「英霊召喚フォトスタジオ」が京都に初登場!着ぐるみやコスプレも賑わった『FGO』ブースレポート【京まふ2022】

「京まふ」に『FGO』が出展、ブースレポートをお届け!

モバイル・スマートフォン iPhone
「英霊召喚フォトスタジオ」が京都に初登場!着ぐるみやコスプレも賑わった『FGO』ブースレポート【京まふ2022】
「英霊召喚フォトスタジオ」が京都に初登場!着ぐるみやコスプレも賑わった『FGO』ブースレポート【京まふ2022】 全 7 枚 拡大写真

9月17日に開幕した「京都国際マンガ・アニメフェア2022」(京まふ 2022)にて出展中の、スマートフォン向けアプリ『Fate/Grand Order』ブースをご紹介します。

「京まふ」の通称で親しまれる本イベントは、西日本最大級のマンガ・アニメ総合コンテンツ見本市。人気作品の出展ブースや数多くの有名声優が登壇するステージイベント、ここだけの限定グッズの販売などで、毎年多くのマンガ・アニメファンから親しまれています。

今回、この京まふへ2年ぶりに『Fate/Grand Order』がブース出展。今年は例年以上の規模で3F会場では、サーヴァントのスタンディや、アルトリア・キャスターの「選定の杖」とメリュジーヌの「イノセンス・アロンダイト」などが展示。

また、サーヴァントを召喚(イベント「南溟弓張八犬伝」までに登場したサーヴァントが対象)し、一緒に写真を撮ることができる「英霊召喚フォトスタジオ」コーナーなども設けられており、ブースは多くのファンで溢れかえっていました。

さらに1F会場ではコスプレイヤーや着ぐるみのグリーティングステージも実施。おなじみの女主人公やマシュ、セイバーの着ぐるみなどと間近で触れ合えるとあってこちらも大人気コーナーとなっていました。

また、会場の京都市勧業館みやこめっせに隣接するロームシアター京都では「Fate/Grand Order カルデア・ラジオ局 Plus 出張版in 京まふ2022」も開催。こちらも別途レポート記事を予定していますのでお楽しみに。

京都国際マンガ・アニメフェア2022(京まふ2022)は9月18日まで開催予定です。

(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT

《ひびき》

ひびき

バーチャル関西の何でも屋さんです ひびき

2012年からインサイドにてゲームライターとして活動して、はや十数年。ちょっと古参気取りの何でも屋。Game*Sparkやアニメ!アニメ!にもたまに顔が出ます。ゲーム・アニメ以外では、ホビーやガジェット、バーチャルYouTuber業界が専門。お仕事お待ちしております。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集

関連ニュース