『デススト』ファンメイドデメイク映像が公開、MSXを意識したローファイさがたまらない…

MSXを意識したという『DEATH STRANDING』のファンメイドデメイク映像が公開!

その他 全般
『デススト』ファンメイドデメイク映像が公開、MSXを意識したローファイさがたまらない…
『デススト』ファンメイドデメイク映像が公開、MSXを意識したローファイさがたまらない… 全 1 枚 拡大写真

ビジュアルアーティストのFabricio Lima氏は、自身のSNSにてコジマプロダクション最新作『DEATH STRANDING』のファンメイドデメイク映像を公開しました。

今回公開されたのは、同作のシーンをローファイなグラフィックで再現したファンメイド映像。サウンドは8bitスタイルのチップチューンで製作されており、同氏によれば小島秀夫監督が初期に携わったMSXに「少し寄せた」作りになっているということです。


ちなみに当該の映像は約2週間、音楽は1度の週末を費やして別プロジェクトの合間に完成させたものの、同氏はこれまで楽曲製作をしたことがなく、今回が初めての経験だったとのこと。なお、同氏は今回登場しなかったハートマンやデッドマンのリグ製作にも取り掛かっていることを報告し、既に製作が完了したヒッグスの映像も”チラ見せ”しています。

《吉河卓人》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース