『ポケモンSV』“ニャオハ立つな”に続く「クワッス踊るな」「ホゲータ座るな」―御三家に要求された「立つな踊るな座るな」の3コンボ

「ニャオハ立つな」に続く「クワッス踊るな」「ホゲータ座るな」が爆誕。進化すると立つわ踊るわ座るわ、てんやわんや。

ゲーム Nintendo Switch
『ポケモンSV』“ニャオハ立つな”に続く「クワッス踊るな」「ホゲータ座るな」―御三家に要求された「立つな踊るな座るな」の3コンボ
『ポケモンSV』“ニャオハ立つな”に続く「クワッス踊るな」「ホゲータ座るな」―御三家に要求された「立つな踊るな座るな」の3コンボ 全 7 枚 拡大写真

『ポケモン スカーレット・バイオレット(ポケモンSV)』の御三家ポケモン「ニャオハ」「クワッス」「ホゲータ」。本ポケモンを巡って、以前より話題になっていた「ニャオハ立つな」に続き、「クワッス踊るな」「ホゲータ座るな」がネット上で囁かれています。

新ポケモン「ニャオハ」に纏わるフレーズ「ニャオハ立つな」とは、「ネコ型ポケモンは最終進化でイカつくなる」というジンクスから生まれたもの

ネコをモチーフとする『ポケットモンスター サン・ムーン』の御三家「ニャビー」が、最終的に筋骨隆々の厳ついレスラー「ガオガエン」へと進化したことを受け、「進化しても、ニャオハは可愛いままでいて!」と望む数多のユーザーによって作り出されたのが事の始まりでした。このフレーズは『ポケモンSV』発売前から大きな話題を集め、2022年11月には「SNS流行語大賞2022」にてノミネートを受けるほどになっています。

そして現在、他の2体「クワッス」「ホゲータ」に纏わる新たなフレーズ「クワッス踊るな」「ホゲータ座るな」が爆誕。「クワッス踊るな」は、クワッスの最終進化「ウェーニバル」がことあるごとにエキゾチックなダンスを見せることから。「ホゲータ座るな」は、最初は二足歩行だったはずのホゲータが、最終進化「ラウドボーン」で四足歩行になることから名付けられています。

特に「クワッス踊るな」を巡っては、数々のトレーナーが「踊るウェーニバルを見てはいつも笑ってる」「可愛いんだよ、謎ダンス踊るけど」とコメント。かく言う筆者も冒険のお供に「クワッス」を選択しましたが、最終進化を見た際は「なんか踊ってるんだが!?」と目が飛び出る勢いで驚きました。

とはいえ、自分が選んだ御三家ポケモンというのは、どんな姿形でも愛しいもの。「立つな」「踊るな」「座るな」と言いつつも、多くのトレーナーからは、自分のポケモンに対する深い愛情が感じられますね。


《おおなっぱ》

おおなっぱ

地球生まれです おおなっぱ

2001年8月生まれ、香川県育ち。大学では文芸、評論、ジャーナリズムを専攻中。小学生の頃、執筆関係の仕事に興味を持ち、サイト等を通して作品を複数掲載。初めてプレイしたゲームはマリオギャラクシー。好きなゲームはFE、ゼルダ、モンハン、NieRなど。好きなうどんはしっぽくうどん。日々勉強中です。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集

関連ニュース