「読者が注目した2月の新作は?」結果発表─初のアクションRPG『P5S』が人気高し! シリーズの新展開に関心が集まる傾向に

シリーズにとって初のジャンル、シリーズ10周年作品、シリーズがVR作品として復活と、いずれも注目したい展開を遂げた作品が人気となりました。

その他 特集
「読者が注目した2月の新作は?」結果発表─初のアクションRPG『P5S』が人気高し! シリーズの新展開に関心が集まる傾向に
「読者が注目した2月の新作は?」結果発表─初のアクションRPG『P5S』が人気高し! シリーズの新展開に関心が集まる傾向に 全 4 枚 拡大写真

様々な期待作や注目作が毎月登場しており、どの1本を選んで購入するかは毎回悩ましい問題です。基本的には、自身の好みや直感に従うことが多いと思いますが、時には他の人の意見を参考にしたい場合もあるでしょう。

そこでインサイドでは、「あなたが注目する今月の新作はどれ?」というお題のアンケートを毎月実施しています。そろそろ春の足音が聞こえてくるこの時期、どんなタイトルが読者の関心を集めたのか。その結果をじっくりとご覧ください。

◆第3位:『初音ミク Project DIVA MEGA39's』(16.7%)



今回のアンケートで第3位となったのは、『初音ミク Project DIVA MEGA39's』でした。『Project DIVA』10周年を飾る本作は、101曲もの楽曲と300着以上のモジュールが彩る、ボリュームたっぷりのシリーズ集大成です。


楽曲を追加するDLC展開も行われており、発売日と同日に「結んで開いて羅刹と骸」や「ダブルラリアット」など6曲を含めた「追加楽曲パック 1st」を配信。 以降も、6thまで追加楽曲パックの登場が予定されているので、この先もまだまだ新たな刺激が楽しめます。

◆第2位:『スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー』(33.3%)



セガが誇るリズムゲームの先駆けと言えば、『スペースチャンネル5』の存在は外せません。ポップかつハイテンションな世界観でリズムを刻めば、その楽しさは宇宙レベル。そんな名シリーズが、VR専用ソフトとして帰ってきました。


本作は、HTC VIVEやSteamVR、Oculus Questなども予定されていますが、まずはPS VR版がいち早く登場。25世紀の宇宙を舞台に、あなた自身が新人リポーターとなって、先輩リポーター「うらら」と共に事件のリポートに挑む『スペースチャンネル5 VR あらかた★ダンシングショー』。2020年も、うららと一緒にレッツ・ダンス!

◆第1位:『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』(50%)



そして堂々の1位を獲得したのは、前作『ペルソナ5』の正式な続編となる『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』でした。ジュブナイルRPGシリーズとして人気を集めていますが、本作はシリーズ初のアクションRPG。そのため、人気や注目度などは未知数の部分もありましたが、今回もしっかりとユーザーの心を掴んだ模様です。


本作の開発をコーエーテクモゲームスのω-Forceが手がけていることもあり、「ペルソナ無双」とユーザーに呼ばれることもありますが、特にボスや中ボスとの戦いは難易度「ノーマル」であっても充分な手応え。攻撃ボタンを連打しているだけでは決して勝てないので、これから遊ぶ方は気合いを入れて臨んでください!

来月は、『あつまれ どうぶつの森』や『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』、『仁王2』など、こちらも注目作が多数登場。次はどの新作で遊ぶか、今のうちに考えておくのもよさそうです。



【関連記事】
ゲームはどうして面白いの? それは現実で味わえないの?─感覚的な“当たり前”を改めて振り返ってみた【コラム】
『新サクラ大戦』製品版と体験版を比較しながらプレイ! 選択肢の作り込みや初体験のモードに胸が高鳴る─OPアニメもweb公開版と違うだと!?【プレイレポ】
『リングフィット アドベンチャー』を朝一でプレイしてみた! スペース感やゲーマー心をくすぐる要素などをお届け【プレイレポ】
『白き鋼鉄のX』「ダッシュしたら敵にぶつかった・・・」が悲劇にならない! 移動と攻撃の一体化と丁寧なシステムが、初心者から上級者まで盛り上げる【プレイレポ】
『オメガラビリンス ライフ』「美少女を育成してたら、胸を揉んでいた」─お色気要素とゲーム性の二人三脚が、刺激の歯車をグルグル回す【プレイレポ】
オークに変装して敵の目を欺いたら、囚人に襲われて返り討ちに! スイッチ版『火吹山の魔法使い』で味わった判断と結末の連続─人はそれを“冒険”と呼ぶ【プレイレポ】
『ラングリッサーI&II』指揮官と傭兵の関係がアツいSRPGが復活! 今遊んでも楽しい魅力とファン必見のポイントを堪能【プレイレポ】
任天堂の“空間へのアプローチ”を振り返りながら『Nintendo Labo VR Kit』をプレイしてみた─これは「手が届くVR体験」
『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』10回死ぬまで帰りません! 限られた命でどこまで進めるのか?

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース