『原神』巨大ロボに乗り込む「スカラマシュ」…!新キャラ「ミカ」も公開された「Ver.3.1」新情報ひとまとめ

『原神』Ver.3.1「赤砂の王と三人の巡礼者」の発表内容をひとまとめ!魔神任務では「博士」と「散兵(スカラマシュ)」が登場します。

ソニー PS5
『原神』巨大ロボに乗り込む「スカラマシュ」…!新キャラ「ミカ」も公開された「Ver.3.1」新情報ひとまとめ
『原神』巨大ロボに乗り込む「スカラマシュ」…!新キャラ「ミカ」も公開された「Ver.3.1」新情報ひとまとめ 全 18 枚 拡大写真

HoYoverseは、PS5/PS4/スマホ/PC向けオープンワールドRPG『原神』の最新情報をお届けする番組「Ver.3.1「赤砂の王と三人の巡礼者」予告番組」を9月16日に放送しました。

本放送では、9月28日に配信予定のVer.3.1「赤砂の王と三人の巡礼者」の最新情報が公開。新たな魔神任務をはじめ、スメールの「砂漠地帯」開放や各種イベント、さらに新キャラクターなどが紹介されました。

◆新たな魔神任務追加!新フィールド「砂漠地帯」も開放へ

新たに魔神任務第三章の第三幕「迷夢と虚幻と欺瞞」、第四幕「赤砂の王と三人の巡礼者」が開放。Ver.3.0から始まったスメールの物語がいよいよ進展します。

あわせて公開された予告PVでは、ファトゥスより「博士」と「散兵(スカラマシュ)」が登場。「散兵」は巨大ロボットに乗り込んでいるかのようなシーンも確認できます。

また、新フィールドとしてスメールの「砂漠地帯」も開放。新たな魔物が登場するほか、上記の魔神任務も砂漠地帯をメインに描かれるといいます。

◆「セノ」「ニィロウ」の伝説任務開放!新たな武器も登場へ

Ver.3.1のイベント祈願で新実装される「セノ」「ニィロウ」について、新たな伝説任務が開放決定しました。セノの任務名は「金狼の章・第一幕」、ニィロウの任務名は「睡蓮の章・第一幕」です。

また、新たな武器として「★5 赤砂の杖(長柄武器)」「★5 聖顕の鍵(片手剣)」「★4 彷徨える星(法器)」「★4 マカイラの水色(両手剣)」「★4 サイフォスの月明かり(片手剣)」も公開されました。

◆各種イベント情報!新キャラ「ミカ」が登場するモンドのテーマイベントも

Ver.3.1では、「星探しの旅」や「百人一揆」「五風巡察」といったイベントが開催。

また、ログインするだけで「紡がれた運命×10」などを貰える「耀歩流霞」や、ゲーム内メールで「原石×1,600」「脆弱樹脂×4」などのプレゼントが貰えます。さらに、各価格帯の初回チャージ2倍ボーナスもリセットされます。

そして、テーマイベント「杯の中のバラッド」が開催。モンドの新しいお祭り「ブリーズブリュー祭」が舞台であり、なんと「レザー」の出自に関するストーリーが描かれると言います。

予告PVでは、新キャラクター「ミカ」も登場。西風騎士団・遊撃小隊の測量士であり、ファルカ大団長からの手紙を読むシーンが映っていました。担当声優は三瓶由布子さんです。

◆新コンテンツ「七聖召喚」がVer.3.3で実装へ!

新たなコンテンツ「七聖召喚」がVer.3.3で実装となります。稲妻やスメールでその名が登場した、テイワットで大人気のカードゲーム「七聖召喚」を、ついに旅人もプレイ可能に!

様々なキャラクターやNPCを招待し対戦できる、PvEをメインとしたライト&カジュアルなコンテンツとのこと。もちろんフレンドとも対戦できますが、PvPと関連する報酬はないといいます。また、すべてのカードはゲームプレイで獲得可能です。

繰り返しますが、こちらはVer.3.1ではなく、Ver.3.3の追加内容です。プレイできるのを楽しみに待ちましょう。


このほかにも、ufotableとタッグを組んだ「長編アニメプロジェクト」の始動や、旅行情報誌「るるぶ」とコラボした「るるぶ原神」の発売決定、9月27日に開催決定した「ローソンコラボ」、9月28日より開催される「スイーツパラダイスコラボ第3弾」のグッズ・メニュー情報が一挙公開されています。

また、Ver.3.1の新情報発表にあわせて、3つのシリアルコードも公開されました。原石×100・仕上げ用魔鉱×10を貰える「3B6RYY7AHX9D」、 原石×100・大英雄の経験×5を貰える「JT78YH7SGWRZ」、原石×100・モラ×50000を貰える「2BP9HY6BYFR5」です。期限は9月17日13時00分までなので、使用はお早めに。

『原神』のVer.3.1「赤砂の王と三人の巡礼者」は9月28日に配信予定です。

《茶っプリン》

茶っプリン

ゲームライター 茶っプリン

「ゲームの新情報を一番に知りたい、そして色んな人に広めたい」そんな思いからゲームライターに。インサイドではニュースライター、時々特集ライターとして活動。関係者、ユーザーから生まれるネットブームにも興味あり。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

関連ニュース