『スーパーマリオメーカー 2』に『スーパーマリオ 3Dワールド』の新スキン追加! 最大4人での対戦・協力プレイが楽しめる【Directまとめ】

5月16日朝7時に行われた「スーパーマリオメーカー 2 Direct 2019.5.16」にて、ニンテンドースイッチソフト『スーパーマリオメーカー 2』の最新情報が公開されました。

任天堂 Nintendo Switch
『スーパーマリオメーカー 2』に『スーパーマリオ 3Dワールド』の新スキン追加! 最大4人での対戦・協力プレイが楽しめる【Directまとめ】
『スーパーマリオメーカー 2』に『スーパーマリオ 3Dワールド』の新スキン追加! 最大4人での対戦・協力プレイが楽しめる【Directまとめ】 全 58 枚 拡大写真

5月16日朝7時に行われた「スーパーマリオメーカー 2 Direct 2019.5.16」にて、ニンテンドースイッチソフト『スーパーマリオメーカー 2』の最新情報が公開されました。

『スーパーマリオ』のコースを自由に作ってプレイできるのはもちろん、世界中のユーザーが製作したコースを楽しむこともできる『スーパーマリオメーカー』シリーズ。その最新作にして、ニンテンドースイッチへの初登場を飾る『スーパーマリオメーカー 2』が、2019年6月28日に発売されます。

この発売日に先駆ける形で、5月16日に実施した「スーパーマリオメーカー 2 Direct 2019.5.16」では、本作の新要素や特徴的なポイントなどがたっぷりと綴られました。その発表内容を、こちらでまとめて紹介させていただきます。

◆新パーツ


■坂


方向と長さを自由に決められる「坂」が設置可能に。ゆるやかな傾斜の坂も選べます。

■太陽

どこまでもついてきて、マリオに襲いかかります。

■スネークブロック

くねくねと動く「スネークブロック」。線を引くように設置。青色のスネークブロックは、移動速度が早め。

■ON/OFFスイッチ

スイッチを叩くたびに、赤と青に切り替わるスイッチ。同色のブロックが、連動して出現/消失。この他にも、レールを切り替えたり、ベルトコンベアの反転などにも対応。

■シーソー

マリオの重さで左右に傾く「シーソー」。傾きを利用して移動することも可能。

■ブランコクレーン

ぶら下がり、振り子の原理で飛ぶ「ブランコクレーン」。

■水面

「水面」の高さが自由に設定可能。水没しているコースや、水面がせり上がってくるコースなどが作成可能。水面が上がる速度は3段階から選べます。

■カスタムスクロール

スクロールのカスタマイズが可能に。切り替えるポイントを追加し、スクロールする軌道を決め、ポイントごとにスピードを設定。

■縦長コース

サブエリアに限り、「縦長コース」が選べるように。縦方向にスクロールします。

■スクロールストップ

ブロックを端から端まで繋げることで、画面のスクロールを止めることが可能に。

■マグナムキラー


「マグナムキラー」が設置可能に。方向は、上下左右の四方向。また、追尾機能を持った「赤いマグナムキラー」も。

■カロンこうら


溶岩に乗っても平気な「カロンこうら」。死んだふりで無敵になる効果も。

■10コイン

1枚で10枚分の価値がある「10コイン」を追加。30コインや50コインなども。

■オトアソビ増量

仕掛けを通過すると発動する「オトアソビ」が大幅に増量。

■ふたりで作る

Joy-Conをおすそわけして、ふたりで一緒にコースを作ることができます。

■ゴール条件

「50枚以上コインを取れ」「カロンを全部倒せ」など、ゴールの条件が設定可能に。

■たつまき

敵も味方もアイテムも巻き込む「たつまき」。

■ツララ

下を通過すると降ってくる「ツララ」。

■ななめベルトコンベア

ベルトコンベアを、坂のように斜めに設置可能。

■あかヨッシー

赤い炎を吐きます。

■パラシュート

敵やアイテムにつけると、ふわふわと落ちてきます。

■ブンブン

「ブンブン」参戦。手足を振り回してマリオを追いかけます。

◆ストーリーモード



城の建て直しを目指し、マリオが様々なコースに挑む「ストーリーモード」。キノピオたちから依頼を受けてコースをプレイし、ゴールして手に入れるコインを使って城の建築を行います。


このモードに用意されているコースは100を超えており、遊びながらコース作りのコツが身に付きます。

◆新スキン





「さばく」「雪原」「森」「空」など。追加される曲は、初代『スーパーマリオ』作曲者の書き下ろし。シリーズごとに当時の音色を再現しています。

◆月




「太陽」を「月」に変えると、フィールドが夜に変化。太陽に当たるとミスになりますが、月の場合は、“画面上の敵を一掃”という効果に。




そして夜は、シーンごとに様々な変化が訪れます。地上ではクリボーが浮き、地下では上下が逆さまに。おばけやしきでは自分の周囲以外が真っ暗になるなど、昼とはひと味違うステージが楽しめます。


また、夜になると変化するアイテムも存在。なお、月を配置せずにフィールドを夜にすることもできます。

◆新たなゲームスキン「スーパーマリオ 3Dワールド」




「スーパーマリオ 3Dワールド」のゲームスキンが新登場。パーツ構成が異なるため、既存のゲームスキンからの切り替えはできませんが、壁を登れる「ネコマリオ」や、中が丸見えの「とうめい土管」など、このスキンならではの仕掛けが盛り沢山です。



水面や溶岩に浮かぶ「木箱」を利用して任意で足場を作ったり、触れると痛い「トゲブロック」、行き先が気になる「ワープボックス」、叩くと伸びる「ビックリブロック」など、多彩なパーツが用意されているので、これまでになかったコース作りが可能となります。

◆オンライン要素



オンラインサービスに加入し、スイッチをインターネットに接続することで、「世界のコース」が楽しめます。このモードでは、世界中のユーザーが投稿したコースを遊んだり、条件を絞ってコースを検索することも可能。


遊んだコースには「コメント」を残すことができます。


コースをダウンロードしておけば、オフラインでいつでもプレイが可能に。


投稿したコースの評価に応じて、作成者(職人)が「職人ポイント」を獲得。


ゲームオーバーになるまでひたすらコースをクリアしていく「どこまでマリオチャレンジ」。プレイするコースは、「世界のコース」からランダムに選ばれます。



「世界のコース」をみんなで遊ぶ「通信であそぶ」を追加。世界中のプレイヤーと一緒に同じコースをプレイすることができます。最大4人で遊ぶ対戦モード「みんなでバトル」や、プレイヤー同士が協力してクリアを目指す「みんなでクリア」などを用意。


ニンテンドースイッチを四台持ち寄って、友達同士でのバトルも可能。この場合、ひとりがインターネットに接続し、コースをダウンロードする必要があります。


◆商品情報



『スーパーマリオメーカー 2』は2019年6月28日発売で、価格はパッケージ版/ダウンロード版ともに5,980円(税抜)。このほかに、本作と「Nintendo Switch Online」個人プラン12ヶ月利用権がセットになった「はじめてのオンラインセット」が、6,980円(税抜)で販売されます。こちらも、パッケージ版とダウンロード版を用意。


また、『スーパーマリオメーカー 2』も対象となるお得なサービス「2本でお得 ニンテンドーカタログチケット」も新たに始まっています。





(C) 2019 Nintendo

《臥待 弦》

この記事の写真

/

関連ニュース

1