使用された機器が廃棄処分されました。

現地のメディアThe Starによると、マレーシアのミリに住む8人が、なんと1,069台もの専用マシンを使ったビットコインマイニングを行うために電力を盗んだ疑いで起訴されました。そのうち6人は、最高8,000マレーシアリンギットの罰金と最高8ヶ月の懲役が課せられました。

本件の捜査はマレーシア当局とマレーシアの電力会社・Sarawak Energy Berhadの共同で行われました。ミリ警察署長のHakemal Hawari氏によると、Sarawak Energy Berhadが所有する送電線から電力を吸い上げてマイニングマシンに供給し、3ヶ月で約2億円相当の電力を盗んでいたとのこと。この盗電により頻繁に停電が発生したほか、2021年には違法な電力供給接続により「3軒の家が壊された」と説明しました。

押収されていた違法ビットコインマイニングに使われた1,069台の専用マシンは裁判の決着後、ロードローラーで踏み潰され廃棄処分されました。廃棄処分の様子がYouTubeにて公開されており、大量のマシンが巨大なロードローラーに踏み潰されメキメキと音を立てる様子が確認できます。

このような違法ビットコインマイニングの取り締まりは近年増加しており、マレーシアが国を挙げて取り組んでいるとのことです。

※UPDATE(2021/7/19 16:45):当初、ビットコインマイニングに使われた機器を「PC」と表記していたところを「専用マシン」に修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。

《みお》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース