『原神』ピンばあやの「若かりし頃」に旅人たちメロメロ!威厳あふれる“お淑やか大人の女性”

お婆さんキャラとして馴染み深い「ピンばあや」。彼女の“若かりし頃”が判明し、大きな注目を集めています。

ゲーム PS5
『原神』ピンばあやの「若かりし頃」に旅人たちメロメロ!威厳あふれる“お淑やか大人の女性”
『原神』ピンばあやの「若かりし頃」に旅人たちメロメロ!威厳あふれる“お淑やか大人の女性” 全 8 枚 拡大写真

※本記事にはイベント「海灯祭(華舞う夜の旋律)」の一部ネタバレが含まれます。

オープンワールドRPG『原神』にて、若かりし頃の「ピンばあや」が公開され話題を集めています。

ピンばあやは、璃月港の玉京台付近にいるNPC。見た目こそ一般的なお婆さんですが、その正体は「歌塵浪市真君」という名の仙人です。ストーリーはもちろん、ハウジング機能「洞天」を獲得する際にお世話になった旅人も多いことでしょう。

ピンばあやの若かりし頃は、好評開催中のイベント「海灯祭(華舞う夜の旋律)」で登場。先日公開されたストーリームービー「心にとどまる余音」でも確認できます。

◆これが若きピンばあや…!威厳も溢れるお淑やかな仙人

一般的なNPCと同じビジュアルが使用されている今と異なり、若かりし頃のピンばあやは特徴が満載。お淑やかな大人の女性という感じで、仙人なだけあって威厳も抜群です。友人の「帰終」とバチバチに睨み合うシーンでは、今の柔らかい雰囲気が嘘のよう。

髪型に目を向ければ、弟子の香菱、ヨォーヨと同じく三つ編みを輪形にしています。槍術のみならず、現役時代の髪型まで弟子に伝えていたのかもしれません。

ちなみに、実は2021年10月に公開されたストーリームービー「世にある至味」でもこの姿は登場。当時から「もしかしてピンばあやか!?」と噂されていましたが、今回のPVで確定する形となりました。

今からは想像もつかない姿に、旅人たちからは「この人昔のピンばあや!?」と驚きの反応が。「若い頃のピンばあや美人すぎんだろ」「ピンばあやお美しくて好き」など、さっそくメロメロになる旅人も続出しています。


ちなみに海灯祭では、仙人の年齢について「仙人は基本的に老いることはないものの、自分で歳をとることを選べる」という設定が判明。他の仙人と異なり、なぜピンばあやだけが老人なのかも明かされることとなりました。


原神 御建鳴神主尊大御所様像 雷電将軍 フィギュア 予約販売
¥7,560
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《茶っプリン》

茶っプリン

ゲームライター 茶っプリン

「ゲームの新情報を一番に知りたい、そして色んな人に広めたい」そんな思いからゲームライターに。インサイドではニュースライター、時々特集ライターとして活動。関係者、ユーザーから生まれるネットブームにも興味あり。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集

関連ニュース