『アズレン』×『ライザのアトリエ』ライザの太ももにナーフ疑惑!より“ムチッ”とした開発中の太ももが見つかる

中国版SNS・Weiboの投稿から発見。太もものお肉がニーハイにのっている、これぞライザ!と思わせるムチッと太ももですが、ナーフされた模様。

ゲーム スマホ
『アズレン』×『ライザのアトリエ』ライザの太ももにナーフ疑惑!より“ムチッ”とした開発中の太ももが見つかる
『アズレン』×『ライザのアトリエ』ライザの太ももにナーフ疑惑!より“ムチッ”とした開発中の太ももが見つかる 全 7 枚 拡大写真

スマホ向け艦船擬人化シューティング『アズールレーン』にて、11月24日に開幕決定した『ライザのアトリエ』とのコラボイベント。ここで登場するコラボキャラ「ライザリン・シュタウト(以下、ライザ)」を巡り、太もものナーフ疑惑が見つかりました。

◆Weiboで発見!より“ムチッ”としたライザの太もも

11月18日の生放送にて、コラボビジュアルが初公開されたライザ。原作の可愛らしさを残しつつ、『アズールレーン』の雰囲気に寄せた魅力的なイラストに仕上がっていたのですが、一点、ライザを知る者として気になる点が。そう、太ももが物足りないのです。

ライザといえば“ムチッ”とした太ももでおなじみ。しかし、『アズールレーン』のライザはどちらかといえばスリムであり、そこまで太ももに“ムチッと感”はありません。

もともと『アズールレーン』自体、登場キャラの肉感に並々ならぬこだわりを持つ作品です。「あの『アズールレーン』が手がけるのだから、とんでもないライザが飛び出すだろう…!」と期待していただけに、少々肩透かしを受けた気分でした。

そんな中、中国版SNS・Weiboで『アズールレーン』公式の投稿した画像に違和感が。なんと“太ももの太さ”が異なるのです。

11月18日に公開されたビジュアルでは太もものお肉がニーハイに収まっているのですが、Weiboの画像では太もものお肉がニーハイにのっています。この“ムチッ”とした太もも、これぞライザ!

Weiboで公開されたムチッとライザ
比較(左:11月18日公開、右:Weibo)

一部では「日本版の太ももがナーフされた」との声も上がっていますが、Weiboで公開されているもう1枚のライザの画像では、日本版の太ももと違いがありません。このことから日本版・中国版は関係なく、「開発段階で太ももがナーフされた」と考えられます。

Weiboで公開されたもう1枚のライザ
こちらは11月18日公開の日本版とさほど変わりません
3枚見比べ。明らかに“ムチッ”としています

◆ナーフ前の太ももが採用される可能性

なお、11月18日に公開されたビジュアルにも「開発中につき変更する可能性があります」と記載。ユーザーの反応、開発・運営陣の判断を経て、ナーフ前の“ムチッ”とした太ももが正式実装時に採用される可能性も十分ありえます。

イベント開幕は11月24日。無事にライザを入手できたなら、事前に公開されていた画像と見比べてみましょう。とくに太ももを。


《茶っプリン》

茶っプリン

ゲームライター 茶っプリン

「ゲームの新情報を一番に知りたい、そして色んな人に広めたい」そんな思いからゲームライターに。インサイドではニュースライター、時々特集ライターとして活動。関係者、ユーザーから生まれるネットブームにも興味あり。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集

関連ニュース