『Apex Legends』初心者は悩んだらコレを持て!シーズン5スプリット2のオススメ武器5選

今回は初心者にオススメの武器を5つご紹介します。「この武器が強い」というよりも、「この武器は使いやすいよね」という視点でピックアップしました!

ソニー PS4
『Apex Legends』初心者は悩んだらコレを持て!シーズン5スプリット2のオススメ武器5選
『Apex Legends』初心者は悩んだらコレを持て!シーズン5スプリット2のオススメ武器5選 全 5 枚 拡大写真
Apex Legends』のシーズン5がスプリット2になってしばらく経ちますが、みなさんは楽しんでいますでしょうか。筆者はというと、Apex自体は楽しんでいるのですがワールズエッジが苦手なので、この間までランクにいたはずのキングスキャニオンが恋しいです。

さて今回は、初心者にオススメの武器を5つご紹介します。基本的に「この武器が強い!」というよりも、「この武器は使いやすいよね」という視点での紹介になります。他の武器との違いは筆者の体験談によるものですが、ぜひご覧ください。

「R-301」



超王道なので、オススメとして大体あげられる武器ですね。筆者が考えるこの武器の良さは、難しい設定をいじらなくてもめっちゃエイムを合わせやすいことだと思います。そういう点でも初心者のお供といえますね。リコイルコントロールはしやすいですし、発射レートも良好。初心者が安心して持てる要素はしっかり持ち合わせている武器です。

比べる対象として「R-99」の名前がよく出ます。筆者の知り合いはR-99をR-301が見つかるまでの保険みたいな扱いをしてますし、中にはR-99が使いやすいからR-301は基本使わないという人もいます。筆者ももう最初にお世話になったキリで、「PS4でR-301を使ってキルを取ったのは何か月前だろう?」というくらい今は使っていません。

それでもあえてオススメするのは、始めたばかりのPC版でお世話になった思い出があるからです。弾が当たるとモチベーションに繋がりますし、立ち回りの練習に気を回せますからね。また、バレルスタビライザーのアタッチメントをつけると、リコイル制御がさらにやりやすくなります。見つけたら必ず装備しておきたいですね。

「マスティフ」



金武器から降格させられたマスティフですが、なぜ初心者にオススメなのかというと「雑でも強いから」です。「ピースキーパー」も「EVA-8」も、結局は当たりが悪ければカスダメというリスクを持っていましたが、マスティフは雑に打っても最低ラインのダメージを出してくれます。初心者の人は、片方の武器はマスティフにしてもいいぐらいオススメです。

同じショットガンとしてはEVA-8とどっちがいいのかとなりますが、とりあえずどちらも使ってみるのがよいでしょう。マスティフの特徴としては、覗いた時の集弾性が高いこと。そのため、ドアやジブラルタルのドーム越しの戦いなど、ぱっと顔を出す対面に強いです。

一方、EVA-8は連射性能が高いので1発外した時のリスクが抑えられ、遮蔽物がない所での弾除けをしながらの撃ち合いに向いています。どちらも近距離戦では抜群の威力を誇るので、自分と相性が良い方を選ぶのがいいと思います。

「チャージライフル」



高い建物が多いワールズエッジでは、スナイパーを持たなければいけないシーンが多くあります。その中でもこのチャージライフルは、撃った瞬間に弾(ビーム)が出るため、本当に当てやすい武器です。

他のFPSをやっている場合であればわかると思いますが、「偏差撃ちをしなくてもいい」というのは、スナイパーが苦手だったり初心者からするととてもありがたいことです。ビームなので、距離によって弾が落ちたりすることもないですからね。スナイパーのなかでも非常にお世話になる場面が多いです。

ただし注意が必要なのは、このチャージライフルとてもうるさいことです。花火でも撃ってるのかってくらいの轟音が、周辺一帯に響き渡ります。ワールズエッジならあまり気にならないかもしれませんが、マップが狭いキングスキャニオンで撃つと、敵に詰められやすいという場面も多いかもしれません。

「フラットライン」



「サブマシンガンのプラウラーどっちがいいか」と聞かれることになるかもしれませんが、筆者はフラットラインをオススメします。というのも、5点バーストからフルオートに切り替えられるアタッチメント「セレクトファイアレシーバー」があれば、「プラウラー」がよいと思います。

ただし、このアタッチメントにこだわっているうち、敵と出遭って5点バーストのプラウラーで戦うことになってしまうのは、初心者には厳しすぎます。そのため、フラットラインの方が安定して交戦に挑めるかと思います。

筆者はとっさに腰撃ちをすると決めて、この銃を意識して持った経験がありますが、普通に良い銃だなと思いました。同じアサルトライフルであるR-301と使用感は似ていますが、単発のダメージはフラットラインの方が高いので、とりあえずバラまいた時に撃ち勝てる可能性もあがります。中距離でのリコイル制御に癖があるので、R-301と好みの方を選んで戦いに行きましょう。

「ヘムロック」



最近の流行りでもありますヘムロック。筆者は流行ったから使ってみたクチですが、この銃は思っていた以上に使いやすくて驚きました。3点バーストと単発を切り替えられる銃で、中~近距離の打ち合いならバーストで腰撃ちをすると高確率で弾が当たります。当然、敵を真ん中に捉える必要がありますが。本当にまっすぐ飛びます。

遠距離の場合は単発に切り替え戦いましょう。G7よりも威力は劣りますが、発射レートはヘムロックの方が圧倒的に高いので、とにかく撃ちまくれるのも魅力です。

この銃は、一見すると初心者は敬遠されてしまう武器です。筆者も「3点バースト銃なら、5点バーストからフルオートもできるプラウラー持つ」という気持ちでした。しかし、上記のような取り回しの良さがある武器なので、落ちてたら使ってみていいと思います。単発高火力のウィングマンが当たらない場合、ヘムロックに持ち変えるのも選択肢にしてみてください。


「当てられない強武器より、当てられる良い武器」というコンセプトで、武器を紹介しました。ここで取り上げた武器は扱いやすいものが多いのですが、上達のためには自分が一番好きな武器を練習するのがオススメです。苦手な武器でも、練習すれば当たるようになりますからね。モチベーションが上がるなら、ハンマーポイントを付けたモザンビークでキルを取ってはしゃぐ方のも一興です。

また、今回のラインナップを見て、少し前なら問答無用でハボック一点推しだったんだろうなと思いました。ハボックの弱体化がきっかけで使ってみた武器も結構あるので、オススメ武器を触ってみて、どれも合わなかったらここにないモノから合うものを探すのもいいと思います。それもバトロワゲーの楽しさですから。

《さくらだんご》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース