「あなたが注目する8月の新作は?」─PS4『アズールレーン クロスウェーブ』、『ASTRAL CHAIN』など話題作が続々と!【アンケート】

8月も、様々な注目作が登場します。敵を倒して胸が大きくなるローグライクRPG『オメガラビリンス ライフ』から、人気アプリのコンシューマ進出となる『アズールレーン クロスウェーブ』まで、いずれも気になる作品ばかり。その中で、あなたが一番気になる作品はどれですか?

その他 特集
「あなたが注目する8月の新作は?」─PS4『アズールレーン クロスウェーブ』、『ASTRAL CHAIN』など話題作が続々と!【アンケート】
「あなたが注目する8月の新作は?」─PS4『アズールレーン クロスウェーブ』、『ASTRAL CHAIN』など話題作が続々と!【アンケート】 全 4 枚 拡大写真

様々な期待作や注目作が毎月登場しており、どの1本を選んで購入するかは毎回悩ましい問題です。基本的には、自身の好みや直感に従うことが多いことと思いますが、時には他の人の意見を参考にしたい場合もあるでしょう。

そこで、毎月発売される新作の中から特に関心を集めているタイトルを独断でピックアップし、「あなたが注目する新作はどれ?」というアンケートを実施しています。今月は、いち早く発売された『オメガラビリンス ライフ』に始まり、スクウェア・エニックスの期待作『鬼ノ哭ク邦』、スマホの人気作品が新たな切り口で登場する『アズールレーン クロスウェーブ』など、遊び応えのある作品が並んでいます。


実際に購入するかどうかではなく、あなたが一番気になるタイトルに票を投じていただければ幸いです。今回の対象は以下の8作品。ご投票、お待ちしております!

◆『オメガラビリンス ライフ』



敵を倒すと胸が大きくなるという、色んな意味で驚きを与えた『オメガラビリンス』シリーズの最新作は、舞台や主要キャラクターを一新。更にひと味違う物語とダンジョン探索を提供する『オメガラビリンス ライフ』が発売を迎えています。

プレイ意欲を刺激する美少女要素のみならず、ローグライク形式のダンジョンも手応え充分。拠点となる学園で嬉し恥ずかしな戦力強化を行いつつ、1歩1歩進む緊張感がたまらない迷宮探索に挑む。このテンポのいいサイクルがクセになると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。育成と探索、そしてセクシー要素もちょっと楽しみたい方は、『オメガラビリンス ライフ』もチェックしてみましょう。ちなみに、セクシー要素と価格を抑えたPS4ソフト『ラビリンス ライフ』も発売中です。

◆『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』



『クラッシュ・バンディクー レーシング』シリーズの1作目と2作目がを収録し、白熱するレースを高画質で楽しめる『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』。ドライバーも個性派揃いな上、カスタマイズも可能。自分好みのセッティングで、コースをブッとぶ爽快感満点の一作です。

ストーリーが楽しめる「おはなしモード」をひとりでじっくり遊ぶもよし、タイムアタックやオンライン/オフライン対戦などで熱い勝負を味わうもよし。多彩なモードとルールが彩るレーシングゲームで、この夏を駆け抜けてみるのも一興でしょう。

◆『TETRIS 99』



「落ち物パズル」の一大ブームを牽引し、自身も世界的なヒットを記録した『テトリス』。時を経てもその面白さに変わりはありませんが、98人の対戦相手と戦うバトルロイヤル形式を盛り込み、これまでにない刺激を加えた『TETRIS 99』が有料サービス「Nintendo Switch Online」のサービスに登場し、大きな話題となりました。

そして、この『TETRIS 99』がオフラインでも楽しめるパッケージ版がリリースされました。このパッケージ版があれば、いつでもどこでも『TETRIS 99』を楽しめます。ちなみにオフラインプレイのみを目的とするならば、有料追加コンテンツの購入もひとつの手。ですが、パッケージ版には「Nintendo Switch Online」12か月利用権が付属されているので、どちらのメリットを取るかで判断しましょう。

◆『鬼ノ哭ク邦』



主人公のカガチは、生者と死者の間に立ち、この世界の理である輪廻転生を促していく「逝ク人守リ」。彼と共に迷える魂を救って生と死に向き合いながら、独特な世界を見つめていくのが、この『鬼ノ哭ク邦』です。

現シ世と幽リ世を行き来して攻略するフィールドでは、“ジョブ”にあたる「鬼ビ人」をリアルタイムで切り替えつつ、様々な技を駆使するバトルを展開。発売に先駆け、体験版が配信されているので、まずはそちらを遊んでみてはいかがでしょうか。戦闘のみならず、厳しい世界を垣間見る物語も味わえます。

◆『DEAD OR SCHOOL』



本作は、わずか三人で作り上げたインディー作品ながらも、STEAM向けにリリースされた際には一日で100万円を超える売り上げを達成。鮮烈なデビューを飾ったやりこみ要素満点のハクスラ系アクションRPGが、このたびニンテンドースイッチとPS4向けに登場します。

地上をゾンビに制圧され、人々は地下での生活を強いられている世界で、「学校」を夢見て地下列車に乗り込んだ主人公・ひさこ。彼女の憧れを支えるのは、3種の武器と3種の改造強化、そして8種のスキルカスタマイズ。自分だけの最強の武器を作りあげ、様々な巨大モンスターとのバトルを満喫したい方は、こちらを候補に加えてみてはいかがでしょうか。(※映像はSTEAM版です)

◆『アズールレーン クロスウェーブ』



リリース以来、高い人気を博しているスマートフォンアプリ『アズールレーン』を原作に、新たな切り口となる「進撃海戦RPG」としてPS4に登場する『アズールレーン クロスウェーブ』。原作のキャラクターを完全新規造形で表現するほか、新キャラクターも2名参戦! ブラッシュアップされたビジュアルと、総数1万4000超えの収録ボイス数で、華やかな魅力を演出します。

直接参加できる「主力艦隊」と、支援を行う「支援艦隊」(いずれも最大3名)で構成して挑むバトルは、「艦種」の特徴を活かした使い分けや、装備品による戦力の強化、キャラクター固有の「スキル」など、様々な要素が勝敗の鍵となります。難易度変更によるデメリットなどはないので、自身の腕前に合わせて挑めるのも嬉しいポイントです。

◆『ASTRAL CHAIN』



プラチナゲームズが放つ完全新作『ASTRAL CHAIN』は、「レギオン」との連携による二者一体のデュアルアクションを駆使し、異形生物に立ち向う新感覚アクションゲーム。主人公とレギオンが同一の敵に攻撃するだけでなく、別々の敵を攻撃したり、攻撃をレギオンに任せてサポートに回るなど、状況に応じて様々なスタイルでバトルに挑むことができます。

『NieR:Automata』ゲームデザイナーの田浦貴久氏がディレクターを担当し、「ZETMAN」や「電影少女」といった代表作を持つ桂正和氏をキャラクターデザインに起用。そして、『ベヨネッタ』などで知られている神谷英樹氏が監修するなど、実績豊かなクリエイター陣が結集している点も見逃せません。

◆『囚われのパルマ』



スマートフォンの画面をガラス越しの面会に見立てた体感恋愛アドベンチャー『囚われのパルマ』。彼の記憶を取り戻すための面会を通じて、プレイヤーである主人公との関係が発展していく物語は、多くのユーザーを虜としました。

そんな刺激的な一作が、ニンテンドースイッチへと進出。TVモードなら、かつてない大画面で彼との面会を楽しむことができますし、スマホでのプレイ感に近い携帯モードもお勧めです。コントローラーでの操作時には便利なショートカット機能が使えるので、彼との面会が更に捗ることでしょう。なお本作の内容は、モバイル向け『囚われのパルマ』と同様で、「VR面会」の内容は含まれていません。また、パッケージ版には「デラックス エディション」「コレクターズ エディション」「コンプリート エディション」があるので、購入する際はどれにするかあらかじめ決めておきましょう。



【関連記事】
ゲームはどうして面白いの? それは現実で味わえないの?─感覚的な“当たり前”を改めて振り返ってみた【コラム】
『オメガラビリンス ライフ』「美少女を育成してたら、胸を揉んでいた」─お色気要素とゲーム性の二人三脚が、刺激の歯車をグルグル回す【プレイレポ】
オークに変装して敵の目を欺いたら、囚人に襲われて返り討ちに! スイッチ版『火吹山の魔法使い』で味わった判断と結末の連続─人はそれを“冒険”と呼ぶ【プレイレポ】
『ラングリッサーI&II』指揮官と傭兵の関係がアツいSRPGが復活! 今遊んでも楽しい魅力とファン必見のポイントを堪能【プレイレポ】
任天堂の“空間へのアプローチ”を振り返りながら『Nintendo Labo VR Kit』をプレイしてみた─これは「手が届くVR体験」
『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』10回死ぬまで帰りません! 限られた命でどこまで進めるのか?
『十三機兵防衛圏 プロローグ』で気になったポイント6選! ヴァニラウェア恒例の要素からゲームシステムまでネタバレなしでチェック
『Dragon Marked For Death』は“マルチ前提”のバランスなのか? ぼっちでエンディングを目指してみた─最新アップデートもチェック
『ノーモア★ヒーローズ』の魅力を継承した『トラヴィス ストライクス アゲイン』は、突き抜けたノリとヘビーな展開が融合したハイセンスな爽快ACT!
『√Letter ルートレター Last Answer』個性派ADVの実写化は“圧”がスゴい! 過去を暴く主人公・マックスとの距離感が最重要
様々な伏線が“想像と不安”を刺激する『CRYSTAR -クライスタ-』─アクションを通じて、主人公の罪をプレイヤーが共有

《臥待 弦》

【読者アンケート】

あなたが注目する8月の新作は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1