『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

E3 2018では『バイオハザード2』のリメイク作となる『バイオハザード RE:2』が発表されました。はたして本作はどのようになるのか、気になるポイントをまとめます。

ソニー PS4
『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?
『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!? 全 9 枚 拡大写真

◆おもしろ謎解き警察署は健在なのか



ラクーンシティの警察署を設計した人はちょっとおかしいです。トランプのマークがついた鍵がいくつもありますし、絵を火で炙るなんていう仕掛けもあり、場合によっては像を動かして扉を開けるなんていう面倒くさいこと極まりないロックもあるのですから。

そんなわけで『バイオハザード2』の警察署はかなりおもしろいことになっているわけですが、これがリメイクでどうなるかは誰もが気にしているところですよね。謎解きはあるようなので、やはりおもしろ警察署なのかも?

◆豆腐・ハンクのおまけはあるのか?



『バイオハザード2』では特定の条件をクリアすると隠しモードを遊ぶことができました。後々のシリーズで意外な人気を獲得することになるハンクが主役の「The 4th Survivor」、そしてなぜか豆腐が主役の「The 豆腐 Survivor」も存在します。

やはり『バイオハザード2』となると、これらのモードは外せません。高画質でカッコいいハンク、そしてよりリアルになった豆腐を拝めるのか。ファンにとっては非常に重要なポイントです。


(C)CAPCOM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4

《すしし》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1