『機動戦士ガンダム 戦場の絆』キャンペーンで貰えるデカいP.O.D.筐体の活用方法を本気で考えてみた

『機動戦士ガンダム 戦場の絆』のP.O.D.筐体の使い方を考えてみました。

その他 アーケード
『機動戦士ガンダム 戦場の絆』キャンペーンで貰えるデカいP.O.D.筐体の活用方法を本気で考えてみた
『機動戦士ガンダム 戦場の絆』キャンペーンで貰えるデカいP.O.D.筐体の活用方法を本気で考えてみた 全 7 枚 拡大写真

バンダイナムコアミューズメントは、『機動戦士ガンダム 戦場の絆』のドームスクリーン型P.O.D.筐体(以下: P.O.D.筐体)を抽選で一名にプレゼントするキャンペーンを開催しています。

これは、本作稼働15年周年と、続編『機動戦士ガンダム 戦場の絆II』の稼働開始を記念して行われたもので、『機動戦士ガンダム 戦場の絆II』の公式Twitter(@gundamkizuna2)をフォローし、ハッシュタグ「#仲間との絆」をつけて仲間との絆を感じたエピソードや写真、 動画などを投稿することで応募できます(応募締切は8月3日23時59分)。

このP.O.D.筐体は、当選者に届けるために安全性や実現性を考慮した結果、電子部品は全て外されています。つまり『機動戦士ガンダム 戦場の絆』はプレイできないのです。

かなり大きなサイズでも熱狂的なファンとしてはP.O.D.筐体のガワがあるだけでも嬉しいとは思いますが、やはり置き場所には困るところ。しかし、視野を広くしてP.O.D.筐体の新たな可能性について見い出せば、意外とそこまで大きいものではないのかもしれません。そこで、P.O.D.筐体の活用方法について真剣に考えてみました。

本記事を読んだ後は、あなたもP.O.D.筐体が喉から手が出るほど欲しくなるはず……かも。

その前にP.O.D.筐体のサイズをチェックしてみよう!

前述した通り、P.O.D.筐体は大きなサイズをしています。はっきり言って筆者のワンルームマンションに入るかも怪しいところです。ただ、同社では、そんなこともあろうかと設置シミュレーションができるAR機能を特設サイトに用意してあります。

早速筆者も7畳の自室で試してみたのですが……

これからどうやって生活したらいいだろう……?

筆者の部屋が生活に支障が出るくらいP.O.D.筐体に占領されてしまいました。

P.O.D.筐体を設置するために北海道の実家に帰るか、ギャンブルで一山当てて一軒家を買うしかなさそうです。

次の項目では、そんなP.O.D.筐体を実際にどうやって私生活に役立てるか色々と考えてみます。

活用方法1. 一人になりたい時のシェルター

「家族と喧嘩をしてしまった」「煩わしい人間関係から逃れたい」「恋人に振られた……もう恋なんかしない」「静かな場所で誰からも邪魔されず瞑想に没頭し、宇宙の真理を理解してやる」「狭いところが好き」

そんな時は、P.O.D.筐体の出番ではないでしょうか。P.O.D.筐体は、誰の目を気にすることもなく自分自身と対話する場所として役立つはずです。そして、ひとりの時間を満喫したらP.O.D.筐体から出ればいいのです。

そう、P.O.D.筐体とは、自分自身に会いに行く場所……なのかも。

活用方法2.ガンダムごっこをする

P.O.D.筐体の中はモビルスーツのコックピットをモチーフにしたものなので、やはり自分がモビルスーツのパイロットになったつもりでガンダムの名台詞を言うのが正しい使い方だと思います。

本作は一年戦争を題材とした作品ですが、筆者個人としてはP.O.D.筐体の中で「機動戦士Ζガンダム」の精神崩壊をしたカミーユのマネをしたいところ……。「機動戦士ガンダム」の台詞ならランバ・ラルの「ザクとは違うのだよザクとは!」と叫んでみたいですね。

ただ、P.O.D.筐体そのものは防音対策をしていないので、近所迷惑が気になる人は囁くような小声で「ザクとは違うのだよザクとは(ボソッ)」と言わないといけないでしょうね。

活用方法3.勉強部屋にする

思い切ってP.O.D.筐体を勉強部屋にするのはどうでしょうか。ここにはインターネットやテレビなどの集中力を削ぐものがありません。ただ、受験や資格取得のための勉強をするにしてもノートを書くための机がないと不便すると思います。

それを解決してくれるのがスケッチ画板!学生時代の時しか使ったことがない人もいるでしょうが、これがあればP.O.D.筐体の中でも快適に勉強に励むことができるはず!

え?そんな事をしなくても自分の部屋に勉強机があるって?そ、そうですか……。

活用方法4.ガンダム専用のマイシアター・ゲームルーム

P.O.D.筐体の中でタブレットを持って歴代のガンダム作品を視聴すればテンション爆上がりは間違いなし!これは、本作の稼働時では絶対にできなかったことです。

また、「機動戦士ガンダム」を題材としたゲームはゲームボーイやワンダースワン、PSP、PS Vitaなどの携帯ゲーム機で多数リリースされています。もちろん、携帯モードで持ち運べるニンテンドースイッチでも同様です。ガンダムゲームをP.O.D.筐体の中でプレイすれば普段とは違う気分で楽しめるかもしれませんよ!


このようにP.O.D.筐体の活用方法を考えてみましたが、やはり、今年で15周年を迎える本作の思い出に浸りながらただただ筐体を眺めるのが一番なんでしょうね。

しかし、前述した通りP.O.D.筐体は抽選で一名にしか当たりませんし、Twitterをみるかぎりキャンペーンの応募者は多数存在します。当選する確率は低いもののゼロではないのでこれからキャンペーンに応募する人は、万が一のためにどこに置くかは予め決めておく方が無難だと思います。

「P.O.D.が当たる!仲間との絆を見つけよう!戦場の絆プレゼントキャンペーン!」は8月3日23時59分まで開催中。詳細はキャンペーンサイトを参考にしてください。


《真ゲマ》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース