横になってPCやゲームができる環境づくりおすすめセットーBauhutteでそろえる自分だけの理想郷!

イスに座ってPCゲームや作業をしていると、腰や首が痛くなる問題に直面しますよね。そこで、今回は「寝転びながらPCやゲームがプレイできる環境づくり」におすすめな商品を一式ご紹介します!

その他 全般
横になってPCやゲームができる環境づくりおすすめセットーBauhutteでそろえる自分だけの理想郷!
横になってPCやゲームができる環境づくりおすすめセットーBauhutteでそろえる自分だけの理想郷! 全 7 枚 拡大写真

イスに座ってゲームや長時間作業をしていると腰や首が痛くなりますよね。予防グッズや高さを調整することで改善できないかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。筆者もそのひとりで、肩こりからくる頭痛や腰痛などにも苦戦する日々を送っています。

そこでふと思ったのです……「横になって操作ができればすべて解決するのでは?」と。思い立ったが吉日ということで、早速「寝転びながら作業ができるPCデスク」の構築に必要な情報を漁ったところ、あるメーカーで一式そろえると統一感を出しつつ、かっこいい環境構築ができることが判明しました!

今回は、ゲーミング家具ブランドのBauhutte(バウヒュッテ)で、「寝転びながらPCやゲームができる環境づくり」におすすめの商品をまるっと一式ご紹介します!

寝転びながらゲームを堪能するなら6つのアイテムが必要!

Bauhutte ロングモニターアームGS BMA-1GS-BK

寝転んで作業をする環境づくりに欠かせないのがモニターアームです。横になる体勢の場合、通常のモニターアームだと長さが足りずに快適な箇所へ設置できません。そんな問題を解決する本商品は、最大78センチメートルの可動域を持っており、高さや奥行きも自由自在です。

全部で7軸の関節で調節できるので、座って作業したい時もベストな位置にモニターを移動できます。アームに合わせて目隠し配線収納も可能なため、混雑しやすいモニター裏もすっきり。ガス圧式リフトで位置調整に強い力を必要とせず、本体の取り付けも「デスクを傷つけないクランプ式・がっちり固定のグロメット式」の2パターンから選べます。

土台にはUSBポートが2つ付いており、PC本体以外にも接続できるため、スマホなどの充電にも対応可能。寝転ばずとも快適なデスク環境を実現できる点も利便性の高さが伺えます。



Bauhutte PCデスク BHD-1200M

コロナ禍でデスクワークや自宅の時間が増えた昨今、「自分で高さを変えられるデスク」への需要は多いと思います。そこをしっかりとカバーした本商品の大きな特徴が「無段階の高さ調整」です。この機能は、高ければ太もも裏が圧迫され血流が悪くなり、低ければ姿勢が悪くなり猫背や首への負担が大きくなってしまう、という問題を解決します。

水平調整のために脚部にネジがあり、多少の傾きはカバーできます。さらに、デスクの横揺れなどの対策としてクロスバーや背部パイプ、脚部のぐらつき防止の底板を採用し、安定感抜群のデスクとなっています。幅80・100・120センチメートルの3サイズが展開されており、さまざまなユーザーを想定した構築は人を選ぶことがなく、自室の形に合わせてレイアウトも決めやすいのもいいですよね。



Bauhutte ゲーミングチェア G-550-BK

Bauhutteの人気ゲーミングチェア「RS-950RR」の新たなスタンダードモデルとして発売。「座面部分とキャスター部分」が改良されており、座面クッションは110ミリメートルと従来より2倍近い厚みを実現。お尻をしっかりと保護し、長時間座っても痛く感じにくくなりました。
キャスター部分は移動性を重視し、ロック機能をなくしてチェアに座ったままでもスムーズな移動が可能に。最大135度のリクライニングやシートをゆりかごのように揺らせるロッキング機能があるため、PC作業以外にも読書やスマホを触るリラックスタイムにも使え、正直これ1台あれば快適なプライベート時間を過ごせちゃいますよ!

日本人のために設計された低座面設計や、ヘッドレストやランバーサポートといった人体構造に合わせた設計は「きれいで楽な姿勢」で作業する手助けをしてくれます。意外に邪魔だと感じることもあるアームレストは、前後左右上下に自分の好みに合わせて動かせるので筆者のおすすめポイントです。



Bauhutte ゲーミングデスク BHD-670L-BK

ロック付きキャスターで移動も簡単にできる、昇降機能付きタイプのロースタイルゲーミングデスク。アームレストやサイドデスクなど多岐にわたる用途に対応しています。ゲーミング座椅子などの座面が低い環境用に作られており、寝っ転がるのであればアームレスト兼マウス置き場として活用するのがベストです。

スチール製の着脱式パンチングボードはPC本体を保管することに最適で、穴あきボードでしっかりと排熱しつつ保護できます。さらに、取っ手付きで取り出しやすく、座って作業するときは足元に収納して広々とスペースを確保できる点も柔軟性があっていいですね先にご紹介したデスクと合わせることで、座って作業するもよし、寝転んで作業するも可能とまさに理想境を構築できる必須アイテムです。



Bauhutte ゲーミングオットマンワイド BOT-700-BK

こちらは寝転ぶ体勢時に便利な足を伸ばす用の「オットマン」。横幅が71センチメートルと幅広い仕様のものを採用することで、余裕を持ってゆったりとリラックスできること間違いなしです。半固定式の回転座面や、水平調整できる固定用スタンドで常にベストポジションに配置できます。

コンパクトな4つ足で各アイテムの脚に干渉しにくく、設置しやすい点も大きな魅力ですね。さらに、高さ調整もできるため「座る・寝転ぶ・あぐらをかく」と、そのときの気分で好きな体勢になれます。



Bauhutte 後付け大型キーボードスライダー BHP-K70-BK

キーボードの操作性に大きくかかわってくる大事なポイントの本商品。デスクの上にキーボードがあるままだと、寝転んだときに操作しにくいですよね。こちらは、40~70センチメートルの幅に対応している後付けタイプのキーボードスライダーで、既存のデスクにも取り付けできるため、さまざまなデスクに柔軟に対応している点も大きな魅力の1つです。

4ヵ所をクランプ式で固定するため、キーボードの出し入れが多くてもデスクに傷をつけずにしっかりと固定できます。さらに落下防止バーも完備。キーボードがデスクからなくなることで、広々とすっきりしたデスク環境にできますね。キーボードだけでなく、液タブや資料置き場としても優秀なため、自分の環境にあった用途があります。さきにご紹介したデスクとセットで使うと質感も統一できるので非常におすすめです。




今回は「横になってPCやゲームができる環境づくり」をテーマに、大手ゲーミング家具ブランドBauhutte(バウヒュッテ)のおすすめ商品を紹介しました。シックなブラックのカラーがかっこよく、全体的な見た目の統一感も相まってかっこよさが引き立つので、ぜひ参考にしてみてください!

《マンボウ》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース