格ゲーはキャラクターを動かしているだけでも楽しい!『GBVS』『UNI[cl-r]』『スト5』等、週末ガッツリ練習したいPS4のオススメタイトル7選

定番からラノベがテーマの変わり種まで、様々なタイプの格闘ゲームを一挙に紹介します!

ソニー PS4
格ゲーはキャラクターを動かしているだけでも楽しい!『GBVS』『UNI[cl-r]』『スト5』等、週末ガッツリ練習したいPS4のオススメタイトル7選
格ゲーはキャラクターを動かしているだけでも楽しい!『GBVS』『UNI[cl-r]』『スト5』等、週末ガッツリ練習したいPS4のオススメタイトル7選 全 21 枚 拡大写真
長く続く新型コロナウイルスの影響により、週末も気軽に外に出掛けることが出来ず、家で過ごすことも多くなっているのではないでしょうか。そこで今回は、筆者オススメのPS4で遊べる対戦格闘ゲームをいくつかピックアップしてご紹介します!

対戦格闘ゲームと言っても様々な種類が存在しており、そしてそのどれもが奥深いゲームシステムとやり込み甲斐のあるキャラクターたちが揃った作品ばかりなのです。普段ならプレイする時間がなくとも、自宅にいる時間が多い現在なら話は別。このなかのひとつだけでもぜひ、この機会にガッツリやり込んでみてください!

根強いファンが多く、丁寧なチュートリアルと充実した練習環境が魅力の『GUILTY GEAR Xrd REV 2』


1本目に紹介するのは最新作『GUILTY GEAR -STRIVE』の情報が続々と出てきている『GUILTY GEAR』シリーズより、『GUILTY GEAR Xrd REV 2(GG Xrd REV2)』です。リリースは2017年5月なのでもう3年が経過しようとしていますが、まだまだ根強いファンが多く、数多の強豪プレイヤーたちが熱い戦いを日夜繰り広げています。


初心者への配慮もかなり親切になされており、チュートリアルではアクションゲーム感覚で基本的な操作を学ぶことができたり、各キャラクターのコンボや実際の対戦で使えるテクニックを学べたります。

強豪プレイヤーたちが多いのは間違いないですし、チュートリアルでシステムや基本を学んだからと言ってすぐ初心者が勝てるようになる訳ではありません。しかし、キャラクターたちを自由自在に動かせた時の感動はひとしお。


グラフィックに関してはまるでアニメを自分で動かしているような体験を得られますので、はじめて触った際はその点だけでも感動するのではないでしょうか。

ゲーム性は自分と相手プレイヤーが互いに積極的に攻めあい、攻守が激しく入れかわる形。ド派手な必殺技を用いたコンボを決めるのも醍醐味のひとつとなっていますので、そういった練習が大好きな方もハマること間違いなしです!


キャラクターたちの固有能力を活かしてとにかく攻めるのが楽しい『BLAZBLUE CENTRALFICTION』


続いては『GUILTY GEAR Xrd REV 2』と同じアークシステムワークス開発の『BLAZBLUE CENTRALFICTION(BBCF)』をご紹介。このシリーズはキャラクターたちがそれぞれ持っている“ドライブ能力”がそのまま各自の強みとなっており、基本的にはどのキャラクターもこのドライブ能力を主軸に戦っていくことが大きな特徴です。


もちろん対戦中に消極的な行動をすると発生する“ネガティブペナルティ”や、“ロマンキャンセル”のように超必殺技用のゲージを用いて発動する“ラピッドキャンセル”など、『GUILTY GEAR』に近いシステムも健在です。

また『BBCF』には、対戦中に積極的な行動を重ねると1ラウンドに1度、攻撃力アップなどのボーナスが得られるシステム“アクティブフロウ”もあり、より激しい攻防を楽しめます。キャラクターたちがシステムや操作を解説してくれるチュートリアルモードなどもあるので、今からプレイしても安心です。


加えて対戦を行わずとも、『BLAZBLUE』シリーズは小説や出演声優さんたちによるラジオなど、様々な方向から展開されている作品でもあります。ゲームをプレイして気に入ったら、その辺りもチェックしてみてはいかがでしょうか。


人気格闘ゲームのキャラクターが集結!それぞれの特徴も端々に感じる『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』


3本目は『BLAZBLUE 』シリーズや『P4U - ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』『UNDER NIGHT IN-BIRTH』といった格闘ゲームタイトルのキャラクターが一堂に会する『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE(BBTAG)』。


これだけでも充分豪華な参戦タイトルですが、この他にも海外人気の高い3DCGアニメ作品の『RWBY』や、『アルカナハート』『アカツキ電光戦記』といった他の格闘ゲームタイトルからも一部キャラクターが参戦しています。加えてあの“爆乳ハイパーバトル”『閃乱カグラ』シリーズからもゲストキャラクターが……!!


「各タイトルそれぞれ人気とはいえ、そもそも別のシステムで動いていたキャラクターたちが同じ作品で戦うなんて大丈夫なの?」と最初は筆者も思っていましたが、その触り心地も上手に『BBTAG』に落とし込まれていたので、各参戦タイトルのファンは一度遊んでみてください。

“スマートコンボ”を使えばボタン連打でコンボができますし、タイトルの通りタッグマッチとなるので、1回のプレイでキャラクターを2人使えるのも考えようによってはお得です。大勢の参戦キャラクターたちから、自分なりの組み合わせを考えて見ると面白いかもしれませんね。


次は筆者オススメの1本から『スト5』、『GBVS』など定番タイトルを紹介します!
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《井の上心臓》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース