『ウマ娘』キャラの“バスト”に隠された最新技術とは? マーベラスサンデーの魅惑ボディも実は…

ウマ娘たちの胸には夢と希望、そして驚くべきテクノロジーが詰まっているようです。

任天堂 Nintendo Switch
アイコン
アイコン 全 4 枚 拡大写真

Cygamesの技術カンファレンス「Cygames Tech Conference」が、11月13日・14日の2日間にわたってオンライン開催されました。その中で『ウマ娘 プリティーダービー』における“バスト”へのこだわりが伝わる一幕があり、ネット上で話題を呼んでいます。

マーベラスサンデーの巨乳を自然に表現するための新技術とは

今回とくにウマ娘ファンの注目を集めていたのが、「IKコリジョン」というもの。これは3Dモデリングされた物体同士がぶつかる際、位置が重ならないように制御する技術です。

たとえば、ウマ娘が腰に手を当てるモーションなどを見ると、「IKコリジョン」の凄さが伝わるはず。厚みの違うコスチュームを着用していても、ウマ娘の手は衣服に埋もれず、違和感のない部分でピタッと止まります。カンファレンスでは、ダイワスカーレットのスクール水着姿と勝負服を用いて具体例が紹介されていました。

しかし、この技術が有効活用されているのはコスチュームだけではありません。体型が全く異なるキャラクターでも、同様に自然なモーションを可能としてくれるようです。

そこで具体例となったのが、ナリタタイシンマーベラスサンデーでした。共に小柄なウマ娘ですが、胸部にかぎっては大きな差が。きわめて空気抵抗の少なそうなナリタタイシンに対して、マーベラスサンデーは山のように巨大なバストをもっています。

そのためマーベラスサンデーの場合、「IKコリジョン」オフの状態では大きな胸をすり抜けて手が埋まってしまう模様。しかし「IKコリジョン」をオンにすると、胸の部分でしっかりと手がとどまり、自然なポージングとなりました。

ウマ娘たちのバストに隠されたCygamesのこだわりに、ネット上では「確かにタイシンとマベサンが同じポーズとっても違和感ないって凄いな」「あのロリ巨乳を実装するためにはそんな苦労が…」「おっぱいのために新技術開発しちゃうCygamesほんとすき」と感嘆の声が上がっています。

ウマ娘 プリティーダービーにおける会話シーン制作事例 ~如何にして膨大なモーションを効率よく制作し、自然に演技をさせるか~

「Cygames Tech Conference」では、他にもウマ娘ファン必見の内容が盛りだくさん。各講演のアーカイブ映像がYouTube上で公開されているので、興味がある方は覗いてみてはいかがでしょうか。


《サワディ大塚》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース