『FF7 リメイク』の美女は、ティファやエアリスだけじゃない! キリエの初登場から美人モブまでご紹介─神羅レディ、スラム美少女も要注目【特集】

誰もが目を奪われる美人から、ビルのショップ店員まで、たっぷりご紹介!

その他 特集
『FF7 リメイク』の美女は、ティファやエアリスだけじゃない! キリエの初登場から美人モブまでご紹介─神羅レディ、スラム美少女も要注目【特集】
『FF7 リメイク』の美女は、ティファやエアリスだけじゃない! キリエの初登場から美人モブまでご紹介─神羅レディ、スラム美少女も要注目【特集】 全 84 枚 拡大写真
!注意!
本記事には『FINAL FANTASY VII REMAKE』のネタバレが含まれています。



PS時代の名作RPG『ファイナルファンタジーVII』をフルリメイクし、懐かしい冒険をかつてない臨場感で描いたPS4ソフト『FINAL FANTASY VII REMAKE』(以下、FF7 リメイク)が先月発売され、大きな反響をもって迎えられました。

進化したグラフィックはリアリティさを大きく増しながら、人物などはデフォルメ要素を程良く取り入れ、実在感と親しみやすさを両立した絶妙なビジュアルを実現。懐かしい一方で新たな魅力も描かれた「ティファ」や「エアリス」に心を奪われた方も多いことでしょう。


ですが、『FF7 リメイク』で美しく描かれているのは、パーティに加わるこの2名だけではありません。ウォール・マーケットを含めた様々なスラムや神羅ビルなどで、多種多彩な美女たちを見ることができます。名前のあるキャラだけでなく、名無しのモブにも侮れない美貌の持ち主が。今回はそんな、様々な美女達に迫ってみたいと思います。

アバランチメンバーの「ジェシー」も、『FF7 リメイク』の進化に伴って恩恵を受けたひとりですが、彼女については別の特集で紹介させていただきました。ジェシーの魅力を再確認したい方は、そちらをご覧ください。

なお、一部ネタバレも含まれているので、その点についてはご注意ください。

【関連記事】
『FF7 リメイク』で開花した「ジェシー」の新たな魅力を見よ! “なんつって”な笑顔と責任感のギャップもたまりません【特集】

◆スラムは美人の宝庫!? キリエの意外な初登場シーンもご紹介



まずは、作中でもかなりの時間を過ごす「スラム」にいる美女たちからご紹介。ティファやエアリス、ジェシーといった主要キャラに負けぬ美貌の持ち主と言えば、「キリエ」の存在が外せません。


伍番街スラムに住む彼女は、犯罪まがいの行為も躊躇わずに行い、時には神羅カンパニーから睨まれることも。またアバランチについても、あやふやな情報を真実のように語る場面がありました。しかし、言動や振る舞いはどこか憎めず、つい許してしまう愛らしさを持ち合わせています。


演説も見せる14章がキリエの主な出番ですが、彼女の初登場はもっと早く、実は2章の時点で遭遇しています。スラムに戻るため飛び乗った列車に同乗しており、どうやらここでも悪事に手を染めている様子。喋っていますが、名前は表示されないため、見落とした方もいるのでは。


ちなみにキリエは、3章にも登場。列車が到着した直後にホームへ降りていたり、スラムの住人と会話を交わしていたりと、神出鬼没ぶりを遺憾なく発揮しています。


そしてスラムでは、キリエ以外にも様々な美女が暮らしています。タンクトップでボブカットな女性は、スラムならではの飾らない感じでgood! 前髪パッツンのアジア系美女は、いつでもお洒落心を忘れない意志を感じさせます。


もちろん、西洋風美人もいます。はっきりした顔立ちながら服装はカジュアルにまとまっており、親しみやすくてポイント高め。


大型ビジョンの前では、大人の色気を感じさせる美人に遭遇。髪型はしっかり決まっていますが、目元にやや疲れが浮かんでいるように見えます。人間関係か、生活の苦しさか。その疲れた雰囲気も儚さに繋がっており、人目を引きます。


街角を歩けば、スラム美女達の井戸端会議に出会うことも。出会うというかアパート前なので、必然的に遭遇する位置ですが。装いの方向性がそれぞれ違うのは、豊かでないスラム暮らしながらも、精一杯のお洒落を楽しんでいる証でしょうか。


そしてスラムといえば、「カイティ」さんも要注目です。モンスターの討伐数に応じてアイテムをくれる、嬉しいお姉さんです。スラムに生きる女性は皆、生命力の高さを感じさせます。


この段階で「MPアップ」マテリアをくれる配慮も嬉しい限り。LV上げに結構時間かかるので、序盤から育てられるのは助かります。



名前アリのキャラなら、ホームで子供達の面倒を見る「フォリア」も押さえておきたいところ。アグレッシブな髪型に、イエローフレームの眼鏡、そして花柄のシャツを組み合わせ、「先生」という装いと彼女らしい個性を見事に両立しています。

■美人に歳は関係ない!


スラムに住む美女は、若い面々ばかりではありません。住まいを世話してもらった「マーレ」は、シンプルな装いをさらりと着こなし、ポイントを押さえたアクセも身に付けるお洒落なご婦人。個性的な髪型も、どこかしっくりとくる納得感を覚えます。


肝っ玉の強さでいえば、「ミレイユ」も相当なものでしょう。活動的な服装は、彼女の気質にもよく合っています。クラウドとの繋がりについて「ゆきずりの関係だね」と答えるのも、粋な一面を感じさせます。


気丈な母親として、長年地に足を付けて生きてきた「エルミナ」も、スラム美人に加えたいところ。エアリスを立派に育て上げた母として、悲しみと幸せを重ねながら歩んだ人生は、彼女の人柄を映し出す鏡のようです。


エルミナと一緒なら、マリンのことも安心。お留守番、頑張って!




  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース