『FGO』アップデート後に、非対応端末の「iPhone 6」でログインしてみた─起動できた? ロード時間はどうなった?

2月25日に『FGO』対応端末が更新され、翌26日にアップデートが行われました。非対応になったばかりの「iPhone 6」で、『FGO』は遊べるのか!?

その他 特集
『FGO』アップデート後に、非対応端末の「iPhone 6」でログインしてみた─起動できた? ロード時間はどうなった?
『FGO』アップデート後に、非対応端末の「iPhone 6」でログインしてみた─起動できた? ロード時間はどうなった? 全 7 枚 拡大写真

サービス開始から4年が経過し、今もなお高い人気を誇っている『Fate/Grand Order』(以下、FGO)。メインストーリーの新たな展開に加え、刺激的な期間限定イベント、魅力的な新サーヴァントなどが随時訪れており、多くのユーザーを魅了して離しません。

また『FGO』の発展はシステム部分にも及んでおり、プレイ環境の改善や演出の強化、新機能の実装などが適時行われています。長く提供されている作品なので、時代に合わせて対応端末も更新。2020年2月25日にも改めて更新を行い、iOSでは「iPhone 6s 以降、iPad mini(第5世代)、iPod touch 第7世代」が、Androidでは「必要RAM : 2.0GB以上搭載のスマートフォンおよびタブレット端末」が現時点の対応機種となっています。

そして本日2月26日に、「1900万DL突破キャンペーン」に合わせたアップデートが実施されました。2月25日の対応端末更新後、初の大きなアップデートとなります。端末更新を受け、非対応となった端末に変化はあったのか。そもそも起動ができるのか。気になる疑問の一端に迫るべく、今回の更新で非対応端末となった「iPhone 6」で、アップデート後の『FGO』にログインしてみました。

なお、同一端末であっても、利用状態や使用頻度、回線などでプレイ環境が変わる可能性が大きいため、同じ「iPhone 6」であっても同等の結果となる保障はありません。あくまで、今回使用した端末による一例としてご覧いただければ幸いです。

◆非対応端末の「iPhone 6」で、『FGO』は遊べるのか!?



まず、『FGO』のメンテナンス中にApp Storeへアクセスしてみると、いつものように「アップデート」の文字を確認。事前のアップデートも、そのまま問題なく行えました。


そしてメンテナンスが終了した18時に『FGO』を起動してみると、これまでと変わった様子は特になく、無事にログイン完了。最新バージョンの証である「Ver.2.9.0」も確認することができます。


ログイン後も、メニュー回りについて違和感などはなく、これまでと同じ感覚で各コンテンツをチェックできます。もたつくような手応えは、少なくともメニュー関連では感じませんでした。

今回のアップデートでは、「1900万DL突破キャンペーン」の実装や不具合の修正に加え、ゲームの改修も行われています。その中でも、一部の状態効果をバトルキャラクター周辺に表示する演出の追加が、非対応端末に影響を与える可能性がありそうです。

そこで、ゲームの起動やバトル開始といった4つの項目において、操作可能になるまでのロード時間をチェックしてみました。クエストやサポートサーヴァントはすべて同一とし、出来るだけ同じ条件下で10回施行。その平均秒数を、2月25日のアップデート前/後で比較してみます。


まずは、アップデート前(2月25日 午前)に計測したロード時間がこちらです。

■ゲームアイコンのタップから、「画面をタッチしてください」の表示が出るまで
・約20秒

■タイトル画面から、メニュー画面に移るまで
・約12秒

■「水曜 種火集め<弓・術編> 超級」を開始し、操作可能になるまで
・約26秒

■連続してクエストを行うかの選択で「閉じる」を選び、メニュー画面に移るまで
・約22秒

毎回同じ秒数ではなかったものの、大きな差は出ず、以上の数字が平均の秒数となりました。続いて、アップデート後の秒数がこちらです。

■ゲームアイコンのタップから、「画面をタッチしてください」の表示が出るまで
・約21秒

■タイトル画面から、メニュー画面に移るまで
・約12秒

■「水曜 種火集め<弓・術編> 超級」を開始し、操作可能になるまで
・約27秒

■連続してクエストを行うかの選択で「閉じる」を選び、メニュー画面に移るまで
・約22秒

起動から「画面をタッチしてください」の表示まではややバラツキがあり、平均秒数は約1秒伸びましたが、誤差とも思える範囲でした。また、「メニュー画面に移るまで」は、両項目ともほぼ違いが感じられず。

「水曜 種火集め<弓・術編> 超級」で操作可能になるまでの時間も、今回の集計では1~2秒ほど遅い時もありましたが、明確に遅くなったとは感じませんでした。前述の演出強化も、現段階では「iPhone 6」でのプレイに大きな影響は与えていなさそうです。




駆け足での調査となりましたが、現時点においては、非対応端末ながら「iPhone 6」でまだプレイできることが確認できました。とはいえ、今後プレイ環境が低下したり、起動できなくなる事態もあり得ますし、それは明日かもしれません。

状況的に可能であれば、早めに対応端末へ変更することをお勧めします。また、『FGO』が起動できるうちに、「引き継ぎナンバー」の発行を済ませておきましょう!

■【重要】iOS、Androidに関する対応端末の更新について
https://news.fate-go.jp/2019/1227vgtfi/

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース