野球だけど野球じゃない!? 小高和剛の新プロジェクト「トライブナイン」の見どころをスタッフ&キャスト陣が語る

『トライブナイン』の関係者向け完成披露試写会が、12月22日(水)に東京・秋葉原にあるUDXシアターにて開催。原案の小高和剛さん、アニメ監督の青木悠さん、白金ハル役の堀江瞬さん、有栖川さおり役の渕上舞さんが出席し、作品の見どころをたっぷりと語りました。

モバイル・スマートフォン 全般
野球だけど野球じゃない!? 小高和剛の新プロジェクト「トライブナイン」の見どころをスタッフ&キャスト陣が語る
野球だけど野球じゃない!? 小高和剛の新プロジェクト「トライブナイン」の見どころをスタッフ&キャスト陣が語る 全 9 枚 拡大写真

2022年1月よりスタートする新アニメで、3DアクションRPGとしてゲームもリリース予定『トライブナイン』の関係者向け完成披露試写会が、12月22日(水)に東京・秋葉原にあるUDXシアターにて開催。原案の小高和剛さん、アニメ監督の青木悠さん、白金ハル役の堀江瞬さん、有栖川さおり役の渕上舞さんが出席し、作品の見どころをたっぷりと語りました。

『ダンガンロンパ』や『アクダマドライブ』など、ゲームからアニメまでさまざまな作品を手掛けてきた小高さん。『トライブナイン』プロジェクトについて「新しいIPとして勝負するには“他には作れないゲーム”にすることが絶対必要だと思っていました。その“独自性”は出せたと思っています」とゲームはすでに目標としていた作品に仕上がっていると明かす一方、「独自性を発揮すると、初見で何をするのかわからないとなりがちなので、世界観や作品についてアニメを通じてたくさんの人にわかってもらい、アニメもゲームも楽しんでもらえる作品にしたかった」と語ります。

しかし、アニメとゲームは世界観は共通していれど、ストーリーはまったく別物になるそう。「アニメにする際、“ゲームだから”とは言わず、アニメはアニメで楽しめることを追求しました」とアニメ化にあたり重要視した部分も明かしてくれました。

そんなアニメ『トライブナイン』の監督を務めるのは、本作が初監督作となった青木さん。「最初に“野球だけど野球じゃない”と説明されて、“どういうことですか!?”というところから話が始まりました(笑)」と、オファーを受けた際はどんな作品かまったく掴めなかったのだとか。

それから詳しく話を聞いていくうちに「よくある感じではなく、見たことのないものを作る」という小高さんの思いを受け取った青木さん。「ゲームとの共同歩調がなくて、アニメの進捗状況を伝えて、そしてゲームからフィードバックをもらってと、割とコミュニケーションが多い作り方をした」と、初監督作で難しい課題を不安に思いつつも、楽しい制作だったと笑顔を見せました。

■ルールは打った・殴った・倒した!? 堀江瞬&渕上舞も謎に思った「エクストリームベースボール」

本作は、架空の東京23区が舞台。各区に存在するアウトロー集団が、野球をベースにした“エクストリームベースボール”という決闘方法を用い、各々の威信を賭けた抗争を繰り広げる、といった世界観が展開します。

「野球が屋台骨となっているのですが、野球のルールを知らない人が食わず嫌いにならないように、極端な話、打った・殴った・倒した、で決着がつくように(笑)。キャラクターたちが毎回バトルを繰り広げるアニメ内容になっています」と青木さん。小高さんも「打合せでしょっちゅう“細かいことはいいんだよ”って言ってましたよね(笑)」と野球とは思えない極端な説明に大きく頷いていました。

そんな独特の世界観の中に生きるキャラクターを演じた堀江さんは、オーディションの頃からその異質さを感じ取っていたよう。「まずキャラクターのセリフを披露した後に、“キャラクターのことは忘れて、ご自身の声で話してみてください”と書かれたセリフがあって。その時点で、他の作品とは違うことをやりたいんだと思いました」と語ると、渕上さんも「オーディションの資料にはエクストリームベースボールが野球なのか何なのか、説明もなかった」と“謎のオーディション”だったという作品の第一印象を明かし、さらに「有栖川のセリフの中に“ボールを取ったらぶちのめす”というものがあって、これはなんのお話なんだろう? というところから始まりました(笑)」と謎に包まれた作品であったと明かしました。

素の声が欲しいというのは、実は青木さんのオーダー。「オーディションの段階ではシナリオが固まり切っていなかったので、キャストさんの声からインスピレーションがほしかったんです。その人の持ってる雰囲気や表現の仕方をキャラクターにフィードバックしたいと思ってのオーダーでした」とやっと謎の理由が明かされ、堀江さんと渕上さんは納得の表情を浮かべました。

■疾走感ある第1話に渕上舞「1本の映画を観た気分!」

いよいよ第1話の上映へ。気弱でいじめられっ子の少年・ハルが街の不良たちに絡まれていたところ、タイガと神谷に救われたことで物語が大きく展開。エクストリームベースボールによるトライブ同士のバトルに巻き込まれていくこととなります。

「こ、これがエクストリームベースボールか…!」

まったく野球のルールを知らない筆者でも、第1話を見ただけですぐにルールや世界観を理解。スクリーンで繰り広げられていたのは、監督の説明そのまま。打った・殴った・倒したというシンプルかつド迫力なバトル。

「打った球、そんなとこまで行く?」「いやそれ使っちゃダメじゃない!!??」

30分に詰め込まれた内容の多いこと多いこと…! しかし、シンプルでわかりやすく、スピード感ある怒涛の展開に息つく暇なく30分間たっぷりと楽しめる物語となっていました。

また、小高さんの手掛ける作品ならではの、ビビッドで斬新なカラーで彩られる背景、そして個性豊か過ぎるキャラクターたちに、ただただ惹き込まれてしまいました。

上映後、小高さんは「第1話目から野球の概念が消失してしまいまして(笑)」と二ヤリ顔。青木さんも「戦いがメインのハチャメチャな作品となっています。1話にすべてが詰まっていますので、これを見ればどういう作品かわかってもらえると思います」と自信を見せます。

関係者と同じく、この日初めて完成品を見た堀江さんは「戦闘シーンのカット数がすごく細かくて、アフレコ中に台本を追っているとページがすぐ次に行ってしまうんです。スピーディーで迫力ある試合が、今後も続いていって、勢いがどんどん加速していきます」と今後の展開を楽しみにさせるコメントを。さらに渕上さんも「台本を読むだけでハラハラドキドキしていたのに、色や音楽が着くと、よりスピード感と迫力が増しました。1本の映画を観た気分! アフレコはすでに終えているので、今後は私も視聴者としてハラハラドキドキさせてもらおうと思います」と期待を覗かせていました。

■人気コスプレイヤーえなこ&つんこの神谷瞬&有栖川さおりが完成度高過ぎ!

なお、この日は応援大使を務めるコスプレイヤーのえなこさんとつんこさんも登壇。えなこさんが有栖川さおり、つんこさんがミナトトライブのリーダー・神谷瞬のコスプレを披露してくれたのですが、さすがの完成度!

「衣装を作っていただいたのですが、2次元のスタイルを再現できるようにスカートの位置を高めにしたり、私自身もこだわらせていただきました」と話すえなこさんは、そのこだわった短いスカートから美脚を惜しげもなく晒してくれました。

そしてつんこさんも、神谷瞬の“超次元”なヘアスタイルを見事に再現。堀江さんから「(神谷瞬役の)石田彰さんの声がしそう!」と絶賛されていました。

アニメ『トライブナイン』は、2022年1月10日(月)より放送・配信スタート。


《米田果織》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース