最も人気の高い『ペルソナ』ナンバリングはこれだ! 上位3作が約3%差の熾烈な争い─派生作もジャンル別で激突【アンケ結果発表】

先日迎えたシリーズ25周年を記念し、『ペルソナ』作品の人気投票を実施。その結果を、今回お届けします。特に支持されている作品はどれなのか、早速チェックをどうぞ。

その他 特集
最も人気の高い『ペルソナ』ナンバリングはこれだ! 上位3作が約3%差の熾烈な争い─派生作もジャンル別で激突【アンケ結果発表】
最も人気の高い『ペルソナ』ナンバリングはこれだ! 上位3作が約3%差の熾烈な争い─派生作もジャンル別で激突【アンケ結果発表】 全 7 枚 拡大写真

◆第4位「対戦格闘が楽しい!」:209票(13.4%)

『ペルソナ』シリーズの派生作についても、ジャンル別に人気の傾向を調査してみました。こちらは4つの回答を用意し、1,563人から投票が集まりました。

惜しくも第4位は、『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』や『ウルトラスープレックスホールド』などが展開した対戦格闘でした。シリーズの派生作として口火を切ったジャンルであり、各キャラクターを実際に動かす醍醐味も非常に新鮮。また、物語的にも『ペルソナ4』の続編にあたり、『ペルソナ3』のキャラクターとも深く関わるという、ファン心をくすぐる展開も見逃せません。

【読者の声】(一部抜粋)
・まさか格闘ゲームが出るとは思わなかったが、やってみたら操作性も難しくなく面白かった。

・自分でコマンドを入力してジオを出したときの感動は忘れません。P4Uで初めて格ゲーを触り、現在に至るまで人生の大半の時間を格ゲーに注ぐほどにハマりました。 ペルソナシリーズで再び格ゲーが出たら泣いて喜びます。

・ストーリー、オリジナルキャラ、どちらも最高でした。ラビリスと皆月はもっといろんな展開を見たいです。これで終わるのは本当に勿体無いと思います。
それと、この作品を通じてそれまで関わりのなかった人と繋がり、一緒に対戦をするのがとても楽しかったです。

・3と4のキャラを扱えるのがいいのと、話も出来が良くて、アイギスが3の主人公のことをチラッと言うとこがあるんですけど悲しそうに言ってるので泣きそうになりました。
P4U2からは新しいキャラが沢山追加されたし、キャラのストーリーもボリューミーになっていて面白いです。技の演出もいいですね。あと扱いやすい。

・もともと対戦格闘ゲームをかなりプレイする人間だったので。 一見シンプルな操作感の一方格ゲーとしても斬新なシステムが多く、随所に原作を意識した演出・台詞は秀逸でした。特に、ペルソナ・キャラクター・眼鏡(on off)ごとに個別にカラーリングを設定できるのはとても珍しく、自分だけの組み合わせを作るのが楽しかったです。


◆第3位「ダンスっていいよね」:260票(16.6%)

第3位に選ばれたのは、『ダンシング』シリーズ3作品によるリズムアクション。『ペルソナ』シリーズは、ストーリーやキャラクターはもちろん、ビジュアルやデザインも好評を博していますが、音楽も非常に高い魅力を放っています。そうした“ペルソナサウンド”をゲーム性の軸に据え、各キャラの切れ味満点のダンスシーンを楽しめる本シリーズは、RPGの派生作としては異色なジャンルながら、挑戦心に満ちている『ペルソナ』らしい発展と言えるかもしれません。

【読者の声】(一部抜粋)
・いつもと違った一面が見れる。推しキャラが踊ってる姿はただただ尊い。

・音ゲーってやる気なかったけど、激ハマりしました。仕事に支障が出るくらい指を酷使しました。

・ダンシングシリーズのおかげで、ダンスそのものの魅力に気付きました。キャラクターのクオリティも高く見るだけでも楽しめる、そんなゲームでした。新しい気付きを沢山くれたダンシングシリーズを、1番好きに挙げたいと思います。

・ストーリー上で楽しみながら、夢と現実の狭間の時間だからこそ再び会える人達がいるっていうのがグッときた。

・他の派生作品よりかは確かにストーリーも短いし、P3DP5Dにおいてはメインストーリーと呼ばれるものがほぼなかったけれど、P3メンバーの美麗な3DモデルやナンバリングのBGMのアレンジも素晴らしいし、派生作品だからこそのまさに『夢』が見れたような作品だと思う。
個人的には、DLCで皆月翔とP3主人公がまるで戦うようにパートナーダンスを踊るのがとてもアツいです。


◆第2位「ダンジョンRPG最高」:456票(29.2%)

ここから獲得票数は伸びを見せ、『ペルソナQ』シリーズによるダンジョンRPGが456票を集め、第2位に着地しました。ナンバリングもRPGなので、ジャンル的にはかなり近しい一方で、こちらはダンジョン探索に特化。メインシリーズとは方向性の異なる戦略性が、新たな刺激となりました。

『ペルソナ3』と『ペルソナ4』によるクロスオーバーも魅力的ですし、『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』では『ペルソナ5』からも参戦。本編ではあり得なかった夢の組み合わせで挑むダンジョン攻略は、本シリーズだけの楽しみです。

【読者の声】(一部抜粋)
・PQはお祭りゲーなのにとてもよく作りこまれていて、歯応えもありストーリーもよかった。

・ペルソナ345作品の交わることのない時間で主要キャラが関わりを持つところがすきです。世界樹のシステムで普段と違う遊び方が出来るところも良いです。

・善くんと玲ちゃんがただひたすらにエモい。

・ペルソナシリーズで好きなキャラクター達が作品の柵を越えて出会ってわちゃわちゃしてるのが、キャラデザも相まってとても可愛らしい。ストーリーもとても感動できる。

・Qはペルソナ3とペルソナ4のテーマをシナリオ上でうまく融合させた作品で、ただのお祭りゲームだと思ったらその深さに唸らされた作品。ナンバリング以外だと一番好きです。


◆第1位「初のアクションRPG!」:638票(40.8%)

栄えある第1位に輝いたのは、派生作で最も新しい『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』によるアクションRPGでした。『ペルソナ』シリーズにおけるアクションRPGは、この『ペルソナ5 スクランブル』が初。各キャラを操作し、ペルソナの力を直接繰り出す操作感は、対戦格闘とはまたひと味違っており、このジャンルの登場を待ち焦がれていた方も少なくないのでは。

しかも、ストーリーは『ペルソナ5』の後日談にあたり、彼らの“その後”が見られる嬉しい展開。さらに、学生時代のひと夏を仲間と共に過ごす濃密な時間が楽しめます。アクション面の小気味よさもあり、『ペルソナ』シリーズの新境地を開拓したチャレンジャーな1作です。

【読者の声】(一部抜粋)
・プレイ前は心配しましたが、ペルソナ5の感覚が全てそのままに極めて高次元にアクションとして昇華されています。相変わらずストーリーもキャラクターも最高ですね。善吉もソフィアも本当に大好きです。また物語のテーマが刺さります。善吉の「自分のヒーローになれ」、ソフィアと聖櫃のヒトの意思の有り様の対比… 散々やったけどまたやりたくなりました。

・P5の続編として絶妙に丁度いいシナリオ。人では無いものに人の心が目覚めるという王道ながら熱い展開。アクションRPGでありながら『ペルソナやってる感』を十二分に感じさせるゲームシステムも素晴らしい。ペルソナポイントのシステムは本編に輸入してほしい。

・アクションに苦手意識があったのですが、そんなのを忘れるほどのめり込みました。難易度RISKEYで刈り取るものを倒した感動は最高です。

・夏休みを日本全国旅して過ごすのが楽しかった。ストーリーもアクションも全てが面白かった。もともと良曲だった5のBGMにアレンジが加えられてさらにカッコいい曲になってたのがよかった。欲を言えば続編が欲しいレベル。

・ペルソナ5の世界観にあったストーリーで、大胆でド派手なアクションが気持ちいい。正統スピンオフというテーマで出たナンバリングだが、それを超える『ペルソナ5スクランブル』という一つの作品になっていて感動した。BGMも本編からのアレンジ曲や完璧なタイミングで流れる新曲は鳥肌モノでした。



【『ペルソナ』シリーズ人気投票 結果発表(派生作編)】
・第1位「初のアクションRPG!(ペルソナ5 スクランブル)」:638票
・第2位「ダンジョンRPG最高(ペルソナQシリーズ)」:456票
・第3位「ダンスっていいよね(ダンシングシリーズ)」:260票
・第4位「対戦格闘が楽しい!(マヨナカアリーナ、ウルトラスープレックスホールド)」:209票

  1. «
  2. 1
  3. 2

《臥待 弦》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース