『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

『バイオハザード RE:2』を遊んでいるとよく遭遇するかもしれない“あるある”をお届けします。

ソニー PS4
『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?
『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!? 全 11 枚 拡大写真

◆ナイフを取り戻そうとしてむしろ損をする



コンバットナイフは緊急回避アイテムになっており、ゾンビに掴まれた時に使うことでダメージを回避することができます。しかも耐久度が残っていれば、また再利用可能。となればゾンビを倒して刺さったナイフを奪い返したくなりますよね。

とはいえ、ナイフを取り戻すために戦っていると後から噛みつかれたりして、銃弾も失い回復アイテムも使うハメになったりして、結果的に赤字になることも……。時には諦めも肝心かもしれません。

◆リッカーに近寄った時にビビって走ってしまう



リッカーというクリーチャーは目が見えないらしく、その代わりに音で獲物を捕まえようとしてきます。つまり音さえ立てなければ、近くを通っても問題なし。慎重にスティックを倒してゆっくり移動すればいいわけです。

しかし、近づくとヤツはキシャーと威嚇をしてくるのです。まだバレていないというのに、それにビビって走り始めてしまう……! というのは一度くらい経験する出来事ではないでしょうか。

次のページ:インパクトありすぎなタイラントのエピソードもたくさん
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 続きを読む

《すしし》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1