「今必要としている場所へ」ニンテンドー・オブ・アメリカが地域の緊急医療対応機関へマスクを9,500枚寄付

寄付が行われたノース・ベンドには任天堂のパッケージングと流通を受け持つ会社があります。

任天堂 その他
「今必要としている場所へ」ニンテンドー・オブ・アメリカが地域の緊急医療対応機関へマスクを9,500枚寄付
「今必要としている場所へ」ニンテンドー・オブ・アメリカが地域の緊急医療対応機関へマスクを9,500枚寄付 全 3 枚 拡大写真

ワシントン州にある都市ノース・ベンドは、同地域に会社を持つ「ニンテンドー・オブ・アメリカ」が地域に9,500枚を超えるマスクを寄付したことを発表しました。

これはノース・ベンドの公式サイトが投稿したニュースで明らかになったもの。寄付されたマスクは「N95微粒子マスク」と呼ばれるもので、地域の消防や緊急医療サービスなどを受け持つ「Eastside Fire & Rescue」へと、9,500枚を超える数が寄付されたと伝えられています。マスクはノース・ベンドで必要な地域を中心に配布されます。

同社のジェリー・ダンソン氏によると、このマスクは緊急時用に準備され保管されていた物で、現在の新型コロナウイルス感染拡大を受けて「今必要な他の場所に提供する」ことを目的に寄付したとのことです。ニュースではパンデミックに対し「この危機は前例のないもの」だとして、今回の寄付に対しての謝辞を述べています。

《Mr.Katoh》

この記事の写真

/

関連ニュース