『FGO』星4サーヴァントのプレゼント、どれにしようかな・・・と、悩んでいる貴方に「お勧めポイント」を紹介─“あのイベント”に向けて決める手も!?

国内のみならず海外にも展開し、高い人気を博しているiOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』(以下、FGO)。先日配信された「Fate/Grand Order カルデア放送局 ライト版」では、本作のダウンロード数が1500万を突破したとの発表が寄せられました。

その他 特集
『FGO』星4サーヴァントのプレゼント、どれにしようかな・・・と、悩んでいる貴方に「お勧めポイント」を紹介─“あのイベント”に向けて決める手も!?
『FGO』星4サーヴァントのプレゼント、どれにしようかな・・・と、悩んでいる貴方に「お勧めポイント」を紹介─“あのイベント”に向けて決める手も!? 全 24 枚 拡大写真

国内のみならず海外にも展開し、高い人気を博しているiOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』(以下、FGO)。先日配信された「Fate/Grand Order カルデア放送局 ライト版」では、本作のダウンロード数が1500万を突破したとの発表が寄せられました。

そして、この達成を記念するキャンペーンが、11月7日のメンテ明けよりスタート。最大で呼符10枚が貰える連続ログインキャンペーンや、サーヴァントおよび概念礼装の強化における成功・極大成功の発生率が2倍になる催しなどが予定されています。


ですが、その中でも最も注目を集めているのは、54騎の星4サーヴァントの中から好きな1騎を選んで交換できる「1500万DL記念チケット」のプレゼントでしょう。一部のイベント限定サーヴァントなどは対象外ですが、54騎もの面々の中から好きなサーヴァントを自分で選べるこの機会を見逃す手はありません。

しかし、対象が多すぎて、どのサーヴァントにすればいいのか迷っている方も少なくないはず。そこで今回は、筆者の独断で選んだお勧めサーヴァントをピックアップして紹介したいと思います。目的やゲームの進行度によって有用性が変わる場合もありますが、悩んでいる方々の参考にしていただければ幸いです。

◆お勧めを紹介する前に!



『FGO』は、歯応えのあるバトルが様々な形で待ち受けていますが、その一方で「このサーヴァントがいないと絶対クリアできない!」といったバトルもありません。課金不要のフレンドポイント召喚で手に入る星3以下のサーヴァントやイベントのクリアで貰える配布サーヴァントを駆使したり、フレンドの強いサーヴァントを借りることで、メインストーリーやイベントの大半を問題なくクリアできます。


なので、54騎の中から1騎を選ぶ際、「好きなサーヴァントがいたら、迷うことなくそのキャラを選べ!」が大前提です。戦力としては高くても、使っていて気持ちが乗らないサーヴァントより、ちょっと弱くても見ているだけで楽しいサーヴァントの方が、遥かに高い価値があると断言します。プレイのモチベーションにも影響するので、好みにハマるサーヴァントがいたら、迷う必要はありません!

その上でなお、「候補を絞りたい」「どうしても迷ってしまう」のであれば、項目別のお勧めサーヴァントを判断材料のひとつにしてみてください。

◆入手機会が少ない「ストーリー召喚」サーヴァントから選んでみよう!



今回のキャンペーンでは、ストーリー召喚のサーヴァントも選択可能です。ピックアップ対象にならない限り、ピックアップ召喚で呼び出すことが出来ない面々なので、入手機会は自ずと限られています。そんなサーヴァントたちを、任意かつ確実にゲットできるこのチャンスでお迎えする、というのも悪い手ではありません。

そんな、ストーリー召喚がメインのサーヴァントたちは、以下の面々となります。

■セイバー
アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕/ネロ・クラウディウス/ガウェイン/柳生但馬守宗矩

■ランサー
アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕/神槍 李書文

■アーチャー
トリスタン/エミヤ〔オルタ〕

■キャスター
メディア〔リリィ〕/トーマス・エジソン/ミドラーシュのキャスター

■アサシン
加藤段蔵

■アベンジャー
ゴルゴーン

希少性だけで考えるならば、このメンバーの中から選んでみるのも一興です。ちなみに、戦力アップも狙いたい場合は、自分の手持ちで薄いクラスから埋めていくのがオーソドックスですが、上記の中で特にお勧めのサーヴァントも紹介させていただきます。


セイバークラスでは、宝具も撃ちやすく、その度に敵の攻撃力をダウンさせられる「柳生但馬守宗矩」がひとつ抜きん出た強さを持っています。アーツ系パーティが組める方なら、その有用性を充分活かせることでしょう。また、自身に3回のガッツを付与する「ネロ・クラウディウス」は、殿を任せられる強みなどを持っています。

ランサーの「アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕」も、戦力的にかなりお勧め。スターを獲得し、自身に集中させ、クリティカル威力もアップするスキル「最果ての加護 A」がかなり強力で、条件が噛み合うと単体宝具並みのダメージを叩き出すことも。他のスキルもダメージアップに繋がるものばかりなので、ランサーの戦力が乏しいならば充分候補に入ります。


アーチャーならば、味方全体に回避を配れる「トリスタン」も。ちょっとクセがあるもののスキルでNPチャージもでき、敵の強化を解除できるのも嬉しいポイントです。サポートも得意とする、バランスのとれたサーヴァントと言えます。

キャスターの中では、「メディア〔リリィ〕」が高い回復能力を持ちますが、戦力が整っていくと回復よりも攻撃を重視した方が安定する場合が多いので、活躍できるかは環境によって大きく変わります。単体向けの攻撃宝具を持つキャスターがいなければ「ミドラーシュのキャスター」も選択肢に加わりますが、先日のイベントで「酒呑童子(キャスター)」が配布されたばかりなので、必要とする人は少なめかもしれません。

◆「スカサハ=スカディ」を持っている方は、ここから選ぶのもアリ!



クイック寄りのサポートを得意とする「スカサハ=スカディ」が7月に実装され、その影響でクイック系のサーヴァントの多くが再評価されました。ある程度状況を整えれば2ターン連続で宝具を発動させることができ、更に条件が厳しくなるものの3ターン連続も不可能ではありません。


条件次第ではありますが、スカサハ=スカディを絡めた宝具連発を狙うならば、今回の星4サーヴァントの中では「アタランテ(アーチャー)」「パールヴァティー」「ワルキューレ」「ランスロット(バーサーカー)」の4騎がお勧めです。概念礼装や自身のスキル、宝具の性能と組み合わせることで、2発目の宝具発動が比較的容易に狙えます。



ただし、敵の人数やクラス相性などで連発できるか左右する場合もある上に、敵のHPが高い場合は一掃できないことも。宝具LV1だとダメージも自ずと高くはなりにくいので、戦力が揃っていない場合に無理して狙うのは得策とは言い難いかもしれません。


ちなみに、手持ちにスカサハ=スカディがおり、フレンドからも借りてこられる場合は、NP50%チャージの概念礼装と自身のスキルを活かす形で「アストルフォ」も宝具の2連打が可能。3連打も不可能ではありませんが、その条件はかなり厳しいので、既に条件が揃っている方以外はあまり意識しない方がいいでしょう。



どうしても決められない人は、視点を変えてみては?
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース