【ポッキーの日特集】ポッキーゲームに最も適したポッキーは?実際に検証してみた

今月11日はポッキー&プリッツの日。ポッキーを使ったゲームといえば、やはりポッキーゲームですね。

その他 フォトレポート
【ポッキーの日特集】ポッキーゲームに最も適したポッキーは?実際に検証してみた
【ポッキーの日特集】ポッキーゲームに最も適したポッキーは?実際に検証してみた 全 44 枚 拡大写真
今月11日はポッキー&プリッツの日。ポッキーを使ったゲームといえば、やはりポッキーゲームですね。



うまくいけば“気になるあの人”といい雰囲気になれるかもしれない、飲み会の定番ゲームですが、うっかり硬すぎるポッキーを選んでしまうとなかなか食べ進められず残念な空気になることも……そう、意外と一筋縄にはいかないゲームなのです。

◆ポッキーゲームとは?


そもそもポッキーゲームとは正式にはどういったルールなのか改めて調べてみました。

wikipediaによると、2人で行う場合は「2人が向かい合って1本のポッキーの端を互いに食べ進んでいき、先に口を離したほうが負けとなる。お互いが口を離さずに食べきった場合、その2人はキスをすることになる。」とのこと。ルールというほどのルールでもありませんね。

複数人で行う場合は「2人組になってポッキーを食べ進め、最も短いポッキーのペアが勝ち」のようですが、2人組で行う場合はそういったゲーム的なルールはなく、飲み会等の席で盛り上がりさえすえば細かいことは気にしないようです。

つまり2人組で行うポッキーゲームにおける勝利とは、ペア同士でなんだかいい雰囲気になることと言えるでしょう。

家でゲームに向かっていればあまり縁のないこのゲームですが、ゲームメディアとしてポッキーゲームの攻略法を記事にしないわけにはいかない。ということで、ポッキーゲームを行うのに最適なポッキーはどれかを検証していこうと思います。



今回用意したのは、太さ・硬さ・長さの異なる4種類のポッキー。

1.「紅く気高き絶対王者」 ポッキー



赤いパッケージでおなじみのオーソドックスなポッキー。そのたたずまいはまさに紅蓮の弓矢。世のポッキーゲームはこの商品を使って行われることが、スタンダードポッキーを上回る者は現れるのか!?

2.「11月に乱れ咲く千本桜」 ポッキー極細チョコレート



通常のポッキーの半分の細さのポッキー。細いため本数が多いのが特徴。二人の距離に閃光弾が打ちあがるに違いありません。細さが吉と出るか凶と出るか気になるところ。

3.「物腰柔らかなマグナムバレット」 ポッキーmidi(ミディ)



通常のポッキーの3分の2ほどの長さの短めポッキー。生クリーム入りでやさしい味わいながら、太めでしっかりしており安定感がありそうです。

4.「食感のブラックタンバリン」 ポッキー 大人のミルク



スティックがパイのような食感になっているさくっと軽いポッキー。一口食べるたび軽快なリズムが刻めそうです。ミルクチョコレートが濃厚らしく、味も気になります。


この4種類を食べ比べ、最もポッキーゲームに最適なポッキーを決定します。

なお、一般的に男女ペアで行うのがベターなポッキーゲームですが、今回は大人の事情により2ページ目では女性ペア、3ページ目では男性ペアで実践しています。一部お見苦しい箇所もありますが自己責任にてご覧ください。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《三浦遥》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1