『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

E3 2018では『バイオハザード2』のリメイク作となる『バイオハザード RE:2』が発表されました。はたして本作はどのようになるのか、気になるポイントをまとめます。

ソニー PS4
『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?
『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!? 全 9 枚 拡大写真

◆武器はいったい何が出てくるのか



『バイオハザード』といえばハンドガンやショットガン、あるいはマグナムといった武器が定番です。しかし『バイオハザード2』には特殊な武器もいろいろあり、電気を飛ばすスパークショット、隠し武器のひとつであるガトリングガンなども存在します。

このあたりの特徴的な武器がリメイクでも残るのか、それとも一新されるのか気になるところ。武器のパーツで銃を強化する要素なんかもあるといいですよね。

◆アリゲーターを爆発させることができるか



もうひとつ忘れてはならない『バイオハザード2』独特の武器といえば、ガスボンベです。プレイした人ならば忘れることはないであろうあの存在は、本当に大きな印象を残してくれました。

ガスボンベは巨大なアリゲーターが出てくる場面に登場する武器(正確に言えばオブジェクト)で、転がしてそれを噛ませて撃つことにより大爆発を起こして一撃で倒すことができるのです。新たなグラフィックでまたあれを体験したいのですが、はたして。

次のページ:からくり警察署と忘れてはならない隠しモード
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 続きを読む

《すしし》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1